** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

白神矢立 湯源郷の宿 日景温泉(ひかげおんせん)*秋田県大館市(2017年リニュアル後)

JR奥羽温泉・陣場駅から送迎車に揺られて、お宿まで。

久々の…『日景(ひかげ)温泉』

2010年以来の… 実に12年ぶりの訪問!

今日(こんにち)に至るまで、2014年廃業、2017年復活と言う歴史あり。

建物の雰囲気はそのままに、

ただしちょっとグレードアップして「いい感じ」のお宿に。

聞けば、経営者が大舘の老舗料亭『割烹きらく』さんになったのだ、と。

有難うございます、名湯を復活させていただいて…

 

c/iは15時から。

広いロビー(ここは前と変わらない)に通していただき、

そこでご案内を聞いたあと、貸切風呂の予約を。

「めんけ湯っこ 北あっち/南こっち」(=以前の湯治棟の2つのお風呂)

「うるげる湯っこ」「あんべいい湯っこ」「滝見の湯っこ」(=3つは新設)

これがすべて貸切風呂の名前、計5つ。

 

毎時0分から45分ずつの貸切枠。

当日夜と、翌朝と、それぞれ押さえられる部屋番号のマグネットが2つずつ用意してあり。

お食事の時間と、日の入り・日の出の時間とを睨みながらそれぞれリザーブ。

 

私は今回は一人部屋キープ、昭和館112錦木(にしきぎ)のお部屋。

開けてびっくり。

昔の日景温泉のイメージしかないものだから、

その想像を上回るしつらえにワクワク。

快適そうなふかふかのベッド、

お隣にソファベッドがあるのはいざ?と言うときに二人使用のツインにするのかな?

 

革張りのリラックスチェアとフットレスト、

窓の外はエントランス。

お着きのバスが見えます◎

館内着の作務衣。

お茶セット、その向こうはクレンジングやら化粧水やら。

で、冷蔵庫にこれ!

これはかなり嬉しい…♡

冷えたグラスと缶ビール🍺

 

実は今回は、オトナチーム(笑)のS夫妻とご一緒で。

ご夫妻は2階のこちらのお部屋を。

昭和館226清流。

二間続きの素敵なお部屋✨

でもこの部屋… 見覚えがある…!?

2010年に泊まった時の、あの角部屋…?

部屋番号68

そのお部屋は、窓の外、眼下に露天風呂が見えました(笑)

さすがに直下の露天風呂は目隠しが出来て見えなくなってましたが、

間違いない、このお部屋はあの時の角部屋!

 

ただし、奥のベッドルームは拡張してひと部屋とした模様…。

いやはや、懐かしい…♨

当時、確かこの部屋に2泊したんですよね(笑)

 

その時と比べて、このロビーは全然変わってない。

変わったのは…

よりどりみどりで選べるお茶だったり、

アイスキャンデーだったり(宿泊者限定)。

 

でも、いまでもふと、茶々丸が出てきてくれそうな雰囲気は変わらず…

名物看板猫の茶々丸、きっと廃業と共に、ここから居なくなっちゃったんだろうな…

 

茶々丸よ、ワタシは人知れず柱をガリガリやってた君を忘れない…

 

お夕飯タイム。

以前の食堂はすっかりリニュアルされて、イマドキの個室タイプの食事処に。

お品書き。

贅沢に3名で一部屋使わせていただき。

 

 

 

秋田だから、きりたんぽは漏れなく^^

 

そして… 肝心の温泉、ですが、

あいにくと、貸切風呂から何から撮影禁止、と…汗

なので、お風呂の最新画像なし。

 

お宿の中身はいいように変わったけど、温泉は変わらず。

↓当時のパンフレット表紙

今もこれとたがわず。

画像が無いのは少々さみしいので、当時(2010年5月)の画像も添えますね。

今でいう、「めんけ湯っこ」がこちらのふたつ、「北あっち」と「南こっち」

 

手すりが付いたくらいであとは一向に変わらず。。

 

当時、軽く溜まってた湯の花に

「ゆるり~参上」と書いてたのは懐かしい記憶(笑)

 

 

朝食。

こちらも昨晩と同じ個室にて。

バナナとブルーベリーのスムージーだったかな、かなりのバナナ感!

美味しくいただいて、

c/o11時←これはちょいと「いいお宿」の条件でもあったり◎

 

朝食をいただいたあとに、

最後貸切風呂『滝見の湯っこ』(※再開後新設)に浸かったり…♨

(ここは明るいときに入るのがおススメ!)

 

ついでにお外もお散歩。

にわとりさん、発見!

「にわとり、優先」的な感じ(笑) ←妙見の雅叙苑みたい♡

小さい頃… 縁日で買ったひよこがおっきくなって、

成年にわとりになったことがあります◎

なので、にわとりの生態にはちょっと詳しい(笑)

 

にわとりさんたちと戯れたあとは、送迎のバス待ち。

このエントランス、『日本秘湯を守る会』の提灯がなくなった以外は何も変わらず。。

(注:今は『日本秘湯を守る会』は外れています)

↓2010年当時のエントランス。

 

『白神矢立 湯源郷の宿 日景温泉』

良きものは変わらず、変えず。更に進化したお宿です◎

 

懐かしついでにもう少し。

猫好きの私にとっては、この茶々丸(ちゃちゃまる)は可愛すぎました◎

ちゃんと、玄関に鎮座してお客様をお出迎え。

たまに、ごろ寝(笑)

 

あ、当時も卓球台、ありましたよ(^_-)☆

 

今回はこのオトナチームメンバーにて*^^*

 

以下、参考掲載。

<お食事処アルコールメニュー>

 

<館内案内図>

 

<温泉分析書>

源泉名:日景の湯 泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉 源泉温度:41.3度

pH:6.4 溶存物質:878mg/kg 加水 加温 循環 消毒

 

◆日景の湯1・3号混合泉

 

◆日景の湯2号

 

◆「日景の湯」の昔の分析書

 

 

 

(2022/6宿泊)

hikage.club

 

↓2010年の過去記事はこちら↓

#日景温泉 #秋田県の温泉 #白神矢立湯源郷の宿日景温泉 #ひかげおんせん #温泉