** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

■さつま湯旅アドベンチャー!■2日目:三島行きフェリーターミナル→竹島→薩摩硫黄島上陸!

(1日目からのつづき)

鹿児島の朝は…煙い。
桜島がどっかんどっかん。

なんて言うんでしょう、粉じん?の荒いのが降り注ぐ…
所謂、「火山灰」ってヤツですね。。
こりゃやってられん!と慌ててコンビニに飛びこんで、マスク購入~(笑)
イメージ 2  イメージ 3
オレオレ詐欺ではありません(笑)

鹿児島からフェリーと言えば、種子島屋久島が有名。
イメージ 1

でも今回は…
みしま旅客待合所に集合~
イメージ 5

往復で二等@7,200円のチケットを4人分握りしめ、
いざ、乗船!
イメージ 43

イメージ 6
向こうに見えるは桜島~ 噴煙出して、絶賛熱烈大歓迎中です☆

桜島の風下から逃れ、船は錦江湾(きんこうわん)を下り~
イメージ 4

途中、竹島なるものに立ち寄り、
ひとり、ちょっと上陸してみた西瓜さん。
イメージ 7
↑手のり西瓜さん♪

昨晩『どさんこにぎり』で買って置いた、
魚沼産こしひかりのおにぎりをランチにいただき~
イメージ 8

いよいよ、この島に入港!!
イメージ 9
あれ? 向こうが茶色いですね~??
イメージ 10
茶色がどんどん近付いてきます。
近づくにつれ、歓迎のジャンベ(太鼓)の音も聞こえてきます…
イメージ 11
実はこの茶色の海は、温泉!!

そう、ついにやってきました、薩摩硫黄島…!!
イメージ 12

随分前に、TVの特番で見て、
行ってみたいな―と思いつつ、ハードル高しと思っていたのですが、
今回、行っちゃいました!(笑)

今宵お世話になるのは、『島宿ほんだ』さん。
先人湯達入郎さんのお薦め☆)
イメージ 13  イメージ 32

こちらで予めお願いしていた軽乗用車をお借りし~
イメージ 26

まずは、潮が満ちないうちに、『坂本温泉』!
イメージ 14

そして、こちらは満ち潮既に多し、『大谷(ウータン)温泉』
イメージ 15

『平家城展望台』
あれに見えるが『穴の浜温泉(けつのはまおんせん)ですね~。。
イメージ 23

ここ、平家城には、俊寛と言うものがあり…
風がびゅーびゅー激しかったので、そこに置き忘れられていた、
お帽子をかぶせてあげました…

イメージ 24
「…。」

背後に、硫黄岳。
あちこちから煙ともくもく&硫黄の黄色
イメージ 25

そして、順調に、
『穴(ケツ)の浜温泉』
…にはたどり着けないけど、穴の浜遊歩道。
イメージ 21

海は綺麗。だけど、時に荒波。
イメージ 20

イメージ 16

風は強かったけど、ひろきんさんのゴムサンダルをホルダーにして、
みんなで撮った一枚♪
イメージ 22

そして…
これが薩摩硫黄島の代名詞、
『東(ひがし)温泉』!!
イメージ 17

ここは日本!?と思うような、
一度見たら忘れられないこのシチュエーション。

まさに波打ち際で、しぶきを上げる荒波を感じつつ、
すっぱい緑の温泉に浸かる…
イメージ 18  イメージ 19
この酸っぱさ、毒沢とおんなじですね!? 私は大好きな味です♥


こりゃもう、最高ですよ…
最高ついでに、海に向かってみんなで仁王立ち写真(笑)
いや~、よかよか♨
やはり最高です、東温泉!!
イメージ 27

実はこの東温泉から坂本温泉、穴の浜温泉は、ものの数キロ以内に位置し、
移動するのも車なら数分!

綺麗な海を見ながらのドライブも快適ですし、言うことなし~♪
イメージ 31
硫黄島は既に半そででOK!
もはや、「ボクらの夏休み」満喫状態(笑)

お宿へ戻りがてら、フェリーから見えた、あの茶色の海へ!
イメージ 28

イメージ 33

果敢な男子二人組は、シンクロナイズドスイミングをするかのように、
この茶色の海へ~(笑)
イメージ 29

そんな茶色のお湯は、お隣の『三島開発総合センター』で流します。
こちらは、MTMMのお湯♨
イメージ 30

この無色透明のお湯に触れたときに、
なんだか無性に、「お湯に癖がないって、ある意味幸せなことなんだなぁ」と実感…
別府のお湯が、毎日使うには不自由ない無色透明だったりするのと同じかなぁ…
あれが色つきだったら…多分結構つらいもんね…

そんなことを考えながら、数十メートルの距離の、お宿に戻り。

18時からお夕飯♪
イメージ 34  イメージ 35
正直、期待していなかったのです(スミマセン…)、
でも地のものがたくさんで嬉しい!&美味しい♥

大名筍、絶妙な炒め具合。
イメージ 36

サラダの上に乗っているのは、はまだい。
このドレッシングも美味しかったなぁ…
イメージ 37

郷に入れば郷に従え(笑)、芋焼酎「さつま島美人」を~♪
イメージ 39  イメージ 38

イメージ 40

お部屋での二次会では、
ちょうど「良い風呂」の日、テルマエ・ロマエⅠ』を見ながら、
あさひ山の米菓をつまみに~♪
イメージ 41

そして、4/10生まれのひろきんさんのお誕生日祝いも♪
おーっ! いい食べっぷりだぁー(笑)
イメージ 44  イメージ 42

そんなかんなで、楽しく島宿の夜は更け…

3日目につづく)

【みしまフェリー(5月の運行)】→http://mishimamura.com/wp-content/uploads/2014/03/yotei201405.pdf
【久保田のあさひ山(米菓)HP】→http://www.asahiyama-shop.com/hpgen/HPB/entries/5.html

硫黄島温泉の詳細は、別記事にして近々掲載しますm(__)m