** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

映し絵の宿 神水館(しんすいかん)*群馬県藤岡市 八塩温泉(やしおおんせん)

まっ茶っ茶の天然温泉で有名な『おふろcafé 白寿の湯』と、

直線距離で川を挟んで600mも離れていないというのに、

あちらが埼玉県で、こちらは群馬県。

 

『映し絵の宿 神水館(しんすいかん)』

日本秘湯を守る会の加盟宿で、

あれ? こんなところにあったんだ、的に見つけたお宿。

時は2021年11月中旬過ぎ。

都内から車を走らせ、渋滞さえハマらなければ2時間もしないでたどり着くお宿。

思ったよりも…

なかなか大きな旅館でした…。

そして、イイ感じにクラシカル。

神流川は薄く温泉色に濁り、周囲はまだ紅葉の盛り。

結構広めのお館だけど、全12室しかないんですって…。

 

通していただいたのは「桐」のお部屋。

浴衣を手に早速向かうは…

まずは気になるこちらをちらり。

露天岩窟風呂

こちらは基本混浴で、男性用/女性用に分かれている時間はあれど、

宿泊者ならば女性用の17時~18時、そして翌朝の7時~8時半を除けば全部混浴タイム。

人の気配もなかったし、えいや!でひとり浸かりに行ってみたけど、

案の定、誰も来ない(笑)

露天風呂に浸かると、目の前はこの神流川(かんながわ)。

さぱっと汗を流させていただいたあと、

大浴場『鬼の湯』にも立ち寄り。

この小さい浴槽が、源泉浴槽。

源泉温度14.9度、実測23度

 

よくよく見たら、浴槽淵のガビガビ具合がハンパない!

注ぎ口から直接、ミルクピッチャー(これが飲泉するとき役に立つ)に注いで一口。

「お、甘じょっぱい…!」

1万超えの塩化物泉でした◎

 

お食事は食事処の個室にて。

 

 

お飲み物メニュー。

実はここで下調べが足りず… 本当は『平井城』を頼むべきでしたorz

何故って、『流輝(るか)』の地元銘柄だから!

 

ちょっとピンとこなかったので、一番上に書いてあった地酒『鬼面山』をオーダー。

 

 

 

ごはんが、八塩温泉の鉱泉で炊いたもの。ほんのり黄色いのはそのせい?

 

 

夜は紅葉のライトアップも。

 

それにしても… あちこちに絵画が飾られ。

今とちょっとカタチが違うけど、昔のここの湯舟かしら…?

 

お部屋に敷いてあったお布団は、仲良くふたつくっつけられ。

足元に毛布掛けてくれてるのは、嬉しいかも^^

 

翌朝。まずは朝の一浴♨

朝日が差し込んで、とても綺麗。

源泉浴槽のほう、よく見ると昨日とは違って、うっすら湯面に成分が!

これは…カルシウム成分ですね…♨

 


朝食も、夕食会場と同じ食事処の個室にて。

このあたりの地名は、鬼石、って言うのね…

 

c/oは10時。

結局この年は、ここが最後の紅葉だったかな…

翌週は北温泉で雪を見ていたし…⛄

 

 

(2021/11宿泊)

shinsuikan.sakura.ne.jp

 

 

<温泉分析書>

源泉名:八塩温泉(神水館源泉) 泉質:ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉

源泉温度:14.9度 pH:6.48 溶存物質:15,700mg/kg 

♨加温浴槽→加水あり/加温あり/循環あり/消毒あり

♨源泉浴槽→加水なし/加温なし/循環なし/消毒なし ←excellent!!

 

<館内案内図>

案内図上は結構部屋数ありそうですが、今は12室のみの稼働のようです。