** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

丸屋旅館*山形県最上郡大蔵村肘折温泉(ひじおりおんせん)

最速で梅雨明けを迎えた2022年夏。

連日猛暑日がもう1週間以上続いていると…

あのつべたく凍えていた冬がとても懐かしい…。

ということで、氷の女王さまのため息で凍っちゃいそうな冬シリーズをいくつか…。

 

****

 

肘折温泉と言えば、日本でも有数の積雪地帯。

毎年2月下旬の土日(コロナ前までは)「地面出し大会」というものがあって、

時には積雪4メートル超!を一生懸命スコップで掘って、

最初に茶色い地面を出したもん勝ち!という、

豪雪地帯ならではのイベントがあったのだけど。ohkurasport.jp

 

「次に来るなら、地面出し大会のときかな…?」という思いはあれど、

コロナ禍ではなかなか実現せず。

 

そんな折、秋田の乳頭温泉『鶴の湯』で新年会プランが立ち上がり、

前泊として山形の肘折温泉に立ち寄ることに。

 

2022年1月某日、大雪が降ったせいで除雪作業が間に合わず、

朝いち山形新幹線に乗ったりえさんと、

ゆったり昼前に山形新幹線に乗った私と、

新庄駅に着いたのがほぼ同時というミラクル(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220404010539j:plain

新庄駅からの送迎バス(14時出発、2名様~要事前予約)も、

もうとっくに出発してしまい、

新庄駅前15:45発の在来線バスにて、肘折温泉へ向かう。

f:id:seasonsgreetings:20220404010541j:plain

バスの名前、「おおくらくん」って言うのねん。。

f:id:seasonsgreetings:20220404010546j:plain

(肘折温泉住所が、最上郡大蔵村だから)

 

肘折郵便局前でバスを降りて、そのまま進行方向に右折するとすぐに、

あの風情が目に飛び込む。

f:id:seasonsgreetings:20220404010548j:plain

『丸屋旅館』MALUYA HOTEL ←RUがLUになっているところが何ともレトロ感あり◎

f:id:seasonsgreetings:20220404010550j:plain

 

この建て構え。

日帰りで以前、貸切風呂に入らせていただいたことはあっても、

宿泊ははじめて。

 

だって、なかなか予約の取れないお宿、特に土曜日泊は。

それもそのはず、限定7部屋のちいさな名宿。

この日は金曜日。

f:id:seasonsgreetings:20220404010812j:plain

玄関から入ると、左手に帳場。

f:id:seasonsgreetings:20220404010555j:plain

 

右手の階段を上がって、お部屋は2階。

f:id:seasonsgreetings:20220404010655j:plain

ちょっと迷路っぽくなっているのも一興。

f:id:seasonsgreetings:20220404010822j:plain

ここは…ワーケーションにも使えそう?

f:id:seasonsgreetings:20220404010611j:plain

弐号室

f:id:seasonsgreetings:20220404010657j:plain

こじんまりと、清楚なお部屋。

f:id:seasonsgreetings:20220404010525j:plain

向こう側にある応接セットから、

障子をあけると共同浴場『上の湯』がこの位置に見えますよ。

f:id:seasonsgreetings:20220404010828j:plain

鍵はふたつ、上の湯入浴券付き。

f:id:seasonsgreetings:20220404010606j:plain

温泉饅頭はほていや商店さんの。

f:id:seasonsgreetings:20220404010604j:plain

浴衣もデフォルトで2枚ずつ×2名分ご用意あり◎

f:id:seasonsgreetings:20220404010608j:plain

 

さて、と…。

まずは移動で朝から忙しかったカラダを温泉に浸しましょう…

f:id:seasonsgreetings:20220404010528j:plain

大浴場『ひのきの湯』

f:id:seasonsgreetings:20220404010530j:plain

この蛇口… 見事な析出物コーティング✨

f:id:seasonsgreetings:20220404010532j:plain

本日の一湯目、ゆったり浸かっていたかったけど…

お夕飯スタートまでの間に、私たちには行くところが。

f:id:seasonsgreetings:20220404010653j:plainf:id:seasonsgreetings:20220404012238j:plain

徒歩1分もかからない距離にある『カネヤマ商店』

f:id:seasonsgreetings:20220404010624j:plain

こちらでステキすぎる飲み比べセットがあるのだ、と…🍶

f:id:seasonsgreetings:20220404010635j:plain

日本酒利き酒セット、500円。

500円!?

f:id:seasonsgreetings:20220404010632j:plain

そりゃ、お得すぎますでしょう!?!

わくわく逸る気持ちを押さえながらも3銘柄チョイス。

 

そのまえに、生ビール300円をオーダー🍺

(だって湯上りにはビールでしょ🍻)

f:id:seasonsgreetings:20220404010637j:plain

my利き酒セットはこの3種。杉勇、麓井、白露垂珠

f:id:seasonsgreetings:20220404010639j:plain

どれもグラス、並々ですわよ…

f:id:seasonsgreetings:20220404010644j:plain

左が私のセット、右が、りえさんのセット🍶

f:id:seasonsgreetings:20220404010642j:plain

酒屋さんの一角にあるカウンター席で一献。。

いやぁ、シブくてよいですね♡

 

ちなみに店内、販売のほうのラインナップ。

f:id:seasonsgreetings:20220404010626j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010629j:plain

地元山形の酒がたくさん!

