** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

温泉ビューティソムリエ講座♨in表参道

表参道にあります(いつもの)新潟物産館『ネスパス』3階で、
2009.4.16に温泉ビューティ・石井宏子さん講師の「温泉ビューティソムリエ講座」が開催されました♪

 

イメージ 1 
 さすがにひとつきのほとんどを温泉で過ごされる石井先生、お肌つるつるです♥

 

      ***復習がてら、遅まきながら記事にさせていただきますm(__)m***

 

  温泉は地球がくれた天然のビューティツール

 

☆温泉の効果☆
デトックス・心のセラピー(転地効果)・ダイエット・美肌・アンチエイジング

 

☆人間の毛細血管は☆
人間の毛細血管は、なんと地球二周分の長さ!!(地球一周4万キロ×2)

 

☆三大美人泉質☆
「炭酸水素塩泉」・・・落とす:クレンジング作用。
          ぬるすべ感のある「アルカリ性(pH7以上)の温泉」も同様。
「硫黄泉」・・・めぐる:血流を良くする。もちろんアワアワの「二酸化炭素泉」も同様。
「硫酸塩泉」・・・補う:潤いを補給する。しょっぱい「塩化物泉」も同様。


  実習!

  ★その1:温泉水パック

 

     イメージ 2

 

今回の講習の中でいちばん?盛り上がったテーマです♪
上の写真のように、新潟から直送の赤倉温泉・燕温泉・関温泉の源泉が並びます。

 

見た目はまだ空気に触れていないせいか、無色透明ですが、
匂いを嗅ぐと「あ!硫黄の匂いがする!」(燕温泉)

 

これを容器に少量取り、
そこに市販されている乾燥シートパック(ぎゅっとちっちゃく圧縮されているアレです)を落とします。

 

     イメージ 11 イメージ 12 
      圧縮タイプ(左)と、広げる手間のかからないシートそのままタイプ(右)があります

 

すると、あっという間に温泉を吸い込んでぶわっと広がります。

 

女性の方ならお馴染みのこの様子も、
男性の方々には恐らく驚かれたことでしょう♪

 

温泉水をしみこませてひたひたになったシートパック、
うまく広げてお顔にパックするには、慣れてないとちょっと無理かも・・・(^^ゞ

 

そんな男子には、こんな風に・・・石井先生が手ほどきを♥

 

     イメージ 3 イメージ 4

 

自分がどんなになっているかイタズラで撮った写真ですが、
自分の後ろの方々の様子がとても面白い・・・(失礼^^;)

 

     イメージ 6

 

最初にお手本になってくださった遠間師匠はさすが!!

 

     イメージ 5
              パックをしてもイイオトコ♥と大評判でした♪

 

mixi見られる方は、こちらに動画もございます(笑)→温泉ビューティソムリエ、実演中♪

 

「温泉に行ったら、お顔を温泉に浸さないなんてもったいない!」とは石井先生のお言葉。

 

まさにそのとおり!
たまに私は、顔ごと浴槽にどぼっと浸かって、しばらく息を止めてみたりしてます(笑)

 

また、「お肌にいいのだから、髪の毛にもいいだろう!」と言うことで、
温泉でがんがん洗髪したりしてます(笑)

 

でも・・・塩原の大出館のお湯で髪を洗ったときは・・・ものすごいことになりましたので、
硫黄泉での洗髪はお奨めいたしません(^^ゞ
(酸性の温泉で洗うとさらっさらのつるっつるになります♪)

 

さて、肝心のパックですが、3分~5分が限度
それ以上やっていると、逆にお顔の水分がシートを介して逃げていきますので、
長時間のパックは逆効果です。。

 

パックを外した後は・・・文字通りつるつるしっとり美肌の受講生さんたちでした♪

 

  ★その2:テーマ別温泉旅プランニング

 

チームワークがあったのですよ・・・

 

私たちの班は、ICHIOさん・西瓜ペンギンさん・裕美さん・miyukiさん・まぜらんさん・私の6名。
(みなさま、お疲れさまでした! ありがとうございました*^^*)

 

選んだテーマ:『全部まとめて綺麗になりたい』温泉とは!?

 

口火を切って話をしてくださった班長・まぜらんさんのお奨め、
奈良田温泉ならすべてカバーできる!!」このお奨めで、発表もしていただいたところ、
見事『温泉ビューティ優秀賞!』に☆☆☆

 

石井先生にサイン入りの著書『温泉ビューティ』と、

 

     イメージ 7

 

イメージ 8 イメージ 9 さらに記念撮影もしてくださいました♪





あの講習以来・・・
石井先生の必殺技を真似させていただいているワタクシです。。

 

温泉旅行から帰ったあとも、余韻を楽しめます^^

 

ペットボトル(500ml)に新鮮な源泉を詰め込み、自宅まで大事に持ち帰ります。

 

     イメージ 10
     高友旅館のラムネ風呂源泉を詰め込んでみました♥

 

自宅で、先ほどのパックに使ったり~
ペットボトルごとお風呂に入れて、最後にあがり湯として身体に掛けたり~

 

高友さんのお湯、確かに自宅で嗅いでも臭かった(笑)
でも、油分があるせいか、つるつる感は変わらず・・・しっとりかぐわしきアブラ臭に包まれて、
ベッドでいい夢を見ることが出来ました(^^♪

 

そんなわけで、『温泉ビューティソムリエ』にステップアップ♪
地球のありがたい恵みである温泉、
美容に健康に、ありがたく使わせていただきましょう☆


温泉で美しくなれるテーマに興味がある方、
または温泉ソムリエに興味がある方は、以下サイトをご覧ください^^

 

【温泉ビューティ:石井宏子先生公式サイト】→http://www.onsenbeauty.com/beauty/index.html
温泉ソムリエ公式サイト】→http://onsen-s.com/