** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

中善寺金谷ホテル(CHUZENJI KANAYA HOTEL)*栃木県日光市

思い立って『中善寺金谷ホテル』を予約し、

東武東上線の乗客になって、東武日光駅まで。

(注:同じ金谷ホテルでも『日光金谷ホテル』は温泉はない…)

f:id:seasonsgreetings:20211220015228j:plain

途中、北千住駅の乗換がお初で、

GoogleMAPでは1分(!)の乗換時間で乗れ、と指示あり。

いくら何でも… 違う路線の電車には1分じゃ乗れないでしょ…??

 

1本早めの電車で北千住駅に到着し、なるほど納得…

東武日光行の電車は同じ駅の階下からの出発。

表面上は移動距離なし、と判断されてもおかしくない、か…。

でもちょっと、分かりづらかったので、

東武東上線特急の乗換には早めに行った方が良し◎

 

降り立った東武日光駅は、まだ紅葉が美しく。

f:id:seasonsgreetings:20211220015239j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015233j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015235j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015237j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211225230933j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015241j:plain

今回は、駅前から、バスに乗って目的地へ。

f:id:seasonsgreetings:20211220015244j:plain

この路線は… バスで、いろは坂を越えるのね(笑)

なかなかエキサイティングでした◎

 

途中、『界 日光』『リッツ・カールトン日光』の脇を通り、

中善寺金谷ホテル前のバス停で下車。

f:id:seasonsgreetings:20211220015248j:plain

バスを見送って、

f:id:seasonsgreetings:20211220015246j:plain

右手に目指す『中善寺金谷ホテル』が。

f:id:seasonsgreetings:20211220015252j:plain

「歩行者の方はこちらからどうぞ」との案内板を信じ、

敷地内に足を踏み入れたけど、

f:id:seasonsgreetings:20211220015250j:plain

ホテルへ入る前のあと数十メートルがこんな砂利道(笑)

f:id:seasonsgreetings:20211220015336j:plain

ワタシ、キャリーバックを引っ張ってんのにな…汗

だったら正面からガラガラ引っ張って、回ってくればよかった…と思っても後の祭り。

 

ホテル棟へ、こんな廊下をずっと進み、

f:id:seasonsgreetings:20211220015254j:plain

最後は、エントランス受付カウンターの後ろ側から、コンニチハ、な世界(笑)

本当は、ぐるっと回って入るはずだったメインエントランス。

f:id:seasonsgreetings:20211220015257j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015259j:plain

 

受付カウンター前のロビー。

f:id:seasonsgreetings:20211220015155j:plain

このソファに腰かけたまま、チェックインの手続きを。

f:id:seasonsgreetings:20211220015301j:plain

お部屋は3階。

f:id:seasonsgreetings:20211220015303j:plain

ひとりで泊るには充分なスペース。

f:id:seasonsgreetings:20211220015305j:plain

窓の外は…中禅寺湖ビュー。

ちょうど西陽が湖面に反射し、キラキラと。

f:id:seasonsgreetings:20211220015312j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015310j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015308j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015314j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015316j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015318j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015320j:plain

 

荷物をほどいて、洋服をクローゼットに掛けて、

落ち着いたら、

さぁ、温泉へ行きましょう♨

 

3階からロビーを見下ろす。

吹き抜けで高い天井。

f:id:seasonsgreetings:20211220015325j:plain

2階には、ラウンジが。

f:id:seasonsgreetings:20211220015327j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015329j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015331j:plain

 

お風呂は、ホテル棟とは別のところに。

『空ぶろ』SORA-BURO

f:id:seasonsgreetings:20211220015338j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015340j:plain

内湯と、露天風呂があり、

f:id:seasonsgreetings:20211220015123j:plain

露天風呂がこれまた良かった…♨

f:id:seasonsgreetings:20211220015127j:plain

綺麗なエメラルドグリーンの湯!

ホテルのポストカードには白濁湯の写真だったので、

日によって色が変わる系、ね…♨

f:id:seasonsgreetings:20211220015125j:plain

実は12キロ先の湯元から引っ張ってきてるというけど、湯ヂカラは◎

揉まれて柔らかになった分、温度もマイルドでいつまでも長湯出来ちゃう…♨

f:id:seasonsgreetings:20211220015129j:plain

私にしては珍しく、1時間半くらいはお風呂に居たかな…♨

 

湯上がり、涼みながら部屋へ戻ると、

あっという間に暮れる空。

f:id:seasonsgreetings:20211220015134j:plain

 

こういうクラシックホテルは、

滞在用に一枚黒いロングワンピ(ノースリーブ)を持って行くととても便利◎

f:id:seasonsgreetings:20211220015352j:plain

湯上がりにも、レストランにも。

ショールを羽織ればちょっとお洒落感もアップできるし、

そのままメインダイニングへも行ける。

 

メインダイニング『みずなら』

f:id:seasonsgreetings:20211220015354j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015357j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015359j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015401j:plain

金谷ホテルオリジナルビール『日光三猿麦酒』

f:id:seasonsgreetings:20211220015403j:plain

 

本日の"お野菜の"メニュー。

f:id:seasonsgreetings:20211220015408j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211225233238j:plain

◆本日のオードブル

f:id:seasonsgreetings:20211220015405j:plain

◆コンソメスープ

f:id:seasonsgreetings:20211220015413j:plain

 

