** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

「かばんはハンカチの上に置きなさい」川田修著

『かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール』川田 修


     イメージ 1

できる外資系のバリバリ営業マンの話!と思いきや、
表紙のこの方・・・え? とても外資系に見えない・・・??

「今すぐできる56の『ちょっと違う』こと」

少しだけ紹介しますね。

営業かばんの底は、あなたの靴底と同じ。
 つまり、靴を脱がずに土足で家の中に入っていくのと同じ。
 (だから、お客様の家ではハンカチを敷いた上にかばんを置きます)

*私たちは訪問者であっても「お客様」ではない。
 (だから、お客様の靴べらをお借りせず、
  自分のポケットからシュタっとマイ靴べらを出して靴を履き、颯爽とお客様宅を後にする・・・)

*著者が始めてお辞儀負けをしたのが、佐伯チズさん
 (佐伯さん曰く「私は、このお辞儀だけでここまでやってこられたのよ」と言うほど
  こだわりを持ってらっしゃる)

*人の生命にかかわる金融商品を扱う人間が、服装で自己主張する必要があるのか、
 ということに気づいたとき、服装そしてする時計も一新した。
 (スーツは紺かグレー、ワイシャツは白、時計は黒革ベルトに銀縁、白フェイス)

*「お客様駐車スペース」には車を止めない。
 (自分は訪問者だけれども「お客様」ではない)

*お客様は、商品と一緒に空気を買う。
 お客様は、空気を読む天才。
 (空気=気遣いや思いやり、理念、その人の人間の人生観や価値観など)

ワークライフバランスの前に、それを勝ち取るために、することがある。


「ねばならない系」のビジネス本と違って、
ゆる~く読めたイイ感じの本でした。

ヒントはたくさん掲載されてますが、
・・・要はどれだけ心をこめられるか・・・
そこに尽きるのかなって思います。

カタチだけやっても、心が伴ってなければ白々しいだけですから。。

営業・お客様対応をやってらっしゃる方ならば、一読の価値アリです◎

「鏡の法則」の本も紹介されています
##「いちばん大切なのは~」もいいお話です
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php