 

さ、こちらもゆっくりしたいのはやまやまですが、

そろそろお夕飯時なので戻らないと…

f:id:seasonsgreetings:20220404010648j:plain

なぜこんなに気ぜわしいのか…

ぜんぶ、(大)雪のせい。

f:id:seasonsgreetings:20220404010646j:plain

肘折温泉街は、雪は全然積もってないですけどね…⛄

f:id:seasonsgreetings:20220404010651j:plain

酒屋さんから徒歩1分もかからないうちに、この玄関へ戻り。

f:id:seasonsgreetings:20220404010653j:plain

 

お食事は1階奥の個室にて。

f:id:seasonsgreetings:20220404010700j:plain

御時勢柄、コロナ対策もあり、お食事の説明は紙にて。

f:id:seasonsgreetings:20220404010702j:plain

もれなく、飲み比べ季節の三酒セットもオーダー。

先ほどはいただかなかった、

『十水(とみず)』『天弓(てんきゅう)』『楯野川(たてのかわ)』

お、ちゃんと、たての「か」わ、って振ってある! さすが地元。。

f:id:seasonsgreetings:20220404010710j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010705j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010707j:plain f:id:seasonsgreetings:20220404010712j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010714j:plain f:id:seasonsgreetings:20220404010716j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010721j:plain

固形燃料で焼いた割りには、

ちゃんと奇麗なバーンストライプが付いて、ご満悦♡

f:id:seasonsgreetings:20220404010723j:plain

つや姫ごはんとお味噌汁、そしてデザートは小豆。

f:id:seasonsgreetings:20220404010718j:plain f:id:seasonsgreetings:20220404010725j:plain

 

ゆっくりお夕飯もいただき、おなかもいっぱい。

…なはずが、確かこのあと、雪空の下、お散歩に出たような。。

f:id:seasonsgreetings:20220404010733j:plain

実はお隣の『田舎家』さんというお店にちょっと寄ったのだけど、

ここがまた良かった…

 

お宿ご近所『カネヤマ商店』でのゼロ次会に始まり、

二次会『田舎家』まで無事終了。

f:id:seasonsgreetings:20220404010735j:plain

また雪が… 舞い始めましたよ。。

f:id:seasonsgreetings:20220404010737j:plain

外気で冷えたカラダは、熱い温泉であっためましょう。。

暖簾が変わって男女交代、こちらは『檜葉(ひば)の湯』

f:id:seasonsgreetings:20220404010751j:plain

実はこの『檜葉の湯』には露天風呂もあったのだとか…

寒すぎ?て、露天風呂の存在にまで気が回らなかった…orz

また今度の課題だな…

 

ぐっすり眠った翌朝、まずは朝風呂。

朝湯には、貸切風呂『幸鶴の湯』をチョイス。

f:id:seasonsgreetings:20220404010537j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010742j:plain

貸切風呂前にあった、レトロタイルの洗面台。

f:id:seasonsgreetings:20220404010749j:plain

いいわぁ✨ 本当に素敵… 

この真ん中のお花模様なんて、ハナミズキみたい、とても洒落てますよね。。

 

朝ごはんは夕べと同じ個室にて。

f:id:seasonsgreetings:20220404010814j:plain

お品書きはやはり書面説明にて。

f:id:seasonsgreetings:20220404010819j:plain

全般的にお野菜メインで、

これはこれでカラダに優しく嬉しい◎

f:id:seasonsgreetings:20220404010816j:plain

 

 

そういえば、今年は寅年かぁ…。

f:id:seasonsgreetings:20220404010826j:plain

 

丸屋さん、建物はレトロ、雰囲気も古風。

でも経営母体が変わった?こともあって、

働いてらっしゃる方々は、お若い方々ばかり。

いわゆる「女将さん」的な方はいらっしゃらない模様。

 

"レトロモダンな宿 丸屋"

なるほど、ある意味レトロ、ある意味モダン。

それも、お宿の個性、か。。

 

f:id:seasonsgreetings:20220404010746j:plain

あ、丸屋さんも実は、『日本秘湯を守る会』の加盟宿です。

なので、スタンプ帳持参もどうぞお忘れなく~。。

(両行会社経由はスタンプ押印不可、直接予約だけOKなのでご注意)

 

f:id:seasonsgreetings:20220404010727j:plain

 

(2022/1宿泊)

www.maruya-ryokan.com

 

<温泉分析書>

源泉名:肘折温泉組合2号、3号、5号

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 源泉温度:65.9度 pH:不明

溶存物質:3,410mg/kg 加水あり/加温なし/循環なし/消毒なし

f:id:seasonsgreetings:20220404010616j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010619j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010756j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220404010808j:plain

 

#丸屋旅館 #肘折温泉 #山形県の温泉 #日本秘湯を守る会