** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

地酒王国にいがた☆越乃Shu*Kuraで飲み鉄旅♪1日目:東京駅→越後湯沢駅→十日町駅:越乃Shu*Kura→高田駅→妙高高原赤倉温泉『七つの扉』

 
 
「地酒王国にいがた」…
 
毎年3月第三週には、日本酒版オクトーバーフェストともいわれる、
「にいがた酒の陣」で10万人の飲兵衛を相手に仕切りまくり、
県内酒蔵数も全国№1を誇る、名実ともに地酒王国新潟。
 
その新潟がっ!
 
やってしまいました、日本酒列車(笑)
イメージ 1
 
新潟ディスティネーションキャンペーン(新潟DC)の一環とのことで、
期限付きの企画列車。
 
Shu*Kuraの「Shu」は酒、「Kura」は酒蔵の蔵、
そして「*」は米・雪・花をイメージしているのだそう~♪
 
そう、その期間限定イベント列車に乗るために、
東京駅→越後湯沢駅→始発の十日町駅まで。
 
イメージ 2
 
越後湯沢で昼前に降りたら、
外しちゃいけない、『紅葉(こうよう)寿司』!
 
イメージ 3
 
冬は「おまかせコース」もお品書きに出ているらしいけど、
今の時期は本当はないみたい。
 
そこを特別に…大将が注文を受けて下さいました^^
(ありがとうございます!)
 
お寿司が出てくるまで、まずは『緑川』、魚沼の銘酒です◎
イメージ 5  イメージ 4
 
ほどなく登場したお寿司。
イメージ 6  イメージ 7
ノドグロ、金目、柳がれい、穴子…
 
3名でテーブル席だったので、お寿司はまとめて出してくださいました^^
3人分も並ぶと、圧巻ですね!
 
次のお酒は、『鶴齢(かくれい)』
『八海山の魚沼で候』←これは地元流通だけみたい、確かにほかで見たことがないです。
 
イメージ 8
まだお昼で、外は明るいと言うのに(笑)、
暖簾をくぐって出てきた気分は、吉田類の酒場放浪記w
 
「あと、もう一軒…」なんて言ってると一時間に一本しかない電車に乗り遅れるので(笑)、
そこは越後湯沢駅まで大人しく引き返し。
 
そうそう、もるとゆさんが「大人買いした!」とつぶやいてた、
コップのフチ子さんに、土産物コーナーで遭遇!!
イメージ 9  イメージ 10
 
中身は何が入っているか分からないので、
とりあえず人数分を購入し、Shu*Kuraの中で明けることに~♪
 
イメージ 11
 
十日町駅にて、これが『越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)』
意外とシンプルなフェイス。
プレートがあればまたお洒落なのにな―
 
イメージ 12
この、「藍下黒(あいしたくろ)」と言う黒に近い青。
いい色ですね^^
 
十日町駅から乗ると、ほどなくしてウェルカムドリンクのサービスと、
おつまみセットが配られます◎
 
あ、上善如水は、越後湯沢駅ぽんしゅ館斜め前の酒屋さんで買って、持ち込みですw
イメージ 13
これが一人前のセット☆
イメージ 14
Shu*Kura限定醸造の、君の井さんのお酒がブルーボトルの。
イメージ 15
純米大吟醸ですよ^^
 
お隣、長者盛は今日の一本。(本醸造)
 
これとは別に、振る舞い酒もあったり、
利き酒コーナーもあったりするので、
かなーり飲めます(笑)
 
イメージ 16
この日の利き酒は以下の5種。
 
■大吟醸 朝日山 萬壽盃 @長岡市 朝日酒造
■純米吟醸 鶴齢 @南魚沼市 青木酒造
■特別純米酒 松乃井 @十日町市 松乃井酒造場
■本醸造 きりんざんブラック @阿賀町 麒麟山酒造
■特別本醸造 吟田川(ちびたがわ) @上越市 代々菊酒造
 
上り下りや、季節によって違うみたいですね。
 
さて、新潟ならではの「飲み鉄」のスタート(笑)
桃のリキュール(日本酒ベース)の乾杯酒で、乾杯☆
イメージ 17
あ、この旅のメンバーは、西瓜さん、りえさん、ARUGAさん(十日町から)
 
そうそう、ここでフチ子ちゃんもオープン!(笑)
イメージ 18
足湯のフチ子(オレンジタオルバージョン)、ホロ酔いフチ子×2、団扇のフチ子
なんとまぁ、いろいろあるんですね(笑)
 
14:48に十日町を出発して、最終目的地の高田駅到着18:13まで、約3時間の旅。
 
この日は、JAZZの生演奏、オリジナル美容液体験、
イメージ 19
 
途中、海辺に一番近い駅?の青海川駅でのゆるキャラ『えちゴン』のお出迎え、
(多分、柏崎市のお偉い方々も…^^;)
イメージ 21  イメージ 20
あいにく、青い海に夕陽、と言うわけにはいかず~
でも、これがホントの日本海の色(笑) 演歌ですね、ハイ◎
 
停車駅にはこんなモニュメントが必ず置いてあった模様。
イメージ 22
漏れなく、撮影ポイントですね(笑)
 
イメージ 30
 
途中、直江津の駅で、憧れのトワイライト・エクスプレス号に遭遇!
イメージ 23
これ、絶対乗ってみたいんですよね…
 
終着駅の高田駅。
外観がこんなレトロな感じとは、知らなかった~
ステンドグラスも、綺麗でしたよ☆
 
イメージ 24
 
高田駅から、今晩のお宿のある妙高高原駅を目指します。
途中、漏れなく?飲み鉄な私たちは、エチゴビールで乾杯☆
イメージ 25
そして、今晩のお宿へは妙高高原駅から送迎バスにて、
赤倉温泉まで。
 
『七つの扉』
イメージ 26
 
Shu*Kuraで高田駅に到着するのがすでに18時過ぎ。
そこから妙高までは電車で40分ほど。
お宿の方にはご無理を聞いていただき、
20:30からの夕食スタート。
イメージ 28
アワビやら、蟹やらが付く、ゴージャスなコースにグレードアップしてくれてましたよ…
きっと、ARUGA氏のおかげですね^^♪
 
新潟に来て、ようやく1湯目♨
 
素敵な貸切家族風呂にまず入らせていただき~
大浴場は夜中2時くらい(笑)に、独泉♨
イメージ 27  イメージ 29
硫酸塩・炭酸水素塩泉
あ”~、やっぱり温泉はいいなぁ~♨
 
新潟は、お酒も温泉も、たくさんあるんですよ~。。
二日目は、いざ、温泉めぐりへ~♨♨♨
 
2日目につづく)
 
【紅葉寿司紹介サイト:食べログ】→http://tabelog.com/niigata/A1504/A150404/15009079/
【JR東日本:越乃Shu*Kura特設サイト】→http://www.jrniigata.co.jp/koshinoshukura/
【ホテル秀山 七つの扉HP】→http://www.shuzan.co.jp/