** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

山里の宿おりはし旅館*鹿児島県霧島市妙見温泉

鹿児島空港からバス、またはタクシーでも15分の距離に、
この秘湯があります。

イメージ 24
山里の宿おりはし旅館

もう何度訪問しただろう…??
3連泊したこともあるから、恐らく、8~10泊くらい??

直近でお邪魔したのは、昨年の7月、
温泉ソムリエ友の深雪さん、まゆさん、はむさん、
そして郡司さんと九州温泉道のハイライトで~
イメージ 1

イメージ 20

こちらのお宿の名物は、もちろんこの翡翠色の露天風呂、
も、そうですが、
このキズ湯(別源泉です)、これが名湯なのです♨
イメージ 2

おりはし旅館さん、立ち寄り湯も可能ですが、
先ほどの露天風呂と、梅の湯だけが入浴可能。

このキズ湯に浸かるには、泊るしかありません。
イメージ 4

茶色い埃(ほこり)のような湯の花と、泡付きぬる湯!
イメージ 5
源泉温度は33度、
キズ湯で私はぬる湯を覚えました(笑)
イメージ 6

33度くらいだと、足を入れても冷たくもなく、
一般的に不感温度は36~37度と言われますが、
私には、このあたりがちょうどいいmy不感温度のような気がします♨

ぬるくて冷えすぎても、すぐ隣に別源泉竹の湯があるのであったまれます◎
イメージ 3
そう、実はこの(左)キズ湯、(右)竹の湯の間に温泉が掛け流されているのですが、
ここで、トドったことがありますw また、これが、たまらないんですよね~。。

イメージ 8

今回泊らせていただいたのは、この事務所の真上、本館のお部屋。
イメージ 7

イメージ 9
ああ、この雰囲気。。

実は私がいつも宿泊をお願いするときは、
本館にはお部屋がふたつしかないのですが、こっちではなく、
奥の小さめのお部屋のほうをお願いするのです。

この廊下の向こう…
イメージ 10

こちらのお部屋、とてものんびりできて、居心地がよいのです◎
本を読んだり、絵葉書を書いたり、
肌寒くなったら温泉に浸かりに行ったり、眠くなったらごろ寝してみたり…
イメージ 11
(この写真の時期は12月なので、こたつが出ていますね)

空気感、というか、時間の流れ、とも言うべきか、
まさに心地よい濃度・流れなんですよね。。


そんな、おりはし旅館さんのお夕飯はシンプル。
イメージ 13

何はともあれ、旅の無事と九州温泉道泉人達成を目指して、
乾杯♪
イメージ 14
右手前の透明なグラス、お水かな? サイダーかな??
これは、はむさん♪

イメージ 12

季節によっては、鹿児島名物のガネ(サツマイモの天ぷら)や、うずらの焼き物、
鰻のかば焼きなどが出てきます。

特に長旅に出るようなときは、こんなシンプルなお料理が、
本当に嬉しいものです◎

イメージ 15

夜ももちろん、名湯へ~♨

イメージ 16

あ、この日のスペシャルドリンクは、
芋焼酎湯之元高濃度炭酸泉割(笑)
イメージ 17

このスペシャルドリンクを皆で楽しみながら、
地図を広げながら、
おりはし旅館本館2階の夜は更け…

翌朝。
イメージ 18

イメージ 19

今日は綺麗な翡翠(ひすい)色。

これは温泉に含まれる鉄分が作用して、
茶色くなったり、緑色になったりするのだそうですね。



朝ごはんもシンプル。
イメージ 21

さて、お支度したら、出かけますか~
九州温泉道のつづきへ~♨

イメージ 22

イメージ 23

【山里の宿おりはし旅館HP】→http://www.orihashi.co.jp/