** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

信州松本家族旅♨1日目:新宿(あずさ号)→松本→白骨温泉『つりばしの宿 山水観湯川荘』

 
暑い夏のさなかに行くのなら、絶対避暑地!
 
そう思って、縁あって松本へ集合することになった今回は、
高原の白骨温泉を宿泊地に選びました◎
 
「白骨」は、「はっこつ」ではなく「しらほね」と読みます^^
その昔、ちょっと世間を騒がした温泉地でもありますが、
白骨温泉は、「三日(お湯に)入れば3年風邪ひかない」と言われるほどの名湯♨
 
雰囲気もいいし、松本ならばぜひここを外す手はないでしょう~♨
 
今回は、家族旅行と言うこともあり、いつもと違うお宿をチョイスしてみました、
『山水観 湯川荘』
イメージ 1
実はここに辿りつくまでは、ちょっとしたアドベンチャーが!?
 
松本から車で約1時間の距離の白骨温泉。
イメージ 4
 
最後結構、トンネルや、山道走ります(笑)
イメージ 2  イメージ 3
 
ようやく看板を見つけ、降りて行くと…
イメージ 5
 
まずは結構な鋭角カーブ(笑)、
そして、お宿は目の前に見えるのに、
手前に頼りなさそう?なつり橋が。
イメージ 17
いやー、これは、車では、無理でしょう^^;
 
そう思い、どこか車が回れる道があるはず~と、
温泉街の中のほうまで行ってはみたものの、
どうもお宿に通じるような道がない。
 
電話で、どうやって行ったらいいのでしょうか?とお聞きしたところ、
 
*このつり橋を車で渡る!
*一台ずつ、止まらずにゆっくり渡る!
*心配だったら運転手だけ残してあとは歩いて渡る!
 
なんと!!(笑)
 
車でおっかなびっくり渡り、なんとか先ほどの看板の前へ到着…!
イメージ 6
お宿はとても静かで、お盆時ですし、ほかにもお客様が大勢いらっしゃるのに、
本当に、静か。
 
寛げますね…。
 
まずは、貸切風呂の方へ~!
3つあって、それぞれどれもいい感じ♨
 
イメージ 7  イメージ 8
 
イメージ 9  イメージ 11
↑これぞ、白骨と言われる所以の、白いゴツゴツ(析出物)
 
貸切は3か所だと思っていたら、あともう1か所家族風呂が。
イメージ 10
これがまた温泉マニア(笑)にはたまらなくイイ感じ(笑)
小さいんですよ、だから新鮮なお湯で満たされてる♨
 
どのくらい小さいかと言いますと…
イメージ 12
こんな感じ(笑)
 
ほかの貸切がおおよそ37度くらいでしたが、
ここだけ適温の42度◎
 
小梨の湯にしろ(源泉温度35度)、泡の湯にしろ(源泉温度38度)でぬるめが多い中、
これはありがたき適温ですね!
 
今回は、総勢10名様でお邪魔を~
イメージ 13
 
長野のお酒と言えば、宮坂醸造さんの『真澄』
お宿名が付いたオリジナル清酒もあったのですが…
イメージ 14
 
断然『真澄』に軍配があがりました(笑)
イメージ 15
聞けば四合瓶は置いてないとのこと~。。
あっと言うまに、数本からになってしまい、
もしやお宿のお酒を飲み明かしてしまったのではないか、と少々心配になるほど…^^;
 
どれほど飲むかと言うと…
父と貞子さん、そして私で、
松島で浦霞を四合瓶2本開けた実績アリですww
 
お料理は、「滋養八菜」と名のついたコースで。
イメージ 16
「乳白色鍋」と名のついたものは、
白骨の温泉水と、野麦峠のブラウンスイス牛の牛乳、そして信州味噌のスープに、
放牧豚と地野菜をしゃぶしゃぶしていただきます◎
イメージ 18
 
イメージ 19  イメージ 21
 
イメージ 20
 
量もほどよく、美味しくいただきました◎
 
楽しい宴のあとは、
温泉卓球大会!!(笑)
イメージ 22
いやーこれが盛り上がるもんですね~!!
 
軽く汗をかいた後は、
松本駅前の中島酒店で購入した、小布施ワイナリーの発酵シードル(これがほんと辛口!)と、
活性度合い大!の野沢温泉の『水尾』にごり酒
イメージ 23
 
そして、真夜中の独泉…♨
イメージ 24  イメージ 25
(左)貸切家族風呂               (右)大浴場
 
あ”~、じょんのび、じょんのび。。
 
(2日目につづく)
 
【つり橋の宿山水観 湯川荘HP】→http://www.sansuikan-yu.com/
【松本駅前 中島酒店紹介サイト】→http://www.nagano-wine.jp/store/pickup/520/