** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

■青森名湯秘湯入り倒しの旅!■2日目:蔦温泉→温川温泉→某所→鯖石温泉→100円温泉→新屋温泉→田舎館村老人憩いの家→梅沢温泉→金太郎温泉(休業中)→広田温泉→板柳温泉→掛落林温泉あすなろ温泉旅館

※文章詳細追加、リンク先追加しました♪(2013.5.11)

一日目からのつづき)

名湯蔦(つた)温泉の朝を迎え、
イメージ 1
例にもれず、早起きをして朝風呂に浸かり~。。

旅行に出ると、規則正しい健全な生活に戻るワタシですw

朝食会場からは、ご覧のとおりの雪山。
さすが、青森・八甲田です。。
イメージ 2

さて、この日は温泉ソムリエ友のぬまさんが合流してくださることに~♪
ぬまさんとは、昨年11/4のたつみ荘さんBBQ以来かな?

そしていよいよ、ここから、自主的「温泉マラソン※のスタート!!
「温泉マラソンは、温泉ソムリエSAMさん登録商標ですw

青森名湯秘湯5湯目:温川(ぬるかわ)温泉
イメージ 3

イメージ 4

いいですね~♪ この木の板感♪♪

ちょうど男湯は内湯の調子が悪いみたいで、露天風呂へと案内されてましたが、
休憩所?から露天風呂が丸見えだと言うことは、内緒にしておきましょう~^^;
(注:覗いておりません^^;)

青森名湯秘湯6湯目:O町某所
イメージ 5  イメージ 6

最近、共同浴場として開放されたジモ泉とのこと~♪
このカワイイ絵もなんとも言えずユニーク!
ありがたく、浸からせていただきましたm(__)m

そしてお昼は、「ツガチュー!」こと、ザ・津軽の中華そばを~♪

『いこい食堂』@大鰐温泉
イメージ 7
名物大鰐温泉もやしラーメンをいただきました◎
煮干し出汁&細縮れ麺&細長大鰐温泉もやし(これがまた洗練されてる!)、
これぞ津軽の中華そば、「ツガチュー!」


青森名湯秘湯7湯目…のはずが、毎週金曜日は定休日につき、
この、ふくろうのトーテムポールと、
イメージ 8

鯖石(さばいし)温泉の看板を拝見しに…
イメージ 21
「金曜日、定休日か~! しまったぁ~!!」なおふたり♪

そしてなんと! この雨降る駐車場で、
ぎんさんご夫婦に再会!!

2011年11月、奥会津たつみ荘さんでお会いして以来の久方ぶり~♪

ぎんさんたちはお友達のキャンピングカーで、
私たちは、ぬまさんの岩手№の車で、
駐車場に滑り込んでいったときには、ぎんさんたち、
「あ、また湯ヲタが来たw」みたいな(笑)

そして岩手№の車から出てきたのが私で、慌ててお声を掛けて下さったらしく…(笑)

ありがとうございます☆
久方ぶりにお会いできて、嬉しかったです♪♪
次回はぜひ、BBQ@たつみ荘さんにて~(笑)

青森名湯秘湯7湯目7:工藤重組(100円温泉) 通称:クドジュー
いやはや、こちらも大変混みあっておりました…♨

イメージ 9

謎な青森弁は、何度聞いても解釈できずw
笑顔とゼスチャーで乗り切った100円温泉(笑)
イメージ 22

お湯はモール独特の、薄紅茶色♨
ちょっとお湯が劣化していたのが心残りかな~
朝一で訪問&満喫、してみたい。。

青森名湯秘湯8湯目:日本一の温泉銭湯、新屋(あらや)温泉

イメージ 10

昔の画像ですが、この素晴らしきエメラルドグリーンを一目お見せしたい…♥
イメージ 13
(注:2010年5月の画像です)

ARUGAさん曰く、
「香りは芳しいのに、飲んでみるとまるでミネラルウォーターのように癖がない!」と。

確かに、その通り。

やはりよいです、この銭湯な雰囲気&このエメラルドグリーン!
素晴らしいとしかいいようのない温泉、
何度訪問しても飽き足りません♪
(今回で、4回目くらいの訪問です♨)

