** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

清風荘(せいふうそう)*熊本県南阿蘇地獄温泉

温泉で「地獄」と言えば、そこは天国…。

「地獄温泉」などと、おどろおどろしい名前を持つこの名湯、
九州の旅行雑誌やポスターで、一度はこの景色、見たことがあるはず…。

イメージ 1

この希少な泥湯の、足元自噴の名湯、「すずめの湯」

イメージ 12

日中は立ち寄り客も多く、古くから名湯の証の混浴のこの泥湯、
なかなかせわしなさがあるのですが、夕食後の静かなこの雰囲気…。

イメージ 16

ふつふつと、湧き上がる泡ぼこを眺めながら…

イメージ 17

ただ、深い闇と湯のさざめく音と、春雨の音だけが響く…。
この写真を見て、しばらくぶりに記憶の底から思いだせました。

素敵な風情です。。

開放的なこの露天風呂のすぐ脇には、脱衣所を兼ねた小さな内湯があります。

イメージ 14

イメージ 13

イメージ 15

そんな、古き良き時代の雰囲気を漂わせる、このいにしえからの名湯清風荘も、
なんとお夕飯にはこんな素敵なフレンチがいただけるコースもあります!

          名付けて「御座敷フレンチ」
イメージ 18

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
チーズをこんなにそろえているところも、かなり素晴らしいです☆

イメージ 10

イメージ 11

実は、随分前にも御座敷フレンチをいただいたのですが
(その時は座布団に着席)、
 ★2007年12月に連泊したときの記録→http://blogs.yahoo.co.jp/masumi_january7/52450414.html

そのときよりも遥かにレベルが上がっておりました◎
時を止めた名湯の泥湯と、進化する御座敷フレンチ。

なかなかの、コラボレーションと思います。。


名湯泥湯「すずめの湯」、朝の風景はこんな感じ♨
(全景)
イメージ 20

イメージ 19

イメージ 21

夜の雰囲気も良いですが、
朝もまたすがすがしいものがあります。

朝食は、曲水庵という、ちょっと変わった仕掛けのある御食事処にて~

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

水路があって、
イメージ 25

そこにこんな風に、どんぶらこ♪と流れて来ます。
イメージ 26

やはり何回見ても面白い。。

以前は、アヒル隊長ゆるり~を流して遊んでましたっけ(笑)



季節がら、管内にはかなりの年代物と思われるお雛様も飾ってありました。

イメージ 27

あ、この御座敷フレンチですが、実はランチでもいただけるようになったみたいです。
イメージ 28

また、敷地内は名湯すずめの湯のほか、温泉がたくさん!!

面白いところでは、「仇討の湯」なるものも。
(女性のお風呂から、男性のお風呂が覗けてしまうという、遊び心!?溢れたネーミング…)

また、ここの内湯(家族風呂)も結構好きな作りで、
泊っているときは夜な夜なよく浸かりに行ったものです。

下の図で、青く塗ってあるところが温泉。
(仇討の湯は一番右上にあるところです♨)
イメージ 30

本当にたくさんの源泉、たくさんの湯舟がありますので、
心行くまで楽しめると思います。

そうそう、すぐお近くの、垂玉温泉山口旅館へは、実は日帰りでチケットがもらえてしまいます。
(山口温泉に泊まると、逆に清風荘への日帰りチケットがもらえるようです)

イメージ 31
ご近所どおし、仲が良いのはいいですね!

日帰り入浴は、当日の夜9時まで受け付けてくださいます。
九州温泉道で回られている方はぜひ、お見逃しなく~!

すずめの湯、たまにお掃除で入れないときがあるようです、ご注意。。
イメージ 29

【清風荘HP】→http://jigoku-onsen.co.jp/

(2011.3.20.訪問です)
雰囲気★★★
お風呂★★★★  源泉温度41.3度(ぬる湯)、47.1度(あつ湯)
             泉質:単純酸性硫黄温泉 pH2.6~2.9 成分総計 不明 
お食事★★★★
お値段★★★
総 合★★★★

(分析表)※すずめの湯のみ掲載します。
イメージ 32