** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

12/22は冬至:ゆず湯で温まりましょう◎

     イメージ 1

明日は冬至

ゆず湯に浸かりましょう~♨ということで、
ヒル隊長ゆるり~、熊本の『竹ふえ』にてゆず湯満喫の図、です(笑)

          イメージ 2

とんなことで、ちょっと調べてみました◎
一番興味深かったのが以下の記事。

冬至(12月22日ごろ)とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、
日照時間が最も短くなります。

太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と日照時間を比べると、
北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差があるのです。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、
この日を境に再び力が甦ってくることから、
陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、
冬至を境に運が向いてくるとしています。

つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。

こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、
もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)です。

昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理ですし、
現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習がありますね。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。
端午の節句の菖蒲湯も同じです。

【allabout:冬至の過ごし方…なぜかぼちゃと柚子湯?】→http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20061212A/index.htm