** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◎秋田大曲花火と極上の岩手・秋田湯めぐり◎2日目:鶯宿温泉『石塚旅館』→国見温泉『石塚旅館』→焼肉・冷麺『三千里』→藤七温泉泥湯→大深温泉青い湯→盛岡駅→東京駅


1日目からのつづき)

なんとも、タイルのほろほろ感がイイ感じの、国見のほうじゃない石塚旅館をc/oし、
イメージ 1  イメージ 2

イメージ 3

またしても向かうは極上北東北の湯めぐり!

◆石塚旅館*国見温泉

イメージ 8

このエメラルド・グリーンの湯は相変わらず!
イメージ 4
色合い的に、こういう硫黄・蛍光色の緑には、オレンジ・黄色はよく合うなぁ~と(笑)

石塚旅館は何度も立ち寄り、また、泊まったこともあるのですが、
泊まった当時は温泉ゴコロがあまりないときだったので、
豪快な露天風呂(混浴)には寄らずじまいだったので~

今回、湯あみ着もってお邪魔して参りました♪
イメージ 5
広々~!
イメージ 9
湯友だちで記念撮影☆

そして、「不」トリオ=湯ヲタネットワーク、2013GW以来の再結成!(笑)
イメージ 6
(青森不老ふ死温泉のオリジナルTシャツですw)

「不老ふ死からだと、真っ黒になるヨ~」とは、
入口にて、国見・石塚旅館の方から(笑)

外湯の方は薄く濁り気味ですが、内湯のほうは本当に澄んで透明なエメラルドグリーン。。
イメージ 7
この美しさに惹かれ、何度足を運んだことか。
おかげでお隣の『森山荘』には一度もいかずじまい…。

(昼食)三千里(さんぜんり)岩手県雫石町

以前、これまたぬまさんに連れていっていただいた、『髭(ひげ)』の近く。

イメージ 14

ここは、雫石牛フェア開催中(笑)
イメージ 10

焼いて焼いて~♪
イメージ 11

イメージ 13

冷麺もいただいて~♪
イメージ 12

あ、ぬまさん曰く、「カルビラーメン」も絶品なのだとか…。
イメージ 15
今度来た時は、これ頼もう…。

さて、腹ごしらえを終えて、次の湯へ♨

藤七温泉(とうしちおんせん)*秋田県鹿角市八幡平◆

新潟からもなかなかここまでは来られず…
実は今回が初訪問!

東北一高所にある温泉、『藤七(とうしち)温泉』

イメージ 16  イメージ 17

泥湯が名物◎
ぐつぐつと湧くさまは、楽しいとしか言いようがない♪
イメージ 18


もっと黒いぼこぼこもあったのですが、
ここは黒玉子用? とても熱くて近づけません。
イメージ 19

泥もほら!この通り♥
イメージ 21

たくさんゆるり~に乗っけ過ぎたら、
お湯に浮かべた途端、転覆しましたとさ(笑)
イメージ 20  イメージ 22

◆大深温泉(おおぶかおんせん)*秋田県仙北市田沢湖玉川

イメージ 24

青いお湯、ここにもあった!
イメージ 23
ちょっと薄灰色っぽくも見えますが、
このときは紛れもなく青かった!

大深温泉、こじんまりしているのかと思いきや、
こんなに広いオンドル小屋まで!
イメージ 25
このオンドル小屋はなんか明るくて、清潔感があっていいですね◎
日がなのんびり、本でも読みながらごろんと横になっていたい。。

自炊施設も完備されてました。
もちろん、雪深い当地においては、冬季閉鎖



さていよいよタイムリミットです!

盛岡駅まで送っていただき、
駅ビル内で帰りの道中の「おたのしみ」をいろいろと買いこみ~(笑)
イメージ 26
夏限定の生うに瓶詰発見!!
速効買い&ご当地地酒「水神」も。
イメージ 27

ほかには、「福田パン(惣菜タイプ)」やスパークリング日本酒も買いこみ、
しばしARUGAさんと大宴会♪
イメージ 28

いやー、それにしてもあの生うに瓶詰は美味しかった…。。

冬の雪景色も良いですが、
夏の味覚雲丹や、花火・東北三大夏祭りを目指して行くのも、いいですね!

また行くぜ!東北☆

【三千里HP】→http://www.sanzenri.net/