** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

恵比寿屋*福島県大沼郡金山町玉梨八町(たまなしはちまち)温泉

(2022/9/29)香取慎吾クンの記事を文末に追記
 
いやー、このお宿は面白い!!

 

     イメージ 2

 

今回、恒例のGW MAD TOURで最終日に宿泊したお宿です。

 

前段の二日間、
『大丸(おおまる)温泉旅館』『大丸(だいまる)あすなろ荘』
大丸シリーズで宿泊した私たちですが、どちらも無色透明の清らかな温泉、
秘湯系が大好きな私たちに取って、幾分かちょっと物足りなさを感じていた三泊目、
この『恵比寿屋』さんに巡りあいました(笑)

 

なんてったって、
玄関の壁に香取慎吾クンのサイン(それも時期を異にして二つも!)、

 

     イメージ 1

 

そのほか、
桜井幸子さんのサイン、
反町隆史さんのサイン、
椎名誠さんのサイン、
石田一成さんのサイン、(下の方の宇宙人のような自画像がソレです)
河合我門さんのサイン、(宇宙人の右隣です)

 

そして、俳優をやっていた時代の浜崎あゆみさんのサイン!!!(@_@)
(それも控えめに一番下の左に・・・)

 

最初は、落書きかと思ったんです、
デフォルメされることなく、アピールすることもなく、
ひっそりとあるもので・・・。

 

・・・でも、落書きだとしたら、誰が一体何のために!?
こりゃー、ホンモノだろう!!と思い、

 

ご主人にお伺いしたところ、
1995年に野島伸司監督のドラマ『未成年』の収録のため、
みなさんが宿として利用し、一週間ほど滞在されたようです。

 

     イメージ 4

 

慎吾クンたちは、ちょうど今回かっちゃんたち男衆が止まったお部屋『山城』
篭城?していたようです。
(年頃の男の子たちんのことですから、お部屋はとっても汚し放題だったようです・・・(^_^;A)

 

     イメージ 3

 

話を温泉に戻しましょう(笑)

 

このお宿は、日本秘湯を守る会の会員宿です。

 

もともとこの地区は、川を挟んで、
川向こうが『玉梨温泉』
川こっち(恵比寿屋さんがある方)が『八町(はちまち)温泉』だったとのこと。

 

でも、恵比寿屋さんの河童の湯は玉梨の温泉を引いており、
樽風呂三兄弟(後述)は八町の温泉を引いているとか!?

 

そしてまた、川こっちの八町温泉の共同浴場が湯量が少なくなった?ので、
玉梨温泉から湯を引いてブレンドするようになり、
それから『玉梨八町温泉』と称するようになったそうです。

 

八町共同浴場はこんな感じ。

 

     イメージ 5

 

向って右のパイプからは玉梨温泉の湯が、
左のパイプからは八町温泉の湯が引かれており、程よくブレンドされているようです。

 

い~感じの共同浴場でした(混浴です)。

 

ちなみに川向こうには、
玉梨共同浴場、(この青色の屋根の小屋です)

 

     イメージ 6

 

男女別の浴槽には熱めのお湯がどばどばを惜しげも無く掛け流されています。

 

     イメージ 7

 

そして、この小屋(失礼・・・)の手前に(写真では左側)ある公衆トイレ、
これがどうやら、ぎんさんの話によると、ウォシュレットらしいのです!

 

ウォシュレットのお湯は温泉なのか!?(笑)と物議を醸していたのですが・・・(^_^;A

 

残念ながら私は立ち寄らずに来てしまったので、
次回立ち寄った際は、必ず検証して参ります(笑)

 

で、この玉梨温泉、申し遅れましたが、炭酸泉です。

 

恵比寿屋さんの内風呂には、大分の長湯温泉を筆頭に、
炭酸泉についての記事が掲載されていました。

 

     イメージ 8

 

     イメージ 9

 

残念ながら高温で湧出しているため、
湧き出し口ではほんのわずかな泡つきを感じるだけ、ですが、
特に玉梨共同浴場での光景、温泉表面を滑る泡が、なんとなく、ですが、
炭酸泉の特長そっくりだなぁと思ってしまいました。

 

恵比寿屋さん、内風呂とそれに続く露天風呂があります。

 

     イメージ 10
      内風呂です

 

露天風呂は出入りの際、向こうの川岸から完璧丸見えです(笑)

 

そのほか、樽風呂三兄弟!?と名前のついた樽風呂があります。

 

     イメージ 11

 

これも、上のお部屋から丸見えです(笑)

 

     イメージ 12
     (この画像右側がそれです)

 

恵比寿屋さんのお料理、ですが、
楽しませていただきました♪

 

     イメージ 13

 

     イメージ 14
     川魚ですが、ムニエルにして洋風で食べ易かったです^^

 

     イメージ 15
     懐かしい~くじら汁も出ました

 

最後にご主人が見せてくれた秘蔵?のアルバムより。
浜崎あゆみさんの色紙。

 

     イメージ 16

 

「どうしてもっと大々的にしないんですか!?」と尋ねたところ、
「いやー、お年寄りの方の中には、
 『壁に落書きするなんぞけしからん!!』と怒る方もいまして・・・」と。

 

なるほど~・・・(^_^;A

 

でも、もっとアピールしてもらっていいと思いますよ、ご主人♪

 

