** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

温泉民宿あおまさ*富山県氷見市松田江温泉


日本海の冬は暗く、冷たい…。

できればこんなところに近づきたくないと、雪国出身の人間でも思うのですが、
目的が「コレ」となれば話は別…。

イメージ 1

『天然温泉 元湯 民宿あおまさ』
イメージ 2

イメージ 3
温泉マニアな方ならば、「ああ、綺麗になったのね!」と言われるであろう、
この外観。

そう、こんなところまで足を延ばした目的は、
「名湯」日本海・氷見の冬のグルメ!」

富山で氷見と言えば、まっさきに「コレ」、ですよね。
イメージ 28
寒鰤(かんぶり)!

民宿に泊まって、豪快に海の幸をいただいて、
おまけにそこにあるのは「強枕木臭温泉」!!!

「強枕木臭温泉」…熊谷温泉さんを御存知の方なら「あ~!!」とおっしゃるであろう、その単語。

もう少し分かりやすく言うと、「アブラ臭」、です♨
こんな綺麗な民宿に、アブラ臭…

館内、とても清潔感があって、綺麗。
イメージ 7

お部屋も、綺麗。
今回は、角部屋をご用意してくださってました◎

イメージ 4

ちゃんと浴衣もタオル(バスタオル)も~
イメージ 5

イメージ 6

そして、「強枕木臭温泉」(笑)
源泉が30.6度、少し冷たいので、加温して入れてますが…

お昼のお客様が終わってお風呂を入れ替えて、
正真正銘の一番風呂♨

イメージ 9

もわ~。。な湯気ですが、
香りは…いいにおい!!

イメージ 8
まぎれもなくアブラ臭、そして「強枕木臭温泉」♨

何度も深呼吸してしまうようであれば、
アナタはきっと湯ヲタの仲間入り(笑)

温泉は秀逸、そしてお食事も~♪

イメージ 10

また、ぐるぐる動いてますねん、この鮑殿。。
イメージ 11

お刺身は説明不要、きときと
イメージ 12

鰤カマも旨し◎
イメージ 13

シシ肉=猪の肉をだしてくださいました◎
イメージ 14

熱々天麩羅。
イメージ 15

そして…お待ちかね、追加オーダーのぶりしゃぶ♥
イメージ 16

実は、前夜も富山泊だったため、流石にそんなに食べられないかな?と
追加オーダーはしていなかったのですが、
やはり氷見に来て、この時期鰤しゃぶを食べずに帰るなんて…と思いなおし、
直前に御宿の方にお願いして、追加してもらったのです。

イメージ 17
見事なサシが入った、氷見寒ぶり!!!

これを~ 湯のなかで2~3往復、しゃ~ぶしゃ~ぶ。。
イメージ 18

くーっ。。
このために、冬の富山に来た甲斐があった…!!

実はこんな広間で、ふたりきりで御給仕してもらってました…。
イメージ 19

ぶりしゃぶ、実はこれで追加料金、2,000円(2人前)でした。。
こりゃ、お江戸で高いお金出して食べるのも、馬鹿らしくなりますね…

ぶりしゃぶにおなかいっぱい。
アブラ臭に、こころいっぱい。

部屋に戻ったら敷いてあったお布団のせいで、
温泉民宿の夜は早かった…。。


翌朝。

少し陽も刺し、明るい海岸。

イメージ 23

右手の海岸は、なぜか海面から湯気が立ち上り。
温泉でも沸いてたりして!?(笑)
イメージ 21

左手には、能登の山々、かな。
イメージ 22

温泉民宿あおまさ、海岸端からの景観。
イメージ 24
右手したの白い壁のところが浴室。
昔は、プレハブ級の浴室で、男女1浴槽しかなかったのだとか。
(今は男女別浴槽あり)


全然お腹空いてないけど、朝御飯。
イメージ 20

c/oは9:30
イメージ 25

名残惜しいので、最後にもう一度、あの匂いを嗅ぎに(笑)
イメージ 27

昨晩の、入れたての時のような強烈な匂いは収まりはしたものの、
やはりあのアブラ臭は健在…

源泉が30度ならば、夏場だったら源泉100%で入れそうですね…。。

さて、2015年3月14日、あと1カ月もしないうちに、
待望の北陸新幹線が開業です。
イメージ 26

富山までは東京から約2時間。
氷見までは約30キロ、簡単に足を延ばせちゃえますね。

食べ物も温泉も、発見ばかり!

また近々?お邪魔することになりそうです。

【温泉民宿あおまさ:氷見市観光情報サイト】→http://www.kitokitohimi.com/stay/area6/aomasa.html

(2015.1訪問です)
雰囲気★★★  
お風呂★★★     源泉温度30.6度 泉質:ナトリウム-塩化物強温泉 pH 成分総計 24,584mg/kg
お食事★★★★    日本海の海の幸がふんだんに並ぶ食卓は凄い!
お値段★★★★★  10,500円(一泊二食付き、ぶりしゃぶ追加注文あり) 紫雲の部屋宿泊
総 合★★★★

(分析書)
イメージ 29

(館内見取り図)
イメージ 30

(富山の名湯、富山の珍湯、富山アブラ臭)