** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

【新潟】『西方の湯』が探偵ナイトスクープに!!

いやー、びっくりするニュースです(笑)

探偵ナイトスクープに、あの、『西方の湯』が登場!!!


湯友のhiro3さんの5/22つぶやきに、
「先週の探偵ナイトスクープで、『うんこ臭い温泉』と紹介された温泉地へ久々再訪
 服・車の臭いが消えません」
これ、一切嘘偽りのない文章です(笑)

youtubeで載っていたらしいのですが、
残念ながら載せてくださっていた方がアカウントごと削除なさったらしく…
動画はもうしばらく待ってみましょうかね。。

(2011.5.25追加情報♪ かっきーさん、ありがとうございます☆)
探偵ナイトスクープですが、MXテレビは大阪の15日遅れの放送のようです。
くさいほうを紹介した回は大阪では13日放送だったので、
MXテレビでは28日の17時から放送されるようですよ!

…ということで、懐かしの西方(さいほう)の湯、またの名を『くさいほうの湯』(笑)、
行ってみましょー!!
(2010.3温泉ソムリエ自主的新潟名湯バスツアーで訪問です♨)


♨西方の湯(さいほうのゆ、またの名を「くさいほうのゆ」)


新潟のアブラ臭温泉の聖地、新津温泉の石油臭ぷんぷん!のご一行が次に向かったのは、『西方の湯』。
「さいほうのゆ」と読みますが、別名を「くさいほうのゆ」と言います(笑)←命名湯守さん

素晴らしき新津温泉を後にし、バスは新潟県を北上。
到着までの約一時間の間、外は新潟の冬にしては珍しく青空、
でもそれに反してだんだんとブルーになっていく若干二名。。

そう、私のほか、鹿さんも既にこの強烈な温泉に訪問したことがあり、
近づくにつれ、
 「ほんとにまたあの温泉へ行くのか・・・」
 「あの臭さを嗅ぐのか・・・」
・・・という言い知れぬ恐怖。そう、「恐怖」と言う言葉がぴったりの、色・臭い・たたずまい・・・。

青空がまだ、怖さをやわらげてくれていますが、コチラです。
     イメージ 1

          イメージ 2
        親鸞聖人です。メンバーの話によると、(受付の)おじちゃんに似ているのではないか、と(笑)

     イメージ 3
     こちらが受付。

     イメージ 4
     券売機はあれど、毎度壊れたままです。。

     イメージ 5
     浴室までのアプローチがちょっと遠い・・・ それがまた、恐怖感を高めます。。

     イメージ 6
     明るいからまだ平気で見ていられるこの廊下。私が行ったときは、真っ暗&ここから異臭開始(爆)!

     イメージ 7
     この角を曲がると・・・浴室入り口です。


相変わらず・・・
     イメージ 8
     黒かった!! そしてやっぱりアヤシイ!!

     イメージ 9
     源泉付近、あちあちの熱湯が水面を覆います。怪しげな泡も。。
     イメージ 10

        イメージ 11
        そして足の裏は真っ黒!!(笑)←女子たち、足の舞☆

ちなみに、男子チームは背伸びをしてたらしいです(笑)
      イメージ 12

■室橋さんコメント■
昔女房と瀬波へ行く途中に、温泉でも寄って行くかという事で看板だけ見て駐車場に入ったら、
「あんたマジ!私にこんな不気味なところに入れというのか!
 行きたいなら1人で行け!!私は帰るから!!!」と見事に拒否られ瀬波に向かった苦い?記憶が
駐車場で蘇りました。

(中略)
皆で行けば怖く無い!状態で勇んで到着しましたが、
体験者2名が近づくにつれ超ブルーに落込み無言で視線を流し見つめ合う不思議なカップ
(まるで駆け落ち?なんちゃって)←鹿さんとワタシのことです^^;

着いて、そして中に入って納得でした。
巨大な親鸞聖人像?、壊れたままの券売機、ほこりが積もった湯のみの山、無人の無料休憩場、
何故か中古事務機の山、クレゾール石鹸?(消毒薬)病院みたいな匂い、薄暗い廊下、
お地蔵さんの有る庭、湯の無い露天ふろ(しかもぺんぺん草生えている)、
掃除した?すべる風呂の床、浴室からの××臭?
そしてどろっとした不気味な泡の浮くお湯(まるで地獄の血の池が灰色になっただけ)
でも皆で入れば怖く無い!!!!!

見事入湯なんか沈殿してる・・・泥?コールタール?
でも源泉をペットボトルに汲みに湯口へ。以外にさらさらながれています。でも超アッチイ!!!

即出てシャワーを浴びて流しロッカーへ
服を着てソックスをはこうとするとガピーン!足の裏が真っ黒 洗い場で洗っても十分落ちない

爪の間か毛穴からでたのかも?
もうしばらくの間は体験しなくても良いかも。。

なんともカゲキに見える文章ですが、まんまこれが真実ですw

一度行ったら・・・たぶん好んで二度目に行こうとする方は・・・居ない・・・居ても稀だと思います^^;

     イメージ 13   イメージ 14
     実は汲んだら透明系!? でも黒いんですよ・・・。

浴室外の露天風呂は、相変わらず湯が張っておりませんでした。。(11月~3月は湯は張らないそうです)
     イメージ 15

今回は午前に立ち寄ったので、実は漂う異臭は先回ほどあまり強くなく・・・
「おかしいなぁ!?」と思いつつ、あがって湯が乾き始めたとたん!「くさー!!!」
空気に触れると、たぶん臭いが全開するようです(笑)

ここだけは・・・あがり湯をすることをお奨めします^^;

     イメージ 16  イメージ 17←西方の湯、再訪のピース♪

イメージ 18
西方の湯のパンフレット『西方の湯にくると、みんなとってもしあわせそうだね』って・・・
ただ単に怖すぎて笑いが止まらないだけなのでは・・・(笑)
(パンフレットの湯の色、違うし~(^^ゞ)

怖すぎて笑いが止まらなかった恐怖の西方の湯体験はこちらを・・・
 ★【西方の湯】2007.1訪問→http://blogs.yahoo.co.jp/masumi_january7/43809541.html

くさいほうの湯 みんなで行けば 怖くない・・・

【西方の湯】※HPはありませんが、立派なパンフレットはあります
胎内市中条町)中村浜上畑2-29 (新潟市内からはR113経由、約50分、35キロの距離です)
電話:0254-45-2550
営業時間:11月~3月 8:00~17:00
      4月~10月 9:00~16:00
入湯料:500円 
タオル:200円