** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

K's House Ito Onsen(ケイズハウス伊東温泉:旧『温泉旅館 いな葉』)*静岡県伊東市伊東温泉

以前、伊東温泉街ブラをしたときに、

行ってみたかった『東海館』まで出向いて。

で、ふと目をみやると、その左隣にあった、この看板が気になって。

ガラスの戸には『温泉旅館山本?』

(…と思ったら『いな葉』だって(^^; 達筆すぎてわからん!笑)

でも掲げられている看板は『K’s House』

 

『東海館』も泊まれないので、

その時は「なんだろな?」くらいにしか思ってなかったところ、

あとあと調べてみたら、なんと、あそこに泊まれる…? それも温泉付き!?!?

ケイズハウス伊東温泉は外国人旅行者やバックパッカーを対象にリーズナブルに宿泊できるホステルとして平成22年にオープン。 大正末期に建造され、平成19年に閉館した老舗旅館「いな葉」の木造建築と温泉を継承しています。

 

2022年10月、再びあのあたりを散策。

駅からのアプローチだと、まずはこんな眺めが目に飛び込む。

そしてほどなく『東海館』入口が見え。

そしてそのお隣に、この建て構え。

重要文化財認定、築100年ほどですって…

そりゃ外観からしても、だれも文句なしでしょう…

今日は…

この中へ入ってみます!

↑読めないけど、『温泉旅館 いな葉』(笑)

本当に…旅館の造り、そのまんま。

左手に帳場。

↑↑時計の文字『日本茶』って書いてあるのかと思ってた…正解はきっと『いな葉』💦

 

後ろ手に目をやると、ご近所定食屋さんの朝定食のご案内と、

『純温泉』(笑)

…最近、『純温泉』あちこちで良く見るわぁ(笑) ね、ぐっちさん??

realonsen.com

 

この『K's House』『東海館』の距離はこんな。

てっきり、長屋状態でつながっているのだろう、と思ったら、

ん? 離れている…!

別々の建物だったのですね~。。

 

お隣が松川(伊東大川)なのですが、川向こうから見た2つのクラシカルな建物全景。

伊東温泉いでゆ橋からの眺め。

竹灯りの細工。

R氏から聞いた話だけど、この竹灯りの細工をされた竹を見た小さな男の子が、

「穴が開いててかわいそうだねぇ~。。」って言っていたよう(^^;ナルホド

 

夜にもう一回、見に来ましょうかね☆

 

さて、通していただいたお部屋は306号室

ここまで、階段をあがってくるわけだけど(もちろんエレベーターなんて無し)

途中、だだっ広い宴会場や、

遊びココロのある彫刻などを見ながら~

3階だけど、

普通の3階より高い感じ…? 昔の建築だから、なのかしら…?

室内、冷蔵庫完備! バスタオルと浴衣は別料金でお借りして。

 

窓からの眺めもなかなかのもの…!

でもちょっと… 足を滑らしたり、スマホ落としたりしたら

そのまま松川にどぼん!しそうなのでご注意!

お手洗いは廊下出てすぐ目の前に。

 

そして肝心の浴室は…

階ごとに貸切風呂が1つずつ♨

建屋が大きく右と左に分かれているので、ちょっとわかりづらいけど、

左側のほうにあり◎

札が「空き」になっていればいつでも貸切可能。

浴槽もちっちゃめで良い♡

↑↑たまに着地に失敗するアヒル隊長ゆるり~

最近はもっぱら、投げ込み技ですw

 

大浴場は地下1階に。

毎分100リットルを超える100%自家源泉かけ流しの温泉は弱アルカリ性のナトリウム・カルシウム塩化物泉。

日帰り温泉は朝8時から夜8時までご利用可能です。(清掃時間11:00~15:00を除く)

自家源泉だったのね…汗 ←今更気づく(^^;

こちらは撮禁なので、雰囲気だけのご紹介で~

サイトにもちょうどいいお写真が見当たらない…

長方形の大理石風の石風呂で、湯口はぶんぶく茶釜の狸だったような…

何故かサイトには2か所の貸切風呂のお写真は無いのですが、

断然貸切風呂、お薦めです♡

 

湯上りの夕刻…。

松川の川面から上がってくる風が心地よいので(2022年10月の訪問)、

そのままひと眠り…zzz

 

ケイズハウスは素泊まりのお宿。

よって夕刻にお食事をいただくのは伊東のまちへ。

その前に…

貴重なトワイライトタイムのお写真も、収めて参りましょ。

 

『ケイズハウス伊東温泉』(旧:温泉旅館いな葉)の正面。

お隣『東海館』

…ここだけ、タイムトリップしたような雰囲気。。

回り込んで、松川のいで湯橋から、東海館側。

『ケイズハウス』側からも。

竹あかりは、ぎゅっと寄ってた方が映えるのかな…?

さて、お夕飯食べに町中へ行ってきます◎

ちなみに…伊東の夜はこんな感じで。

『うめはら』というところで一次会を。

 

 

そして、二次会にこちら、『支那そば福々亭』

昼間はすごい行列!だったけど、夜は全然このとおり。

メンマ大好きです♡

そして、メニューに雲吞があると絶対頼んじゃうタイプ(笑)

 

…私、ラーメン屋さんでも飲みたいんですよね、せめてビールくらいは。

なので夜のこのゆったりした雰囲気でいただけたのは、良かった*^^*

 

そして…このときはリサーチ不足だったのだけど、

伊東には、『たっぱん』があった!!

『たっぱん』は、以前、忘れもしないあの!『浜善』の板前だった

平田さんがやられているお店、だと。。

これは行かない手はない、ロミさんと!(笑)

↑↑2013年9月のことでした(^^;

翌朝。

こちらが東側、つまり太陽が昇る方。

c/oは11時、このゆったりさがまたタマラン…

屋上展望台?まで足を運んでみた。

ここ…陽が燦燦と… サンルームですわね…。

隣の東海館の屋根、かな?

そうそう。

今はこのお宿、ワーケーションにも対応していて、この玄関向こうに、

こんなお仕事スペースまで作ってあった!

嗚呼、これは快適そう…!

イヤになったら温泉浸かって、もしだったらお昼寝までして(笑)

思った以上に居心地よかったケイズハウス。

今度は『たっぱん』ツアーでまた、素泊まりしてみるのもいいかな^^

 

(2022/9宿泊)

kshouse.jp

 

<温泉分析書>※英語表記もあります!

源泉名:岡84号 泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉

源泉温度:51.2度 pH:7.8 溶存物質:2,201mg/kg 

加水なし/加温なし/循環なし/消毒なし

 

<館内案内図>

◆1階

 

◆2階

 

◆3階

 

itospa.com

#ケイズハウス伊東温泉 # K'sHouse #伊東温泉 #静岡県の温泉 #純温泉 #温泉旅館いな葉