** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

スイデンテラス*山形県鶴岡市鶴岡北京田温泉

 

最初にこのお宿を目にしたのは、この本だったかな?

『Casa BRUTUS』温泉♨150

2018年12月発売号。

f:id:seasonsgreetings:20200126185852j:plain

 

一目みて、「お? 山形県!?」と気になり、

次のGWの立ち寄り先に早速予追加(笑)

 

2019年5月に行ってまりいました♨

f:id:seasonsgreetings:20200126190137j:plain

 

"デザイナーズ旅館"

既に言い古された言葉だけど、これを見たときも、

その延長???と思ってしまったのは正直な話。

 

でも、お高くない。

泊食分離。

そして、温泉もイイ!

 

なかなか新しい視点のお宿でした◎

 

山形の5月はじめは、ようやく春の兆しが見えてきたころ。

f:id:seasonsgreetings:20200126190256j:plain

 

春の花は一斉に咲き誇り。

f:id:seasonsgreetings:20200126190334j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126190344j:plain

 

暗くなる前にたどり着いたお宿は、

まだ明るい陽射しに影を落とす、ただの建築物(タテモノ)。

f:id:seasonsgreetings:20200126190415j:plain

 

少し風があったからでしょうか、

水面もさざめき、水鏡はどこへやら…?

 

f:id:seasonsgreetings:20200126190608j:plain

 

これがエントランス。

ホテル、というよりは、何かの施設?と思うような造りの廊下が、方々に伸び。

f:id:seasonsgreetings:20200126190945j:plain

 

 2部屋押さえたひとつは、メゾネット。

f:id:seasonsgreetings:20200126191129j:plain

 

上に2つ、下に2つベッドあり。

f:id:seasonsgreetings:20200126191139j:plain

 

部屋風呂はあるけれど、温泉じゃないから多分使わない(笑)

f:id:seasonsgreetings:20200126191148j:plain

 

水回りもお洒落、アメニティーもシンプルにお洒落。

f:id:seasonsgreetings:20200126191157j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191206j:plain

 

もうひとつの部屋は2人部屋。

窓の外の田植え前の水鏡が美しい!

f:id:seasonsgreetings:20200126191220j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191230j:plain

 

フロントで渡していただいたフォトマップ。

f:id:seasonsgreetings:20200126191239j:plain

…こう考えると、雲一つない晴天!より、多少雲があったほうが

フォトジェニックに見えるのねん。。と実感。

 

折角なので、マップに倣ってみなでお散歩。

f:id:seasonsgreetings:20200126191254j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191306j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191319j:plain

 

少し肌寒くなってきたところで、温泉♨

f:id:seasonsgreetings:20200126191348j:plain

 

泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉

源泉温度62度、おまけに源泉かけ流し!

f:id:seasonsgreetings:20200126192819j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200126191358j:plain

 

撮禁のため浴室内は様子は控えますが、パウダーコーナーもあったりで、

お洒落な様子でしたよ✨

 

そして、温泉マニアの心をくすぐるのは、

浴槽タイルがステキなことと、

湯口近くが良泉の香り! アブラ臭、ほのかに香っております…♨

f:id:seasonsgreetings:20200126194559j:plain

 

↑女湯です。この絵では湯口は見えません、奥の方に…

HPから拝借しましたm(__)m)

↓こちらは男性用。眺望いいんですね。

f:id:seasonsgreetings:20200126194612j:plain

 

さ、ひと風呂浴びたら、夕涼みのお散歩。

徐々に日も傾き、トワイライトタイムの始まり~。。
 

f:id:seasonsgreetings:20200126191440j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191457j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191522j:plain

 

刻一刻と景色を変えていく水鏡の風景。

陽が沈むのを外で見てましたが、

気づけば、部屋からも素敵なトワイライトタイムが拝めましたね。。

f:id:seasonsgreetings:20200126191551j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191604j:plain

 

この左端が食堂。

f:id:seasonsgreetings:20200126191620j:plain

 

本当は、そこでお夕飯をいただくプランがあったのですが、

割と洋食チックだったのと、皆、山形の地酒をたくさん!?飲みたかったのとで、

車で5分ほどの鶴岡駅前まで。

(タクシーをお願いしました)

行先は『鶴岡FOODEVER』、食通のみなさまにはもう御馴染・話題のスポット。

f:id:seasonsgreetings:20200126191643j:plain

 

『鶴岡FOODEVER』内にある『つるおか旬暦 彩鶴』

f:id:seasonsgreetings:20200126191655j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191706j:plain

 

こちらでそれなり(笑)にいただき、

またホテルに戻ってお部屋でゆっくり~

f:id:seasonsgreetings:20200126191723j:plain

 

もうとっぷり暮れて、あたりは真っ暗。

夜になると風も凪ぎ、水面も本当に鏡のよう。

f:id:seasonsgreetings:20200126191733j:plain

 

暗闇に包まれた、静かな、静かな夜でした。 

 

朝食はお宿のレストランで。

f:id:seasonsgreetings:20200126191745j:plain

 

地元食材満載のビュフェスタイル。

どちらかと言うと和テイストなお惣菜たち。

こういうの、いいですね。

f:id:seasonsgreetings:20200126191758j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200126191811j:plain

 

のんびりと朝食をいただいたあとは、

またあたりを散策。

f:id:seasonsgreetings:20200126191836j:plain

 

「いいゆ!手ぬぐい」を広げたり、遠近法を使って写真を撮ってみたり。


お宿まわりの田んぼは、いわゆる稲は植えない田んぼらしいので、

この水鏡は年中楽しめるはずです。

 

お部屋から見たこの眺めは、恐らく田植え前のこの時期だけじゃないかな…

f:id:seasonsgreetings:20200126191230j:plain

 

ほかの季節は、夏の緑の絨毯、秋の黄金色の稲穂を楽しむ、とか。

山形県といえども、宮城や秋田に近い方の山形なので、

鳴子温泉の道中とか、秋田乳頭温泉からの帰りとか、気軽に寄れちゃいそう。

 

今度は、折角なので施設内に

『アル・ケッチアーノ』の奥田シェフが作るレストランが入るとか、

そういう目新しいトピックスができたときに行こうかな!?
 

suiden-terrasse.yamagata-design.com

 

(分析書)

f:id:seasonsgreetings:20200126192819j:plain

 

#スイデンテラス #水鏡のホテル #山形のデザインホテル #山形の温泉 #山形県の温泉