** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

四季の湯座敷 武蔵野 別館*神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下温泉

この1~2年は、箱根に行く機会が多い。

この日も、平日早めに切り上げて、移動時間1時間半でここまで。

宮ノ下温泉『武蔵野 別館』

f:id:seasonsgreetings:20210917030811j:plain

 

武蔵野、別館?

ふと思う。『武蔵野本館』はどこに?

ググったらなんと、『武蔵野本館』はあの『箱根吟遊』だった!


このあとも実は、いろんな繋がりに気づくのですが、

それはまたこの絵日記中で追々…

 

*****

本当は、宮ノ下駅からの送迎をお願いしていたのですが、

少し早めに移動してしまったこともあり、

小田原からバスにて、お宿最寄りバス停の蛇骨橋(じゃこつばし)にて下車。

GoogleMAP上でもそれほど遠くなさそうだし、歩いてみよう…

 

鬱蒼とした緑のなかを進んでいくと、ゲート…?

f:id:seasonsgreetings:20210917030706j:plain

いえ、登山鉄道…!

『武蔵野 別館』の文字あり、右に折れて、登山鉄道をくぐって進む。

f:id:seasonsgreetings:20210917030708j:plain

 

途中、どこに引かれているか分からないけど、源泉も♨

f:id:seasonsgreetings:20210919035007j:plain

大きく右に折れて、

あら。なんとまぁ、結構な上り坂(笑)

(証拠写真でも撮っておけばよかった。。)

 

キャリーバックを引いていたので、それが枷となって、結構足取り重い(笑)

「うーん… やっぱり送迎に乗ってくればよかった…」と思いつつも、

一歩一歩足を進ませていると、坂道の上から、お宿の方が走ってこられて…!

 

「お荷物、お預かりいたします…!」

「…結構な、坂道だったんですね(笑)」

「ハイ、最後だけは(笑) どうぞ、ゆっくりいらしてくださいませ」

そう言い残され、慣れた手つきで荷物を軽々と運んで行ってしまった…

(ありがとうございますm(__)m)

 

…到着。

f:id:seasonsgreetings:20210917030815j:plain

『四季の湯座敷 武蔵野 別館』

f:id:seasonsgreetings:20210917030819j:plain

からころ、と鳴る風鈴の音。

f:id:seasonsgreetings:20210917030811j:plain

それにかぶせて、ガタゴト、と鳴る登山鉄道の音。

すぐ隣を、先ほど高架下をくぐってきた登山鉄道が。

ちょうど、見下ろす感じだけど、この見下ろした分、登ってきたってことね(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210917030817j:plain

 

玄関に入る手前に、なんと源泉。ちょっと熱め。44℃くらい?

f:id:seasonsgreetings:20210917030823j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917030821j:plain

広々とした玄関。

f:id:seasonsgreetings:20210917030834j:plain

ロビーでc/i手続き。

f:id:seasonsgreetings:20210917030836j:plain

「女性の方は色浴衣選べます」

この時はほぼ第一印象で決めてしまったけど、

左の青い大柄の浴衣。(右はもともとあるお宿デフォルトのもの)

f:id:seasonsgreetings:20210917030738j:plain

羽織るとこんな感じ。

f:id:seasonsgreetings:20210917031106j:plain

中居さんが、

「その浴衣、素敵ね、お持ちになったの…?」と聞いてくださるほど、

いいように捉えれば似合っていたということで、

そうでないように捉えれば、あまり選ぶ人が居ない個性的な柄ってことかしら(笑)

 

お部屋。

f:id:seasonsgreetings:20210917030949j:plain

ひとりなのに、いいお部屋に通してくださいました◎

f:id:seasonsgreetings:20210917030714j:plain

奥のこのテーブルでPC広げてお仕事して、

f:id:seasonsgreetings:20210917030710j:plain

寛ぐときはこちらで。

f:id:seasonsgreetings:20210917030712j:plain

眼下には、ちょうど玄関部分が。

f:id:seasonsgreetings:20210917030716j:plain

季節は皐月、緑が本当に眩しい。

f:id:seasonsgreetings:20210917030719j:plain

 

さ、ひと風呂浴びに参りましょうか。

f:id:seasonsgreetings:20210917030740j:plain

素敵な湯上り処『宵月亭』

f:id:seasonsgreetings:20210917030742j:plain

源泉が、敷地内にあるんですね、箱根宮ノ下114号源泉

f:id:seasonsgreetings:20210917030744j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030747j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030749j:plain

水琴窟(すいきんくつ)、微かな響きは心地よく。

f:id:seasonsgreetings:20210917030751j:plain

大浴場は、内湯と露天ひとつずつ。

f:id:seasonsgreetings:20210917030753j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030755j:plain

 

実はお部屋にもお風呂があって。

f:id:seasonsgreetings:20210917030844j:plain

到着してすぐ「源泉」蛇口をひねったのはいいのだけど、

源泉温度60度のため、適温になるには少々お時間が…♨

f:id:seasonsgreetings:20210917030957j:plain

実は洗面台のお湯も「源泉」って… 

温泉好きには嬉しい誤算(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210917030842j:plain

 

湯上りの肌を冷ましながら、

変わりゆく箱根の山の景色を眺める…。

f:id:seasonsgreetings:20210917030847j:plain

ぼーっとしすぎて、あっという間に辺りが薄暗く…

f:id:seasonsgreetings:20210917030849j:plain

 

お夕飯にはまだ時間がある。

貸切風呂探索に、行ってきましょう♨

『夜咄(よばなし)の湯』

f:id:seasonsgreetings:20210919041733j:plain

 

