** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

山田屋旅館*大分県別府市明礬温泉

(現:美容・美肌・健康 小宿 ーYAMADAYAー)


別府の賑わう町中から少し離れ、
私の印象は岡本屋の「地獄蒸しプリン」が美味しいところ、
の、すぐ近くに、こんな素敵なお宿がありました。

     イメージ 1
     別府で唯一、緑礬泉(pH1.7)を持つお宿、老舗の山田屋旅館さん

今回、はからずとも別府に泊まることになり、
はて、どこにしようか?と思っていた矢先、
こうたろうさんのブログで、
このお宿がリニュアル(2009年3月)したこを知り・・・早速予約をしてみました。

玄関をあけるまえに、まず宿猫さんがお出迎えを♥

     イメージ 2

     イメージ 3

猫さまにお断りして玄関を開けると、
黒いエプロンドレスをお召しになった、お洒落な女将さんが出迎えてくださいました。

お部屋はこんな感じ。

     イメージ 4

          イメージ 26
          8畳ほどのお部屋ですが、ふたりでは充分のんびり寛げる感じです。

     イメージ 9

     イメージ 5
     お茶菓子で置いてくださっていた、この女将特製おからのクッキーが美味!

これがおみやげで売っていたら、きっと買い求めていたと思います♥


お部屋で一息ついたあと、窓から見えるあの湯小屋へ・・・。

          イメージ 6

     イメージ 7
     湯小屋の入り口には、こんな看板も。

聞けば、別府で一番最初に温泉浴場として認定された温泉とのこと。。

この湯小屋のなかに、男湯と女湯と分かれているのですが、
家族風呂のように、どちらでも好きな方に入って、使ってもらってかまわない、との
ことでしたので、まずは男湯(右手)のほうを~♨

          イメージ 8

男湯のほうだけに、湯口がある?みたいですね。
(浴槽はひとつで、女湯とは間仕切りで区切ってます)

          イメージ 10
          ここから湯を汲んでしまうと、浴槽にはお湯が満たされなくなるので要注意、です。

淵は成分が固まりついて、こんなにギザギザ!

     イメージ 11

お湯の感触は・・・ぬるするっとする感じ(酸性)で、なめると軽いすっばさ。
お湯は源泉温度約68度なので、熱めです。
匂いは、硫黄とも違うけれど温泉特有のあの匂い~
分析表、と思われるものを収めてきたのですが、痛恨の手振れorz(笑)

入り口には、別府温泉の名残ですね、朱印が置いてありました。
(今は温泉道からは外れていらっしゃいます)

     イメージ 12

さて、お楽しみのお食事♥
ここのお食事は訪れる前から気になっていたのです♪

     イメージ 13
     前菜☆ 目にも鮮やか~それにひとつひとつが美味♥

     イメージ 14
     海が近いのでもちろん、お魚も美味♥

          イメージ 15
          女将さんお薦めのドイツワイン(白)をいただきました(ちょっと甘かったかな^^;)
          イメージ 16
          ほろほろと崩れる牛のほほ肉の煮込み・・・絶品♪ 煮込んだスープも美味しい◎

     イメージ 22
     かぼちゃのスープ。

          イメージ 17
          女将さん風「とり天」! 大分名物をお洒落にアレンジ♪

もうこれじゃ、コース料理と変わりませんネ(笑)
更に〆の品は・・・コラーゲン鍋&お雑炊

          イメージ 18
この鍋に・・・下のコラーゲン(左)を入れ・・・ 更に下の鯛をしゃぶしゃぶしていただきます♥
     イメージ 19

     イメージ 20

     イメージ 21
     デザートのムースも落ち着いたお味でした、珈琲も美味しく、ミルク無しで飲めました◎

勢いあまって一挙掲載してしまいましたが(笑)
お料理はほんと、大満足!!

ちなみに朝食はこんな感じ。

     イメージ 23

     イメージ 24
     「元気たまごの地獄蒸し
・・・なんだか元気になりそうなフレーズだったので、この紙片は今でも手帳に挟んであります(笑)

ここでお値段を先にお伝えしてしまいますが、
これで11,000円(一泊二食付きひとりあたり)です。。

こちらのお宿、大通りに面しているわけではなく、裏どおりにひっそりたたずんでいます。

          イメージ 25
          二階部屋から見える景色です。

由緒あるお風呂がひとつ、ではありますが、
それは温泉天国別府、多種多様、いくらでもほかにたっくさんあります。

泊まるなら山田屋旅館さん、
また行きたい! そう思わせてくれるお宿でした*^^*

#部屋数が多くありませんので、早めの予約が必要です。
 以下のHPから予約が可能です。

【山田屋旅館HP】→http://www.yamadaya-net.com/

(2009.8.19訪問です)
雰囲気★★★★★
お風呂★★★   源泉温度67.5度 泉質:酸性含明礬-緑礬泉(自然湧出) 
         pH:1.7 溶存物質不明
お食事★★★★★
お値段★★★★★ 一泊二日11,000円
         平日一日二組限定で朝食付きプラン6千円、というのもありますが、
         せっかくならお食事つきがお薦めです。
総 合★★★★★ 文句なし!のお薦めお宿です。特に女性連れなら喜ばれること間違いなし!