** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◇日本温泉地域学会@山形・肘折温泉の旅◇1日目:東京駅→さくらんぼ東根駅→山形空港→肘折温泉(カルデラ温泉館、石抱温泉、旅館勇蔵)→つたや肘折ホテルで日本温泉地域学会


久しぶりの山形・肘折。

震災後の2012年3月10日~11日に、
『スパリエ・インストラクター』取得のため、訪れたきり。。

イメージ 38


今回の肘折行きの目的は、

*温泉地域学会に参加すること
肘折温泉で会って来たい、行ってみたい御宿があったこと

このふたつ。


山形新幹線は、郡山からが遅い。
「特急」つばさ号です…。

10時に東京駅を発ち、
ひたすら爆睡ののち、集合地である、さくらんぼ東根駅に着いたのは13時。

降りるなり、肘折温泉からの送迎バス二台に分乗。
イメージ 1

そして、私たちの乗ったバスは、空路で来る西からの参加者をピックアップすべく、
イメージ 2

ん? 『おいしい山形空港??

山形空港よ、君もそんな名前になってしまったのね~^^;

到着待ちの間に、二階の売店へ~
この売店、結構品が揃ってます!

『シベール』のラスクは品豊富、
いつも山形に来ると買い求める、この100%ジュース『山形代表』も豊富、
イメージ 5

もちろん、地酒も豊富(笑)
イメージ 3

イメージ 4

要冷蔵コーナーにも季節限定品がいくつかあり、なかなかの品ぞろえ。

そんなこんなしているうちに、
合流してきた、ARUGAさん、しゃち社長の車と共に、
西の方をピックアップしたバスは一路、肘折温泉へ~


山形空港からは、車で約1時間ほど。
2年前は雪の壁を通ったあの道も、今時期は綺麗な紅葉に彩られ。

2012年春に大規模な地滑りに寄って崩れた道が、
2013年12月に「肘折希望大橋」となって復活!

肘折温泉にはあまり似つかわしくないほど!?の近代的な立派な橋。
(いでゆ館から眺めた肘折希望大橋)
イメージ 6

でも上から肘折温泉の町並みを見下ろす、
あの感じは相変わらず。

黄金(こがね)温泉*カルデラ温泉館


まずバスは、黄金温泉のカルデラ温泉館』へ。
イメージ 9
2012年に来た時は、閉館中だったため初の訪問。

綺麗な館内に、飲泉場があります。
イメージ 8  イメージ 7
この飲泉場の温泉(9.4度、源泉名:炭酸泉 源泉)と、
お風呂で使っている温泉(65.5度、源泉名:黄金温泉組合7号源泉)は別物。

後者に至ってはなんと! 敷地内脇からこんこんと1分間に100リットル、「捨て流し」中~!
イメージ 10
金気臭・味ある、ほどよく熱湯の温泉で、
きっとここに子供用ビニールプールを張って溜めたい…♨と思うのは、
私たちだけではないハズ…(笑)

石抱(いしだき)温泉*肘折温泉ゑびすや旅館所有

石抱温泉。
昔は炭酸成分が多く、石を抱いて入らないと浮いてしまうことから名前がついたとか。

実はこちらも、前から行ってみたかったひとつ~♨
イメージ 12

以前、石井宏子先生も浸かっていたことがあって、
それで知りました◎

イメージ 14
まさに、野湯(のゆ)、ですね~♨

達人のみなさまがグッズを用意。
イメージ 13
pH6.6、温度間とって32度。

つばめさん体験談によると、夏来ると虻にやられるんですって…。。
イメージ 11

バスはひとまず、懇親会会場となる『つたや肘折ホテル』へ。
イメージ 15

そのあとは、温泉街散策しながら、あちこち御案内いただき~
イメージ 16  イメージ 17

温泉街のはじには、こんな素敵な足湯も。
イメージ 21
結構大きいんですよ、おまけに湯温もチョウドイイ◎

ちかくのドームからどんどん湧いているようです♨
隙間からなかをのぞくと、ぼこぼこ…!
イメージ 19  イメージ 18
うーん、この泡のなかに入りたい(笑)

今回、日本温泉地域学会の方針で、参加者で宿泊される方は、分宿。

ひとり部屋追加料金の件が分からなく、
(やはり、メールが来てなかった…)
相部屋で申し込んでいたら…

『旅館 勇蔵』
イメージ 20
こちらにお世話になることに。

相部屋のパートナーは、お初の仙台からのさっちーさん。
イメージ 22  イメージ 24
こじんまりとした、家庭的なお宿。
湯治の施設などもあり、どちらかと言うと湯治客メインなのかしら~?

イメージ 23
肘折温泉は、どの旅館でもこの「肘折グラス」を使っていて、
なんだか、イイですね^^

ひとっ風呂浴びて、慌ただしく支度をし、
懇親会会場まで徒歩で~(約5分くらい?)

つたや肘折ホテル*肘折温泉

イメージ 25

懇親会会場は6階で、なんとゲートボール場なのだとか…!
イメージ 26

18時すぎ、ご挨拶のあとに、乾杯☆
イメージ 28

イメージ 35

イメージ 29  イメージ 30
「純・とまと絞り」…これまたトマト臭い、ほんとのトマトジュース!!
大蔵村産のトマトを使い、仕上げたそうです◎

「肘折カルデラサイダー」…実はまだこれ、試してないので感想はまた後ほど^^;

そして、東北最古の造り酒屋が、ここ、大蔵村に。
『小屋酒造』さん。
イメージ 31
「花羽陽」、はなうよう、と読むそうです。
実は初めていただきましたが、本当に歴史ある蔵元さんのうようで・・・。


肘折に来てまた、知ることができたのは幸いです^^

そしてお料理は、山形名物芋煮汁、そして新潟と山形でしか食べない、食用菊。
イメージ 27  イメージ 32
このふたつが、郷土色溢れる料理の代表、でしょうか。

デザートタイムには、毎回差し入れしてくださるようなのですが、
黒川温泉からご参加くださった方から、ロールケーキ♥
イメージ 33

プレーンと、栗入り。
美味しかったです、ごちそうさまです^^


そして、つたやさんのお風呂に入らせていただき~
イメージ 34  イメージ 37
素敵な二源泉混浴風呂があるのはノーチェックでした・・・orz
また今度ゆっくりお邪魔しなきゃ…。

そして、二次会w
イメージ 36
本日の酒縁は、同室となってしまったさっちーさんも巻き込んで4人で。

でも。
翌朝8:50からの発表大会に備え、
早々に解散したのは、言うまでもありません(笑)

2日目につづく)

【日本温泉地域学会HP】→http://www1.m.jcnnet.jp/rsa2003/RSAtop.html
【石抱温泉:ゑびす屋旅館HP】→http://www12.plala.or.jp/ebisu8/hitou.html
【つたや肘折ホテルHP】→http://www.tutayahijiorihotel.com/index.html
【旅館勇蔵HP】→http://ryokanyuzo.com/