** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

【燕三条】元祖背脂チャッチャ系ラーメン『杭州飯店』

新潟県のほぼ真ん中、新潟市長岡市の間に、
三条市燕市があります。

この、三条市燕市はなぜか?昔から仲が悪く(^_^;
三条市燕市の間に作った新幹線の駅は、燕三条駅』
同じく市と市の間に作った高速インターの名は『三条燕インター』
どっちが公共料金を支払っているかによって、名前が上下していると聞きました。。(幼少のころに・・・)

あの、平成の大合併ですら、一緒にならず・・・ 何なんでしょうねぇ。。

ま、そんなわけで燕三条系』と称されるこの『杭州飯店』のラーメン。

発祥が約70年ほど前、夜遅くまで働く労働者のために、
伸びにくく、スープが冷めにくく、腹持ちのいい食べ物を、ということで
考え出された賜物だそうです。

     イメージ 1

なので、麺はホント、うどんみたいに太く

     イメージ 2

スープは濃い目の煮干醤油に背脂チャッチャ系で、薬味は刻みたまねぎたっぷり!

でもね、食べるとハマるんです♥

おまけに餃子。
昔は7個で700円くらいだったので、
裏メニューの半餃子で、3個350円で出してくれてた記憶があるのですが、
もうその裏メニューもないみたいですね。。

先日頼んだら、5個で700円くらいでした◎ 値上がりしたのねん。。

たまたまか、ちょっと今日の餃子はベタベタ気味。。
     イメージ 3

本当は、こんなにカリッ!と揚がっていて美味なんです♥
     イメージ 4
     (2003年2月の画像です)

お盆中、おまけに夕方5時前と言う中途半端な時間に行ったにもかかわらず、
店内はほぼ満員で、次から次へと入れ替わり・・・

     イメージ 7

駐車場も広いんです、
ナンバープレートをみたら、県外が3割、地元が7割って感じでした◎

長岡にも安福亭っていう、
うどんみたいな麺&ねぎてんこ盛り&脂ギトギト系ラーメン屋さんがありますよね、
私はそっちよりは、『杭州飯店』派です♪

新潟の名物ラーメン、一度ぜひ、食してください(^_-)-☆

     イメージ 5
     ごちそうさまでした♥



#あ、ここのお冷を入れるグラス、どっかでみたガラスなんですよ~♪
     イメージ 6
     そう♪モロゾフのプリンの入れ物なんです(笑)


燕三条系ラーメンの発祥の云われ】

どこよりも早く、日本で最初にこの背脂ラーメンが生まれたのが、
新潟県燕市であろう、と言われていることはあまり知られていないそうです。
その歴史は昭和初期まで遡ります。
昭和初頭、当時まだ利用価値が無く廃棄されていた豚の背脂を、
先人がラーメンに使えないかと考えたのだそうです。
その背景には、当時数多かった栄養失調の子供達を少しでも力づけたいという、
先人の思いが込められていたそうです。

やがて高度経済成長を迎えると燕市は、洋食器の町として繁栄し、
夜遅くまで稼動する工場からは大量の出前注文が入るようになりました。
そこで向上の労働者達に、旨いラーメンでお腹一杯になってほしいとの思いから、
時間が経ってもスープが冷めないようにと、背脂をたっぷりと浮かせ、
麺も延びにくいようにと、まるでうどんのように太くし、ボリュームたっぷりに改良されていきました。
これが燕三条ラーメンのルーツです。

住所:新潟県燕市西燕町49-4 
電話:0256-64-3770
アクセス:JR弥彦線西燕駅から徒歩10分
営業時間:11:00~20:30定休日月曜(祝日の場合は翌日休)
     座席数T38席、座敷42席