** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

天国と地獄のお話。

          イメージ 1

何の本で読んだか忘れたましたが・・・
天国と地獄について書かれた話しがありました。

死んだと思った主人公が三途の川?に来ると、
門番に「お前はまだ死んではいないから帰りなさい」と言われたが、
門番のすぐ先には「天国」と「地獄」、それぞれの入り口がある。

主人公は、
「折角ここまで来たのだから、天国と地獄を見てみたい」というと、
門番は「それもよかろう」と許可を与える。

主人公が見た天国と地獄とは・・・。


最初に地獄を見てみた。

丸い大きな円卓に、食べ物が潤沢に置いてある。それを地獄の住人たちが囲んでいる。
「なんだ、地獄も思いのほか、いいところじゃないか」

円卓の中心においてある食べ物は、置いてある大きな大きな箸で取って食べなくてはならない。
一生懸命、地獄の住人はその大きな箸で食べ物を取り、口へ運ぼうとするが箸が長いためにうまくいかない。
そうこうしているうちに隣人たちと争いになり、凄惨な殺戮が始まってしまう。

「これは本当に文字通りの地獄だ」と主人公は思って、次は天国を覗きに行く。

覗いた天国は意外なことに、先ほどの地獄と同じようなシチュエーションだった。
丸い大きな円卓に、食べ物がたくさん、そしてそれを天国の住人たちが囲んでいる・・・。

天国の住人たちは大きな箸を手に取ると、
「○○さん、おなかが空いたでしょう、こちらをどうぞ召し上がれ」と、
自分の向こう側に居る人たちの口へ、食べ物を運んであげている。

「ありがとうございます、あなたもおなかが空いたでしょう」と、
代わる代わる相手の口へ食べ物を運んであげている。

天国の住人たちはいつもお互いが幸せでおなかいっぱい。
地獄の住人たちはいつも空腹で争いばっかり。


この時期にふと、思い出した「天国」と「地獄」のお話でした。