** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

里山十帖*新潟県南魚沼市大沢山温泉

 
新潟に、美食宿が出来ました。
 
お酒が好きな方にも、グルメな方にも、
そして温泉好きな方にも
自信を持って、郷里に出来たこのお宿を紹介します。
 
『高七城』を買い取り、リノベーションし、
新しく上質な湯宿としてスタートした、自遊人の宿、『里山十帖(さとやまじゅうじょう)』
 
このお宿に行くには、東京から新幹線で約1時間ちょっと、
越後湯沢駅からタクシー(要予約、片道3,000円)で20分ほど。
 
右手に、巻機山(まきはたやま)を眺めながら、大沢山温泉へ。
イメージ 1
 
大沢館、幽谷荘を過ぎて、更に上へ。
ここが、『里山十帖』
イメージ 2
古い旅館をリノベーションしているので、中はとても広い。
イメージ 3
しかしながら、モダン。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 9
 
イメージ 6
 
今回のお部屋は、3名利用で304号室。
イメージ 7
 
イメージ 8
 
浴衣でもなく作務衣でもなく、纏いやすい室内着。
イメージ 11
温かいガウンも。
イメージ 10
このぽってりした籠バックがまた、いいですね◎
 
なにはともあれ、まずは自慢のお風呂へ行ってみましょうか…。
イメージ 12
 
実はこのお風呂が出来てからは、初めての訪問。
以前は、プレオープン中のお邪魔でしたので、
岩造りの露天風呂が2つ、それぞれにありました。
 
遠くに眺めるは巻機山。
浴槽に身を沈めてみると… 
 
なんとまぁ、絶景だこと!!!
イメージ 13
 
この日はアーリーチェックインプランを使い、14時にc/i。
早い時間に一度浸からせていただいたこの青空の景色と、
 
イメージ 14
トワイライトタイムのこの景色の色合いがまた、美しくて。
 
 
内風呂は手を入れず、昔のまま。
ただし、以前より、新湯投入率もあげ、ほぼ掛け流しと同様になったとか。
イメージ 15
気ままに絶景お風呂に浸かり、
気ままにお昼寝をし、お茶を楽しみ、
待つは夕食の時間。。
 
今回は、食堂ではなく個室でお願いしてみました。
イメージ 20
イメージ 16
 
メニューが並んでます。
イメージ 17
 
気になるは、こちらのメニュー。
「自然派日本料理と自然派新潟ワイン&限定酒のマリアージュ」
イメージ 19
さなぶりのお料理にあわせて、なんと新潟のお酒たちをグラスで提供してくださると!
 
こういうの、待ってました、
とても嬉しいし、こんな機会、滅多にありません。
すかさず、オーダー。
 
『フェルミエ』のシュワシュワ
イメージ 21
巻の、カーブ・ドッチ敷地内にある、ワイナリーのひとつです。
 
イメージ 22
文字通り、しゅわしゅわ♥
これには、
五穀豊穣:新潟 季節の恵みの盛り合わせ
イメージ 18
 
 
海と山 そして里の出会い:季節の小さな握り
イメージ 24
これはなんと、茄子とノドグロ!!
これには、
『鶴齢』純米吟醸 生原酒(魚沼限定)
イメージ 23
 
新潟は伝統野菜の天国 かぶ
イメージ 25
これには、
『水の綾』 ドメーヌ・ショオ
イメージ 29
これも、巻の『カーブ・ドッチ』敷地内にあるワイナリーのひとつ。
 
香箱蟹 カリフラワーの蟹味噌クリーム添え!
イメージ 26
 
ぷりっぷり! 透き通っている白子
イメージ 27
 
香茸とココナッツクリームのへぎそば!
イメージ 28
 
 
そしてここで、
「ごはんが炊きあがりました~!」と御鍋ごとテーブルへ。
イメージ 31
 
まず、蒸らさないまえの、アルデンテなご飯を食べて欲しい、と持って来て下さいました。
イメージ 32
…文句なく、美味しいです◎
 
もちろんこのご飯は、あとで充分蒸らされたあとで供されました^^
 
蕪って…
こんなに種類あるんですね(笑)
イメージ 33
 
山北産 焼畑農法 赤かぶのグリル
イメージ 34
 
海、山、里の取り合わせ 八寸
イメージ 30
このローストビーフがまた美味しすぎる…
 
『ラグレアブル・ポアゾン2012』
こちらも『フェルミエ』から。
イメージ 35  イメージ 36
 
ちょこっとお口直し。
イメージ 40
 
えちごもちぶたの杉の香スモーク 杉塩を添えて
イメージ 38
これには、八海山の貴醸酒を
イメージ 37
 
 
ごはんが、しっかり蒸らされたあとに出て参りました…
実はメインディッシュ、ごちそうごはん。
イメージ 39
このつやつや感から、美味しさが伝わってきます◎
 
本日のパティシエプレート
イメージ 41
 
 
新潟は、もともと地酒王国ですが、
ワイナリーも昔から県内何か所かあるのです。
 
新潟で、美味しい海の幸山の幸をいただいて、
それに地元の日本酒やワインをグラス単位でいろいろ楽しめる…
(ほとんどがたまたまですが、口空けでした!m(__)m)
これは、ハマります!
 
 
ご満足の夕食をいただき、
夜、露天風呂から星々を眺め(本当に綺麗!)、
あとはゆっくり眠るだけ…。。
 
 
翌朝。
イメージ 42
新潟らしい、灰色の空。
 
朝食。
イメージ 43
この黒くて丸い鍋は、お味噌汁を「作る」お鍋。
イメージ 45
手前に味噌玉、そしてお野菜少々。
 
イメージ 44
雪下人参ジュース。人参が、甘いのです。
 
鰯の煮付け
イメージ 47
こうやって見ると小さそうですが、案外ぶりっとおっきな鰯くんです。
 
朝食のメニュー。
イメージ 46
 
 
外は雨、干された大根も少し濡れた模様。
イメージ 48
c/oはゆったりの11時。
ラウンジで珈琲を煎れたり、温泉に浸かったり(10時まで)、
ベッドに横になったり。
 
季節を変えてまた来たい! 
そう思わせる美食宿の誕生です。
 
お忙しく日々を過ごしているお酒の先生方にも、
「温泉行ってのんびりしたいの、どこかいいところない?」と聞かれたら、
間違いなくまずここを薦めます。
 
もちろん、
「自然派日本料理と自然派新潟ワイン&限定酒のマリアージュ」も、
漏れなくお薦めいたします^^
 
【里山十帖HP】→http://www.satoyama-jujo.com/
※土日は早くから混みあっています。
 
 
(分析書)
イメージ 49