青森秘湯名湯8湯目:田舎館村老人憩いの家
諦めていたこちらの温泉…
イメージ 14
無事営業なさっておりました!! それもこのドバドバ流出付きで~♪
さすが、青森。。

青森名湯秘湯9湯目:梅沢温泉
イメージ 15  イメージ 16
モールの黒い色、そして埃のような湯の花!
梅沢温泉、宿泊はかなり格安みたい…びっくりです(*_*)

カエルちゃんは温度計。
44度を指すそのお湯は、体感温度はもう少し上だったような…
綿埃のような湯の花がもわっと広がる、しょっぱモール泉でした♨

青森名湯秘湯10湯目:金太郎温泉(休業中)

なんと…源泉の調子が悪い?とかで、現在休業中。
秋にもう一度、掘り返す予定だとか…

イメージ 17  イメージ 18

青森名湯秘湯10湯目:広田温泉
イメージ 19

寺宝温泉のような、綺麗な茶色のモール!

奥に27度の源泉が滔々と溢れており、
これまたいい感じですね~♪
沸かしもあり、そして冷たい源泉もあり。
これ、最高です◎

そして、お味は出汁味w
今晩のお夕食のお吸い物に出したいくらいです(笑)

ここ、家族湯がありますね♪
R氏と来た時にはゆっくり入れそうです~♪

青森名湯秘湯11湯目:板柳温泉(公衆浴場のほう)
残念ながら旅館部は既に閉館の模様…
イメージ 20
残念です、シドさんがお薦めしてくださっていたのに…

公衆浴場のほうは、これまた、ザ・共同浴場な雰囲気で、
ご主人?(女将さんかな??)が認めた色紙の一筆がずらり。
記念に収めて来たかったのですが、お客様多数につき、収められず。

カエル状に足を延ばすと、ふわっと浮くほどの塩分多めの温泉♨

青森名湯秘湯12湯目:掛落林温泉あすなろ温泉旅館
そして、今晩のお宿がこちら、
かなりマニアックですw

こちらの温泉は…所謂「アブラ臭」で有名!
あまり期待はしていなかったのですが、お部屋に付いているお風呂に源泉を流し込んでいただき…
いやはや、中毒になりそうなくらいハマりました(笑)

イメージ 11

このアブラ臭がタマラナイ~♪♪と言う時点で、
多分私たちは立派な湯ヲタ(笑)

なんと言うか…今まで嗅いだアブラ臭のなかで、
一番いい匂い!
部屋に居て匂いが薄れてくると、
浴室ドアを開け、新たに匂いを充満させ~(笑)

そんなことを繰り返しながら、
翌日からの引き続いての温泉マラソンに備え、東日本地図を片目に、
地酒『田酒』をいただきながら、掛落林温泉の夜を過ごす…。
イメージ 12

それにしても、恐るべし、東北・青森。。

三日目につづく)

【湯川山荘紹介サイト:日本秘湯を守る会HP】→http://www.hitou.or.jp/hymbrrsv/hymbr_pg01.html?yc=an013
【鯖石温泉紹介サイト:DanRonの戦湯服湯巡り】→http://blog.livedoor.jp/danron/archives/6316707.html
【工藤重組(100円温泉)紹介サイト:はしご湯のすすめ】→http://www.geocities.jp/oyu_web/t625.html
【新屋温泉HP】→http://www.ne.jp/asahi/araya/onsen/
【老人憩いの家紹介サイト:シドの温泉日記♪】→http://blog.livedoor.jp/mohisid/archives/51408601.html
【梅沢温泉紹介サイト:はしご湯のすすめ】→http://www.geocities.jp/oyu_web/t1033.html
【金太郎温泉紹介サイト:シドの温泉日記♪】→http://blog.livedoor.jp/mohisid/archives/51270749.html
【広田温泉紹介サイト:はしご湯のすすめ】→http://www.geocities.jp/oyu_web/t705.html
【板柳温泉紹介サイト:温泉備忘録】→http://jake.cc/onsen/aomori/itayanagi-ita/itayanagi-ita.html
【掛落林温泉あすなろ温泉旅館HP】→http://asunaro-onsen.jp/