『隠れ湯 薫風』

f:id:seasonsgreetings:20210917030851j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210919041736j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030853j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030855j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20210917030857j:plain

ここも漏れなく…緑の眼下を登山鉄道がゆっくり走って行くのが見えます◎

f:id:seasonsgreetings:20210917030859j:plain

基本的に、貸切湯はどこもこの表示はあり。

「衛生管理のため塩素系薬剤を使用して消毒しています」

f:id:seasonsgreetings:20210917030902j:plain

でも気にならなかったな…♨

 

それにしてもこのお宿、お風呂いくつあるんだろ?(笑)

これでもまだ全部じゃあない。

f:id:seasonsgreetings:20210917030904j:plain

 

そろそろお夕飯タイムなので、お部屋に戻りますか…。

f:id:seasonsgreetings:20210917030906j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030910j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030912j:plain

 

ひとりのときは、別に食堂でも構わないんだけど、

こんなゆったりできるお部屋でゆっくりいただけるなら、それはそれでありがたい。

f:id:seasonsgreetings:20210917030908j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031126j:plain

 

何はともあれ…湯上りビールでしょ🍺

f:id:seasonsgreetings:20210917030917j:plain

は~、今日のこの一杯のために!

f:id:seasonsgreetings:20210917030919j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030921j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030933j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030923j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917030925j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030927j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917030929j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030931j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917030939j:plain

 

目に美しいお料理の数々。

これはやはり…日本酒ですよね…🍶

4合瓶ボトル瓶は…さすがにひとりでは空けられない(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210917030727j:plain

武蔵野限定醸造酒『天空』と言うのを頂戴することに。

f:id:seasonsgreetings:20210917030733j:plain

結局どこの蔵元のだったかわからず…

北上川と書いてあるから、岩手県? でも、ひとめぼれだと宮城かなぁ…

ネットで探すも情報なし…

f:id:seasonsgreetings:20210919042810j:plain

 

宵と酔い。

f:id:seasonsgreetings:20210917030935j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030941j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917030943j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030945j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030947j:plain

 

ゆったりお食事をいただき、

寝る前にまた、大浴場、昼間見るのとまた雰囲気違う…

f:id:seasonsgreetings:20210917030951j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030953j:plain

露天風呂は、頬撫でる風が気持ちいい。

今晩はゆっくり眠れそう。。

 

翌朝。

f:id:seasonsgreetings:20210917030955j:plain

アヒル隊長ゆるり~は、部屋風呂がお気に入りのようで、

ずーっと源泉蛇口の下で、ちゃぷちゃぷ、ゆらゆら…♨

f:id:seasonsgreetings:20210917030959j:plain

youtu.be

 

朝ごはんも、お部屋で。

f:id:seasonsgreetings:20210917031004j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031008j:plainf:id:seasonsgreetings:20210917031006j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031010j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917031012j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031014j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917031016j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031019j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917031021j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031025j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917031027j:plain 

 

c/oは11時。

最後、場所が分かりづらかった『山の湯』へ。

この露天風呂が…最高に良かった…!

f:id:seasonsgreetings:20210917031031j:plain

アプローチは少し遠め、

足元に気を付けながら、森の中を進む。

f:id:seasonsgreetings:20210917031033j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031047j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031035j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031037j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917031039j:plain

途中、右手に登山鉄道通過。

f:id:seasonsgreetings:20210917031041j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031043j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031045j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031047j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917031051j:plain

源泉滔々と。

溢るる湯と、そよぐ風と緑の葉。

f:id:seasonsgreetings:20210917031055j:plain

丸風呂に浸かり、湯に身を委ね、空を仰ぐ。

f:id:seasonsgreetings:20210917031108j:plain

 

…どのくらい時間が経っただろう?

お湯が適温(ぬるめ)だったのと、あまりに風が心地よいのと、

長湯をしたみたい。

f:id:seasonsgreetings:20210917031110j:plain

 

『山の湯』へは、玄関入り口奥の、この奥の扉から。

f:id:seasonsgreetings:20210917031117j:plain

 

最後の最後に、いいお風呂に浸からせていただきました…

ここ、『武蔵野 別館』のお湯は、実は『箱根吟遊』へ引かれています。

そう、ここが源泉。 

f:id:seasonsgreetings:20210917030825j:plain f:id:seasonsgreetings:20210917030744j:plain

 

そして、『武蔵野 別館』の玄関を出、

目の前右手にあるこの入口を見て気づいた、

ここ、私、来たことある。

f:id:seasonsgreetings:20210917031119j:plain

『箱根 時の雫』

f:id:seasonsgreetings:20210919045717j:plain


『箱根吟遊』『時の雫』も、訪れたのが10年も15年も前だったから、

すっかり忘れていた(笑)

そうか、これでふたつのお宿の源泉を持っている『武蔵野 別館』にやっと来れたってわけか…。

 

勢いで、前の日に予約した割には、ご縁があったお宿だった、と言うオチ(笑)

 

箱根って奥深い。

まだまだいろんな発見がありそう…♨

 

(2021/5宿泊)

www.musasino.net

 

<温泉分析書>

源泉名:宮ノ下温泉第114号 泉質:ナトリウム-塩化物温泉 源泉温度:60.8度

pH:8.1 成分総計:1,156mg/kg 加水なし/加温なし/循環なし/消毒あり

f:id:seasonsgreetings:20210917030721j:plain

 

<飲み物メニュー>
f:id:seasonsgreetings:20210917030730j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210917030724j:plain

 

#武蔵野別館 #宮ノ下温泉 #箱根 #箱根吟遊の元湯 #貸切風呂