** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

白根館*山梨県南巨摩郡 奈良田温泉

来て見て、甲斐感! ~ようこそ、富士の国 山梨へ!~

 

     イメージ 1

 

どうして、県のキャッチフレーズって、
ずるっ!とこけてしまうものが多いのでしょう(笑)

 

私が聞いたところだと、

 

 佐賀=「佐賀を探そう」
 茨城=「おどろき 茨城」

 

きれいだな、って思ったのが、

 

 福島=「うつくしま、ふくしま」
 埼玉=「彩(さい)の国、さいたま」

 

まぁ、前置きが長くなってしまいましたが、
公式とそうでないものがあるらしいです、興味のある方はこちらへ→都道府県キャッチフレーズ

 

そんな甲斐の国、山梨の秘湯へ行って参りました^^

 

奈良田温泉『白根館』
旅する私の必携本「日本の秘湯」に掲載されているのを見て以来、
ずーっと気になっていた秘湯です。

 

     イメージ 2

 

こちらの温泉は、なんと言っても『七不思議の湯』と形容される泉質・・・、
響さんに至っては、「最後の晩餐 では無く 最後の入浴はここを選ぶでしょう。」とおっしゃるほどの
魅力ある温泉・・・。

 

もう、興味津々でないわけありません!

 

チェックインは13時
新宿からあずさ(9号でしたが・・・)に乗り、甲府で身延線に乗り換え40分、
身延駅から路線バスに乗り1時間半の旅・・・

 

     イメージ 3
     片道1,750円!! 4桁表示が出来ないため「10円単位」になっています(笑)

 

たどり着いた終点、奈良田湖。

 

     イメージ 4
     昭和31年にダムが完成し、昔からあった集落は沈んでいるそうです・・・

 

お宿はすぐそばです。

 

          イメージ 5

 

今回は本館にお世話になりました。
お部屋からはダム湖が見え、そしてお部屋の真ん中にはすでに炬燵(こたつ)が・・・^^

 

     イメージ 6
     紅葉の盛りはこれから~ですね。

 

日帰りのお客さまもたくさんいらっしゃり、
立ち寄り湯料金1,000円にも関わらず、ほんとにたくさんいらしたのはびっくり(@_@)

 

近くには日帰り温泉施設もあるようでしたが、
そこよりもやはり、ここの泉質が効能があって人気だ、という証拠なのでしょうか。。。


到着してまず最初に入ったお風呂は、白い湯の花が舞う透明のお湯(画像なし)でした。

 

そして同日夜には白濁のお湯(湯の花なし)
          イメージ 8

 

翌朝には透き通る薄グリーンのお湯(湯の花なし)になってました!
     イメージ 9

 

「当館の温泉は飲めます」と館主がおっしゃっていたように、
口に含むとしょっぱい&ほんのり硫黄味。
そしてぬるすべの温泉です!(pH8.8)

 

          イメージ 7
             成分総計は4,000近くあります

 

気温や湯量にあわせ、温度を調節している・・・とありましたが、
本当にこの温度調整は最高でした。
源泉温約50度ですが、熱すぎず、ぬるすぎず・・・ 
桧(ひのき)の浴槽のへりに腕を乗せ、まーったりと。。。

 

     イメージ 10

 

さて、お料理ですが、地元の幸をふんだんにもてなしてくださいました。

 

     イメージ 11
     雉(きじ)肉、館主が仕留めてこられたそうです(@_@)

 

     イメージ 12
     館主の息子さんが、生芋から作ったこんにゃくのお刺身、滋味溢れるお味です♪

 

     イメージ 13
     ミルフィーユのようなくみあげ湯葉

 

     イメージ 14
     蕎麦がきを油でかりっと揚げ、出汁を~♪ これがまた絶品!

 

     イメージ 15
     ヒメマスの燻製 あたたかいうちにホヤホヤをいただきます♥


朝食はおかゆをメインにお腹に優しい感じ。

 

     イメージ 16

 

「えごま」のふりかけがまた絶品! 
これだけでご飯一膳いただけちゃいます。

 

     イメージ 17

 

残念ながら今回は一泊しかしてこれなかったので、
周辺の散策などは全然しなかったですが、
道すがら、あちこち温泉の看板が出ていたようです。

 

意外に本館、角部屋でしたが、隣のお部屋の音や、
階伝いの盛り上がっているバイクライダーのおじさまたちの声が響き、
「うーん、次回来るなら新館にしよう・・・」と心に決めました(笑)

 

さて、こちらの露天風呂、こんな感じです。
毎度のことながら、私の代わりにアヒル隊長ゆるり~も出演しています^^

アヒル隊長ゆるり~@七不思議の湯*山梨奈良田温泉「白根館」

 

【奈良田温泉紹介サイト:日本秘湯を守る会】→http://www.hitou.or.jp/hymbrrsv/hymbr_pg01.html?yc=ys126

 

(2008.11.2訪問です)
雰囲気★★★      
お風呂★★★★  源泉温度49.8度 ポンプによる揚湯(井戸の深さ500m)
 泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(旧表示:含食塩-硫黄泉)
お食事★★★★
お値段★★★   PRICE:12,000円
総 合★★★