** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◆鳴子弔い旅◆1日目:東京→古川→鳴子温泉

2013年7月3日、
私の親戚のなかでも誕生日が3人もいるという、この日。
静かに安らかに、この世から旅立って行った方がいらっしゃいます。

その名は、ぽちさん。

自身を「オイラ」と呼び、自らのHNを「野犬ぽち」とし、
洒落?でいつも男湯の写真をブログ写真に上げていた(笑)、そんな彼女。

5月連休明けに再び入院されたことを、ある方からお聞きし、
先が半年と。。

私自身は2010年の寒い鳴子の冬に聴かされていた話…

「masumiさん、オイラが居なくなっても鳴子に遊びにきてなー」

まさか冗談だろう、と思って、本気にしてませんでした。
本気にしたくなかったし…

それからずっと、大丈夫、大丈夫、と思っていた私も迂闊だったと言えばそれまでだけど、
入院されたと聞き、お見舞いに行こう、
私でも、何か彼女のためにできることがあるはず…

そう思って、決めていた、この三連休の鳴子旅でした。

私自身もこの頃、ちょうどなにかとバタバタしており、
訃報を聞いたのは7/5(金)の朝。
一瞬、行くのをやめようか、お宿をキャンセルしようか、と思いましたが・・・

「masumiさん、オイラが居なくなっても鳴子に遊びにきてなー」

行こう、鳴子へ。

*****

2013年7月14日(日)、世で言う連休のなか日。

うだるような暑さの東京を抜けだし、
およそ一年ぶり… 昨年ぽちさんとみやまさんに泊まったぶりの鳴子へ~

イメージ 1

新幹線では案の定爆睡。。
いつもは仙台で降りて、ぽちさんに乗っけて貰って、鳴子までドライブしながら行くのだけど、
この日は、なんせひとりだから自力で行かないと、ね。

仙台駅の次の新幹線駅の古川まで。
そこから、陸羽東線に乗り換えて、片道40分くらい??
鳴子温泉駅に到着します。
イメージ 10
一応朝の8時頃家を出てきたから、着いたのはちょうどお昼前。

とりあえず…お昼でも頂きましょうか。
イメージ 11
駅前の『ふじや』さんの冷しおろし蕎麦。
天麩羅揚げたてサクサク、おじまやのラジウム温泉玉子付き、
冬でもこの冷しメニューがあるのが気にって、結構使わせて貰っています。

2010年?の温泉マラソンの時には、SAMさんたちとのお昼ごはん場所にもさせていただきました^^

さて。
とりあえずお宿に荷物を置いてきますか~

てくてくお宿の方へ歩き始めると…
なんだ、鳴子はまだ、紫陽花の季節なんだ。。
イメージ 16

イメージ 17

向こうに見えるのは『農民の家』
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 2

イメージ 3

そして、踏切近くに居たわんこ。
イメージ 8

なんだか癒されますね~。。

駅からすぐ歩いて行ける、湯治宿の『東川原湯さん。
姥の湯旅館さんのすぐお隣でもあります。
イメージ 15  イメージ 4
こちらは源泉が二種。(左)芒硝泉、(右)硫黄泉

イメージ 5

今回のこちらのお宿のプラン、なんとc/i12時、c/o12時(笑)
なんと言う~! 豪華旅館でも出来かねるこの時間設定w

お荷物を置かせていただいて、
ひと風呂浴びせていただいて、
そして部屋のお布団にごろんと横になる。

静か。涼しい。ひとり。夢ごこち。。

30分ほど寝入ったあとにふと目覚め、美味しい珈琲を飲みに行く。

『たまごや』さん。
イメージ 6

マザー! コーヒー&シュークリーム シルブプレ!」が、ぽちさんのお決まりの口癖(笑)
何でフレンチなのか…私もワカリマセン^^;

イメージ 7

たまごやさんのご主人と、奥さんと、
もちろん、ぽちさんの話を~。。

最後、お葬式にも行ってくださったのだそう。。
「最後は、眠るように亡くなったんですって」
ぽちさんのお母さんからお聞きした、と…

美味しいアイスコーヒーをお代わりして、約2時間。

鳴子に来ようと決めたときに、
なんだかふと、ぽちさんの写真があったかな…??と探し始め、
気づいたら、何気なく撮った写真が結構。

たまごやさんへお持ちしたところ、
「写真がないねー、ってちょうど話をしてたのよ。。」と。

今度たまごやさんに行かれたら、探してみてください、
「いつもどおりな」ぽちさんの写真が飾ってありますので^^


さて。東鳴子まで移動するには、JRで鳴子温泉鳴子御殿湯駅へ。
イメージ 12
大体、一時間に一本なのかな?
イメージ 9
約、3分?で到着です。

いつもの『焼肉八兆』さんに行ったら~
(この日はひとり弔い焼肉だったのでひとりで予約を~)
空いているのはカウンター1席のみ。

そして、お隣にはなぜかたつみ荘さんでお世話になる杉山隊長!!
「えっ? えーっ?? 隊長、なんでココに??」

まぁ、隊長のコトですから(笑)
結構あちこち神出鬼没なので、別に今更驚きはしないのですが、
なんと昨年、ぽちさんとゆき湯巡りを一緒にされたのだとか~

隊長のお車で、甲斐犬マルちゃんともすぐ仲良しになって、
ゆき湯桶をゲットされたのだとか~。。

繋がってたんですね、ぽちさん。

そして、カウンターお隣の仲良しカップルさんが頼まれたいたこちらのお肉、
「あれ! あれが食べたいです…!」とマスターに目で合図するも、
なんだかニヤニヤ!?
イメージ 14

おかしいなぁ~?と思いつつも、
「あ!そうだ! マスター。 そう言えば私、Hさんたちに連絡取らなかったんですよ~。。」

そう切り出したとたん、お隣さんもマスターも爆笑。

なんと、お隣さんは、そのHさんご夫妻でした◎
なんと言う…。。

結局この日は、マスターとじんくん、そして杉山隊長とHさんご夫妻、みなで一緒に
ぽちさんに献杯をすることに…

イメージ 13

*****

献杯を。


あなたの愛した鳴子、あなたを愛した鳴子の人たち、
そしてあなたを大好きな湯友と共に。

イメージ 20

イメージ 21

ぽちさん、心からありがとう。

そして、安らかに。


鳴子は今、きれいな涙雨です。


*****

2日目につづく)