** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

生糀ってスゴイ…!

生ビール、生チョコ、生春巻き、生酒…

いずれも「生(ナマ)」と名の付くものは、

新鮮で、且つ美味しさもとびぬけた印象。

 

糀(こうじ)にも、生があったんだ…と気づかされた、

こちらの御本『糀入門』(2021/8/4新刊)

f:id:seasonsgreetings:20210903213347j:plain

 

「こうじ」って…実はふたとおりの漢字表記あり。

*糀(こうじ)

*麹(こうじ)

ひとつは米へん、ひとつは麦へん。

 

そして面白いことに、

昨今の日本酒造りでは「麹」を使用(麦は使ってないのに…)。

 

味噌・醤油で「麹」ならまだイメージ付きますが、

なんで日本酒で「麹」なのか、今一つ疑問…。米しか使ってないのに…。

 

よって、

単語的には「糀(米の花)」と書くほうに私も一票!

米の花、なんて素敵な表現✨

 

その「糀」が、とんでもない効果があるって話…

それも「生」なら、さらにいっそう効果倍増!(倍どころじゃない!?)って話…

 

「日本は、発酵文化の国」

味噌も、納豆も、醤油も、鰹節(!)も、実は発酵食品。

いにしえの昔から、日本人は発酵食品を取り入れ、共に歩んできたのは周知の事実。

 

発酵と腐敗は紙一重。

カラダに有益なのが「発酵」

逆にカラダに害を及ぼすのが「腐敗」

 

発酵が有益なのは重々承知していたけど、

この御本を手にして、瞬時に読み終わってしまって、

(ページ数にして110ページですが、薄くて読みやすいのであっという間!)

その「生糀」を試してみたくなって、

山崎麹屋さんのamazonサイトをクリック☆

www.yamazakikoujiya.com

 

届きましたよ…。

保存は冷凍庫で。(生きているから)

f:id:seasonsgreetings:20210906005741j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210906005738j:plain

 

今は、「糀水(こうじみず)」を作って日々愛飲しています◎

なんか、このほの甘い飲料感、いただくとカラダがほっとするような感じ…。

 

ただし、一日500mlは冷やしたまま持ち運ぶのにも大変なので、

今は一日200ml~250mlずつかな、いただいています◎

 

一回、500mlのお水に対して生糀100g、

それで500mlが3回取れるってあって、3回取ったあとはもったいないなぁ、

何か使えないかな…?と思っていたところ、

やはり甘酒造りに使えるとのこと…

 

そのほかにも例えば、スープの具とか、カレーに混ぜ込んだりとか、

シリアルや米粒代わりに使えば何でもいけそう◎

 

糀を扱っている杜氏さんの手が、綺麗だっていうのはもう周知の事実。

化粧品の『SK-X』はお高いけど(笑)、

生の糀パワー、試してみるにはこの『生黄糀』はお手頃~♬

化粧品から栄養ドリンクまで、さまざま活用できるみたいです◎


www.youtube.com

 

人間、いいお年になったら、

真剣にカラダにいいもの、選んで取り込まなきゃ!って思う訳で(笑)

 

人生100年時代とは言いますが、美しく健康に年をとらなかったとしたら、

単に長いだけの人生なら苦痛かもしれないですよね、真面目な話…

 

で、これからも、発酵生活、大いに取り入れて参ります!(笑)

日本酒も発酵食品、

単なるカスではない酒粕も有益な発酵食品、

あれもしたい、これもしたい、と欲張りな私の人生のために(^_-)☆

 

↓↓私が手にした御本はこちら↓↓ 糀ライフの手引きとしてお薦めです☆

www.amazon.co.jp

 


↓↓「生糀」はこちらから↓↓

www.yamazakikoujiya.com

 

 


#山崎糀屋 #生糀 #生黄糀 #糀ライフ #発酵ライフ #人生100年時代 #糀と麹