** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

湯宿 元河原湯*山形県肘折温泉

積雪4メートル近くにもなる、日本一の豪雪地帯、
山形県肘折(ひじおり)温泉

イメージ 30

3月中旬に訪れましたが、まだまだうず高いままの雪の壁。
2012年、今年は例年より雪が多いそうです。。

なぜにこの雪国・肘折温泉へ~??

それは、ここでしかやっていないご当地検定
スパリエ・インストラクターの講習を受けにやってきたのです。
イメージ 32
※今回は、岩手の湯友まりあっちさんがセッティングしてくださいました、
まりあっちさん、ありがとうございます☆

今回、宿泊先に選んだ湯宿『元河原湯』
イメージ 1

肘折温泉で提灯のお宿といえば、『丸屋旅館』さんが有名ですが、
イメージ 31

実は今回は丸屋さんがいっぱいだったので、元河原湯さんに~
イメージ 7

イメージ 8

でも! 結論から言ったら、二重丸でした◎

本当は一人泊の予定だったのですが、京都からよねさんも参加いただき、
二人で(お部屋はシングル別々ですが^^;)泊ることに~

イメージ 9
広くて清潔感溢れる綺麗な食事処。
イメージ 10

おひとり様用に、ちゃーんとむこうにカウンター席も用意されているのもヒット◎
(ひとり旅プランも受け入れているお宿です)
イメージ 11

お夕飯も、想像以上によい感じで~♥
イメージ 12

イメージ 13  イメージ 14

イメージ 2  イメージ 3

イメージ 4  

お肉はもちろん、山形牛~♪
イメージ 5  イメージ 6

山形は蕎麦も有名ですよね。
イメージ 15  イメージ 16

みそおにぎり。香ばしく焼いていただくとなお美味しさも増します◎
イメージ 26  イメージ 35

イメージ 36
ん? 椎茸の登場回数が多くないか…??
…と思ったアナタ、正解です(笑)

実は新庄駅で、まりあっちさんがゲットしてくれた、美味しそうな地物椎茸!
これを一袋頂戴したものですから…
イメージ 37
美味しいうちにいただいちゃいましょう♪と~

そのまま炭火で焼くなり~、すき焼きに入れるなり~で、
美味しい椎茸、たくさんいただいてしまいました。
まりあっちさん、ごちそうさまです♥

元河原湯にて、よねさんとの水入らず?のお夕飯をいただいたのち、
向かったのは、湯友さんたちが宿泊されているお宿。
(もちろん、先方の宿主さんにお断りしたうえで~)
イメージ 38
3月上旬とは言え、雪国にとってはまだまだ冬。
雪も、しんしんと降り積みます。。

お宿では~、岩手うまいもんぱーちーの続編として、
山形うまいもんぱーちーが開催中☆

あれ? でも地酒は日本全国あちらこちらからですね(笑)
イメージ 39

しばしひととき楽しき会話と楽しきお酒をいただいたのち、
お宿へ戻ります。
イメージ 33



元河原湯さんの大浴場。
イメージ 17
笹濁りな感じがまたたまりません♨

元河原湯源泉と組合3号泉、4号泉をブレンドし、42度の適温で供しています。
炭酸水素塩泉ならではの、水の粒が、湯面を滑って行くのがわかります。
イメージ 40

「はじめての温泉地なら、秘湯を守る会加入の宿に泊まれば間違いない」

経験値からずっとそう思ってはきましたが、
こちら、肘折温泉もしかり。

このお値段設定でこの快適さ&お湯とお料理、
文句なしに良かったです◎


翌朝の食事処。
イメージ 18
昨晩と同じ囲炉裏端でいただきます。

山形の美味しいお米はつや姫
イメージ 19

イメージ 22  イメージ 20

(左)温泉地で温泉玉子はベタですが、やっぱりあると嬉しい♥
イメージ 21  イメージ 23
(右)朝搗きたてという、お餅もだしてくださいました◎

これが、貸切風呂かわら湯。
イメージ 24
元河原湯源泉100%のぬるめの信楽焼の湯舟(貸切、予約制)です♨

↓これが、予約札ですね~
イメージ 25

出発まで時間があるので、
お宿でまったりのんびりを決め込み、
13時までレイトチェックアウト(もちろん若干別料金掛かります)、
&銘水栃の井で入れていただいた珈琲をいただきます。

イメージ 27

イメージ 28

くしくもこの日は3月11日。
震災から1年後の当日を、東北の山形で迎えられたのも何かのご縁かな…

午後2:45を、新庄駅行きのバスの中で迎えました。
心から、黙祷を。

イメージ 29

肘折温泉全景。帰りのバスの窓からこの景色が見えます。
イメージ 34

なんか、東北に行かないと、やっぱり落ち着かないな…
いい温泉いっぱいあるし、いい笑顔のひとたちがたくさん待ってるし。

そろそろ、ぼちぼち、東北湯旅を再開いたします^^

【湯宿 元河原湯HP】→http://www.irori.in/

(2012.3.10宿泊です)
雰囲気★★★  
お風呂★★★    ※元河原湯源泉のデータを記載 源泉温度38.1度 
               泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 pH6.3 成分総計1,539mg/kg
             ※詳細はHPに掲載あり→http://www.irori.in/hotspa/ 
お食事★★★★
お値段★★★★   確か1万円前半台、一人部屋使用
総 合★★★★