** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

二本の葦束*大分県由布市湯布院温泉

年明け今年初の九州・由布院にて、
ずーっと気になっていたお宿『二本の葦束(あしたば)』に泊まりました。

 

こちらのお宿、湯布院の御三家ではありませんが、
もう10年以上もの年月を経過したそのお宿は、雰囲気・お料理・おもてなし、
申し分ありません。
 ※湯布院御三家=玉の湯・亀の井別荘・山荘無量塔(むらた)

 

敷地内に貸切風呂が、離れのお部屋の数分点在しているお宿。

 

贅沢ですね・・・。

 

           イメージ 1

 

        イメージ 2


c/iは15時。
高級旅館にしては遅めですが、15時ちょっと過ぎにタクシーでお宿に着き、
(由布院駅からの送迎はなさってません)
通されたお部屋はこちら、「雪行廊(せつあんろう)」

 

     イメージ 3

 

本当は別のお部屋をお願いしていたのですが、さすがに月曜日宿泊なので
アップグレードをしてくださったようです^^

 

     イメージ 4
     こんな坪庭まであつらえてあります。

 

由布院は、案外冷えるのです。
水道も、水抜きしないと凍るほど・・・。
(新潟でも最近は水抜きなんてしないのに・・・)

 

なので、こちらのお宿の部屋着は、
あったか仕様で「お部屋くつろぎパジャマ用」「お出かけ用」が備えてありました◎

 

     イメージ 5
     可愛らしい、黒い手ごろな大きさのバック(温泉タオル入れ)も置いてありました。

 

まず向かったのがこちらの大露天風呂。

 

          イメージ 6

 

     イメージ 7
     こんなに広いのに、こちら、貸切です◎

 

泉質は、万人に優しい単純温泉、無色透明。
源泉温度は約80度、すべて源泉かけ流しですが、
熱いため加水に寄る温度・湯量調節をしています。

 

湯屋は、この貸切大露天風呂のほか、

 

文字通り竹林に囲まれた『竹林の湯』
     イメージ 8

 

          イメージ 9

 

一番湯から六番湯まである『昭和の湯どころ』
     イメージ 10

 

     イメージ 11
     三番湯と、

 

     イメージ 12
     一番湯に浸かりました♨

 

ほかに、別棟で『七番湯』があるのですが、
こちらは次回のお楽しみに・・・


このお宿を予約するときに気になったフレーズが、
「お野菜がメインのお料理です」

 

お野菜がメイン??

 

じゃあ、サラダとか煮物とかしか出てこなかったらどうしよう!?って
笑い話にしていたのですが、お食事どころで供されたお料理は。。。

 

          イメージ 13
          食事どころへの入り口。

 

          イメージ 14
          お席には、既にお野菜の煮物の鉢が。。

 

一見、普通の大きさのお料理に見えると思いますが、
椎茸が、あの普通の大きさの椎茸だと言ったら、
人参や牛蒡が如何に大きいかがお分かりいただけますでしょうか。。
     イメージ 15

 

     イメージ 16
     お野菜のほかには、お魚、

 

     イメージ 17
     美味しいお肉もちゃんと出てきました*^^*

 

     イメージ 18
     ご飯、美味しかったですね。。粕汁と一緒に。

 

お茶碗へのよそい方、ふんわり具合といい、炊き方といい、
旅館でこれ以上の『美味しいご飯』に出会ったことはありません◎

 

     イメージ 19
     デザートは、確かパンナコッタ。

 

ゆっくりと、落ち着いて、美味しいお料理をいただけました。

 

こちらのお宿がお野菜にこだわる理由。。
イメージ 21

 

大満足でお部屋に戻ると・・・

 

     イメージ 20
     暗いお部屋に、なんとキャンドルの灯ったバースディケーキが!

 

これにはさすがにびっくりしました(*_*)

 

R氏が頼んでおいてくれたそうですが、
キャンドルを点けるタイミング、絶妙ですね。。

 

     イメージ 25

 

こちらのお宿、素敵なバーがあります。
名前は『Bar Barolo(バローロ)』、私の大好きなイタリアワインの名前です♪
     イメージ 22

 

     イメージ 23
     セラーにも、たくさんのシャンパーニュや赤・白ワインが・・・。

 

隣接するお花屋さんも素敵です。
          イメージ 24

 

セレクトショップのようなおみやげコーナーも、
見ていて楽しいものばかりでした。

 

一夜明けて、朝ごはん。
9:30からいただける、ゆっくりめの朝は嬉しいですね^^

 

そしてまたこれが、侮ることなかれ・・・。

 

     イメージ 26

 

     イメージ 27

 

     イメージ 28

 

お野菜メインの、食べきれないほどのお料理。。
ここに泊まった次の日は、お昼ごはん、絶対に要りません。。

 

     イメージ 30

 

ゆっくり滞在させてもらい、
お野菜を美味しくたくさんいただけ、
あんなに広い露天風呂を独り占めできる大満足の旅・・・


11時のc/o、お宿からタクシーに乗り込み、
少し走り出したところで、「行ってらっしゃいませ~!!!!」と、
見送ってくださった御宿の方おふたりが、まるで応援団のような大きな声でお見送り!

 

タクシーの運転手さんに、
「こちらのお宿は、いつもああやって見送ってくださるんですか??」

 

「そうなんですよ。・・・朝ごはん、全部食べられましたか??」

 

「いえ、美味しいんですけど、もう本当に量が多くて・・・(笑)」

 

「でしょうね~。でもとても評判がいいので、リピーターの方が多いですよ」



なるほど。

 

・・・ここはまた、違う季節に来たいな。

 

          イメージ 29

 

 

(2010.1.11訪問です)
雰囲気★★★★  離れ:雪行庵
お風呂★★★★  源泉温度79.7度 泉質:単純温泉 
お食事★★★★★ お野菜が中心のお料理とは言えバランスよく大満足。9:30からの朝食もまた良し。
お値段★★★★  PRICE:約30,000円(ひとりあたり一泊二食付き)
総 合★★★★
https://travel.blogmura.com/onsen/img/onsen88_31.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php