** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

旅館国崎*長崎県雲仙市小浜温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

2006年8月下旬訪れました。
誘ってくださった方がその週福岡出張で、ちょうど金曜夜に空く、と言うことに。
ちょうどANAマイルもたくさん貯まっていたし、ならば温泉狙いで行かない手はありません、
福岡周辺で秘湯を守る会・・・と探してみましたが、一番近くでこの雲仙岳近くの小浜(おばま)温泉でした。

いつも九州へ行くたびに思うのですが、
JR九州の電車って何であんなにリッチな仕様なんですか??
福岡=諫早間で利用したつばめも合皮でしたが皮シートのゆったりした造り、
目の前(つまり前の方の背もたれ後頭部の部分)に「切符入れ」もあり、
車掌さんの検札のためにここに入れておくとちゃんと車掌さんがチェックしてまた仕舞って行ってくれます。
ちょっとした造りの差なんですが、例えば山形新幹線つばさの狭さ&決して快適とは言えない造りと比較し、少し寂しくなってしまいました(T_T)

諫早(いさはや)駅からバスで約一時間、切符代は1,000円と言ういまだかつてない高額な運賃を払い「公立病院前」まで、
ただのローカル路線バスでこんなに高いのは初めてでした(^_^;A

長崎もやはり暑かったです! 
ちょっぴりバテバテモードでチェックインしましたが、お宿は快適、
お湯も少々しょっぱいナトリウム泉、岩風呂・屋上露天風呂・檜風呂とみっつ貸切がありましたので、
全部回ってのんびり夏の疲れを癒して来ました。

実は最初に入った岩風呂なのですが、なんと蟹が出現!?!
一番最後の画像、右下に赤いのが写っているのですが、それなんです。
のそのそ・・・とやってきて、蟹歩きをしてまた戻っていきました。
後で聞けば、そのお宿では蟹が歩き回るらしく・・・
鮮やかに赤色だったのですが、それは温泉に浸かった?あるいは湯気にあたったせい??
ちょっと不思議な蟹との遭遇でした。

そうそう、驚いたのがお料理。
以前行った事があるまさえもんも、お勧めのお宿と言ってましたが、
まさかヒラメの尾頭付きお造りが出るとは思っても見ませんでした。
特注料理、何か頼んだっけ??と思うほどで、
このお料理で、この広いお部屋で一人当たり17,000円ならば得だわ♡
と、ご機嫌な気分になっていました。

ちょうど小浜祭りが開催されていて、夜、少しですが、海岸で花火があがりました。
水上花火って実は見るの初めてでしたが、水面に映り込んで綺麗なものですね☆

【旅館国崎HP】→http://kunisaki.jp/

追伸・この『旅館国崎』で、スタンプ帳三冊目がちょうど10スタンプ貯まりました♡