今回のGWの旅行では、温泉的にはここが一番よかったかな~

 

今回の三日間日本秘湯を守る会の会員宿に宿泊したおかげで、
スタンプ帳が見事満願になった人間が二名、出ました。
(まりこさんとかっちゃん。それぞれ4冊目と2冊目・・・)

 

     イメージ 17

 

さー! まだまだ秘湯の旅は続きますよん♪

 

【恵比寿屋HP】→http://www.ebis-ya.com/

 

雰囲気★★
お風呂★★★★(共同浴場含む)  泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉
お料理★★★
お値段★★★★   PRICE:10,000円(一泊二食付)
総 合★★★

 

 
(2022/9/29追記)「香取慎吾 金山町」で検索してくださる方々多く、こんな昔の絵日記なのに何だろう?と調べてみましたところ… なるほど^^

香取慎吾、95年の問題作ドラマ撮影でいまも鮮明…知的障害者演じた『未成年』福島県金山町を振り返り
投稿日:2022/09/29 17:07 更新日:2022/09/29 17:07

9月28日放送の「ふくしまSHOW」(テレビユー福島)に、香取慎吾さんがVTR出演。香取さんは1995年に放送されたドラマ「未成年」(TBS系)について語り、話題を集めました。

香取さんは「未成年」に室岡仁(デク)役で出演し、いしだ壱成さん、反町隆史さんらと共演。

福島県金山町でクライマックスシーンのロケが行われたこのドラマについて、香取さんは「作品としても、自分にとってすごく大きな作品だし、そのドラマの最後を飾る場所として忘れられない場所ですね」と、笑顔を見せました。

ドラマでは、廃校になった小学校に立てこもったデク達を追い詰める機動隊役で、金山町民が撮影に参加。

香取さんによると、「町役場の人ではない、もはや建設会社の人の目じゃない、もはや機動隊の目になって、盾を持って、ドーンって。僕も芝居なんですけど、芝居を超えた、本当に身を守らないとやられてしまう。突き飛ばされたりしちゃう所が非常に怖かった。皆さん目が血走ってるんだもん」と、金山町民の熱演もあり迫力あるシーンに仕上がったとのこと。

また、「学校の感じもすごい覚えている。壱成くんがピアノ弾けるんですよ。合間に壱成くんと学校の周りをプラプラ散歩して、そしたら体育館みたいな所にピアノがあって、壱成くんがわぁーって走り出して、ガバッと開けて(ピアノを)弾き始めたんです。かっこいいと思って、絶対俺もピアノ弾けるようになるんだと思って、そん時に心に誓い、いまだに一切弾けません」と明かしました。


■香取慎吾、金山町での「未成年」撮影は「大きな経験のひとつ」
香取さんら出演者は、町内の温泉旅館(=これが『恵比寿屋』さんです!)に合宿スタイルで宿泊したとのこと。

香取さんは、「ドラマの役柄とほぼ同じような…撮影以外の時間もみんなと過ごしてたと思う。すごい印象深い。布団ひいた所で寝る。寝ないでワイワイしてると、プロデューサーの方とかガラッと来て、『いい加減に寝ろ!』みたいな。そしたら寝たフリする。修学旅行生みたいな。そんな感じの生活で、それも楽しいんですよね」と、同年代の俳優との撮影は楽しかった事を明かしました。

多忙だった香取さんは、東京での仕事とドラマの撮影を並行して行っていたとのこと。

そんな香取さんは、「この町の皆さんと、キャスト・スタッフと、それこそドラマの最後を盛り上げるシーンを撮っているのに、そんな中、時折僕だけ戻らなきゃいけない。でも帰って来た時に安心して車から降りる時に、旅館の階段が入り口にある…。そんで虫の声とか星とか、東京から夜中についても車降りても、一瞬そこで寒さも感じながら、空気吸って空見て虫の音聞いて旅館に入って行くのすごい覚えている」と、当時の記憶を回顧。

また、「歳を重ねて色んな経験が今の自分を作ってくれているって最近思うんですけど、そんな中の大きなひとつですね。金山町での『未成年』の撮影っていうのは大きな経験のひとつだと思う」と、ドラマの撮影と町の風景は忘れられない思い出になった事を明かしました。

今回の放送にはネット上で、「金山町がとても魅力的な町でそれだけ見てても満足、そこに慎吾ちゃん未成年の映像もインタビューもたくさんで とても良かったです」「懐かしいね〜思い出した。慎吾ちゃんめちゃくちゃカワイイ、忘れん坊の慎吾ちゃんが旅館の階段での思い出を話せるってことはものスっごくこのドラマが印象に残っているって証拠だねまた最初から観よう!」「慎吾くんのインタビューも未成年の撮影のメイキングもたっぷりあってとても見ごたえがありました。慎吾くん当時の事を結構覚えていてビックリ!」などのコメントが上がっています。

ドラマは27年前なのですが、香取さんが当時の事を鮮明に覚えていて、それだけ「未成年」が思い出深い作品だと伝わってきましたね。

【番組情報】
ふくしまSHOW
https://tver.jp/episodes/epo2o60if0

 (引用元)

香取慎吾、95年の問題作ドラマ撮影でいまも鮮明…知的障害者演じた『未成年』福島県金山町を振り返り