アルコールメニュー

f:id:seasonsgreetings:20211220015422j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015425j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015410j:plain

気になるは日本酒、金谷特製純米吟醸『光乃心(ひかりのこころ)』

提供スタイルをお聞きしたら、カラフェとお猪口?と言うので、

ワイングラスでお願いを~🍷

f:id:seasonsgreetings:20211220015415j:plain

メニューブックには「やや辛口」とあったけど、

いやいや、充分微甘旨口♡

f:id:seasonsgreetings:20211220015418j:plain

◆カマスのコンフィ

f:id:seasonsgreetings:20211220015420j:plain

 

◆とちぎ和牛匠フィレ肉ポワレ栃木赤ワインソース温野菜添え

f:id:seasonsgreetings:20211220015428j:plain

 

◆農家さん直送ミニトマトと冥加のサラダ

f:id:seasonsgreetings:20211220015430j:plain

 

◆デザート

f:id:seasonsgreetings:20211220015432j:plain

 

結局私、どこ行ってもひとりで夕食を頂いちゃうときは、

優雅?にいただきすぎて、最後のお客さまになっちゃうのよね…。

f:id:seasonsgreetings:20211220015434j:plain

遅くまですみません… ご馳走様でした◎

 

 

翌朝。

f:id:seasonsgreetings:20211220015437j:plain

お湯の色は、ミントグリーン色に変わっており。

f:id:seasonsgreetings:20211220015137j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015139j:plain

朝から硫黄の香り(正確には硫化水素臭)にまみれるって、シアワセ♡

 

朝食も、メインダイニング『みずなら』にて。

f:id:seasonsgreetings:20211220015148j:plain

玉子料理からは、オムレツをオーダー。

f:id:seasonsgreetings:20211220015443j:plain

ケチャップがあると、必ずやっちゃう温泉マーク(笑)

f:id:seasonsgreetings:20211220015120j:plain

 

それにしてもこのレストラン、

晩も朝もバターの盛りが潔くて好き◎

f:id:seasonsgreetings:20211220015146j:plain

サラダをこんなカップに入れてくださるのも新鮮。

欲をいえば、サラダは多めが嬉しいけどネ

f:id:seasonsgreetings:20211220015446j:plain

 

11時c/oまでのんびり。

f:id:seasonsgreetings:20211220015153j:plain

そして実はこの日は、引き続きワーケーションプランを利用。

f:id:seasonsgreetings:20211220015157j:plain

プリンター、プロジェクター、照明などなど揃っている専用のお部屋が116。

f:id:seasonsgreetings:20211220015159j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015210j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015212j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015201j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015203j:plain

休憩したくなったら、

お湯の入ったポットもあるし、ベランダに机と椅子もある。

f:id:seasonsgreetings:20211220015205j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015208j:plain

珈琲は、フロントにお願いすると持ってきてくださいました…!

f:id:seasonsgreetings:20211220015215j:plain

いやはや、快適です◎

f:id:seasonsgreetings:20211220015219j:plain

この日は、たまたまほかに利用する方もいらっしゃらないようで、

終始貸切状態。

これで1時間500円、一日借りても3,000円。

f:id:seasonsgreetings:20211220015222j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015224j:plain

11時から15時まで利用させていただき、

お迎えを待つ間、2階のラウンジを利用して構わないとことで、

そちらでお茶をいただきながら待機。

f:id:seasonsgreetings:20211220015144j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211220015226j:plain

 

そうそう、お土産にこれが気になって。

完全予約制の『金谷ホテル百年カレーパイ』

f:id:seasonsgreetings:20211220015141j:plainf:id:seasonsgreetings:20211220015217j:plain

辛い?と思ったけど、欧風カレーなので甘口、全然辛くない。

消費期限が当日限りになっちゃってるので、そこだけ取扱注意。

 

ショップで売っていた、金谷ホテルキャンディもとっても可愛らしい◎

f:id:seasonsgreetings:20211220015150j:plain

栃木定番土産、『甚五郎煎餅』の小さいパックもあり◎

f:id:seasonsgreetings:20211226000708j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211226000714j:plain

そういえば、同じようなクラシックホテルで『赤倉観光ホテル』も、

レトロなオリジナルグッズを多数そろえていて、

センスが良くて思わず買いそろえたくなっちゃったっけ…。

 

伺ったのは2021/11/13-14

既に中禅寺湖あたりは落葉してましたが、

真っ盛りの頃は、本当に綺麗なんだろうな…。

f:id:seasonsgreetings:20211220015349j:plain

 

温泉はないけれども、今度は『日光金谷ホテル』に泊まってみたい◎

宿泊者なら、こちらのお風呂は500円で入れるみたいですしね。

 

(2021/11宿泊)

www.kanayahotel.co.jp

 

f:id:seasonsgreetings:20220102163826j:plain

<温泉分析書>

源泉名:奥日光開発株式会社1,2,3,4,7号森林管理署温泉混合泉

泉質:含硫黄ーカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)

源泉温度:78.6度 pH:6.4 溶存物質:1,347mg/kg 

加水あり/加温あり/循環なし/消毒なし

f:id:seasonsgreetings:20211220015342j:plain

 

#中善寺金谷ホテル #金谷ホテル #KANAYAHOTEL #温泉 #エメラルドグリーンの温泉 #空ぶろ #金谷ワーケーション