** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

♨東北の重鎮がいざなう、青森名湯満喫ツアー!1日目:東京駅→新青森駅→ごぐにぼ『長尾中華』→浅虫温泉『つるの湯』→恐山温泉→下風呂温泉『さつき荘』

 
2年前(2013)に引き続き、またまたゴールデンウィークは東北へ!!
 
イメージ 2
東京駅は相変わらずの大賑わい。
北行きの、緑と赤の車両が連結されているを発見、それも2台!
 
…よくよく考えたら。
新青森駅まで行くなら、飛行機で行った方がお得で早かったかも^^;
 
なーんて思いながら、
案の定の爆睡の3時間半、あっという間に新青森へ~♪
 
イメージ 6
 
新青森駅にて、東北の重鎮ぬまさん御一行様にピックアップしていただき、
まずは連れて行かれたのが、(温泉ではなくて(笑))
『長尾中華』
イメージ 3
 
ここで何を食すかと言うと、「裏メニュー」が実は看板メニュー(笑)
イメージ 4
 
「にぼにぼ」な中華そば!!
イメージ 5
「ごくにぼり」「ごぐにぼ」「まぜにぼ」
 
みなさん、ごぐにぼ、私は「ごぐにぼ塩味」!(右手前の)
イメージ 1
実はここで、シドさんにお会いできたんです~♪
ずーっとSNS系ではご縁をいただいていたのですが、
実はお会いできたのはこれが初めて!
 
ウワサどおりの、シブイ御方でした♥
シドさんには、草津ちちやの白饅頭をお土産にお渡しし、
一路、東北の湯巡りへしゅっぱーつ!!
 
「あ、これ、旅のしおりっす。」
イメージ 7
ぬまさん、毎回こうやってちゃんと作ってくださるんです、
とてもありがたい~♪
 
で、まずはこちら。
 
東北1湯目:つるの湯@浅虫温泉
そうそう、今回はテーマがあるらしい。
北Qからいらした某郷Go!さんのため!?に、
「芒硝臭」がテーマだと。
イメージ 9
 
イメージ 8
旧泉質名を指しますが、芒硝泉とは、ナトリウム硫酸塩泉のこと。
 
ここ、つるの湯は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。
確かに、芒硝泉♨
 
 
横浜と言う地名は、実は青森にもあり。
ずーっと昔から、菜の花畑が有名なところだと知ってました。
 
今年は桜も早かったせいで、
例年、菜の花も5月中旬の見頃が、このGWに満開と!
 
イメージ 13
道中急ぐ身なので、残念ながら車窓からのみm(__)m
 
そして車を走らせ辿り着いたそこは…♨
イメージ 15
恐山!
イメージ 10
 
イメージ 14
きちゃった、恐山。。
 
ここだけは…来ることがないと思っていた温泉場ですが~。。
どーしても、某郷Go!さんが行くとおっしゃったようで…
 
ま、ご縁があるときが行き時!?
 
…とは言っても、良い子はこんな黄色い沼地には入りません(笑)
様子を見に行ったぬま氏は、黄色にちょっとハマりましたがw
 
イメージ 11
↑ぬま氏のお靴。
 
でも、温泉達人のみなさまは、車に1個や2個、替えの靴、入れてるんですね~!
スゴイ(@_@)
 
折角恐山に来たら、浸かってみたかったのがこちら。
イメージ 12
 
東北2湯目:花染の湯@恐山温泉
イメージ 17
 
この雰囲気、どこかで一目みて、忘れられなかったのは事実です◎
混浴なのですが、郷Go!さんが「先にどうぞ!」と紳士に譲って下さり…
(郷Go!さん、ありがとうございますm(__)m)
 
イメージ 16
まったりひとりで心おきなく湯あみを~。。
 
この恐山温泉、ほかに、2か所、「古滝の湯」「冷抜の湯(女性用)」
+宿泊者専用浴場があるようです♨

しかし…時間がなかったとは言え、
ほぼ20分で全制覇した、郷Go!さん、いしちゃんはスゴイ(笑)


旅のしおりには入ってましたが、
流石に時間がなく、薬研温泉はスルー(;_;)/~~~

下北半島の肌寒い薄霧のなか、到着した今晩のお宿は、
下風呂温泉『さつき荘』
 
東北3湯目:さつき荘@下風呂温泉
イメージ 33

イメージ 18
い~硫黄白濁です♥
 
ここで「熟年温浴タレント」の名物撮影シーンを見学~
イメージ 19
なるほど~ こうやってあの写真たちは撮られているのね(笑)
 
 
さて。
ここ下風呂温泉では、ミッションが!!

ミッション!下風呂を巡れ!
新湯源泉と大湯源泉を制覇せよ

東北4湯目:まるほん旅館@下風呂温泉(大湯源泉)
イメージ 22
まず向かったのは、共同浴場『大湯』前の『まるほん旅館』
 
実は下風呂の湯めぐり手形は、イカ型!
イメージ 20  イメージ 21
シールが3枚付いてます^^
 
なぜかまるほん旅館さんにはアヒル隊長たちが居たので、
ヒル隊長ゆるり~も、ご挨拶☆
(後のアヒル手桶は、kamaさんの)
 
東北5湯目:おおぎや@下風呂温泉(大湯源泉)
イメージ 23
 
イメージ 24
 
小さな温泉街ですが、坂道もあり、
共同浴場も2つあり、海も見え、なかなかいい感じです^^
 
そろそろ暗くなってきたので、
新湯源泉ミッションは、明日♪
 
 
『さつき荘』でのお夕食。
囲炉裏端のお部屋にて。
イメージ 25  イメージ 26
 
下風呂で、かんぱ~い!!
イメージ 28
 
イメージ 27  イメージ 29
ソイのしゃぶしゃぶ、鮃のお刺身、タコの頭、ホヤ、どんこ汁、etc…
海の幸満載の宴席!
 
おまけに〆にお寿司まで…!
松川鰈、ホタテ、雲丹…
うーん。。確かこれで、7~8千円だったような気が…orz
 
 
そして、二次会♪
イメージ 30
 
イメージ 31
 
各地から…イロイロ集まりました!
差し入れもいただきました、ありがとうございますm(__)m
 
水芭蕉@群馬(kamaさん差し入れ)
◇義侠(新聞紙の)・じゃんげ@新潟、鼓@京都舞鶴(ゴチさん)
◇たかちよ@新潟(茶色いノンラベルの)・景虎梅酒@新潟(ARUGAさん)
◇出羽桜一耕@山形(さおきゃん)
◇上喜元@山形(ぬまさん)
◇作(ザク)Z@三重(masumi)
◇岩手蔵ビール(ヴァイツェン・青いビール)@岩手一の関(ぬまさん)
 
イメージ 32
硫黄に包まれ、下風呂の夜は更け…。。
 
***
 
そうそう、あの『ゆめぐらんす』の主催者、Kさんにもここ、さつき荘でお会いすることが出来ました!
ぬまさんのおっしゃってた、スペシャルゲストは、いずれもこの日にご登場~♪
お会いできたことに感謝です☆
 
2日目につづく)
 
 
【つるの湯紹介サイト:温泉備忘録】→http://jake.cc/onsen/aomori/asamushi-tsuru/asamushi-tsuru.html
恐山温泉紹介サイト:立ち寄り温泉ミシュラン
【下風呂温泉まるほん旅館】→http://maruhonryokan.com/
【おおぎや】→(適当な紹介サイトが見当たらずm(__)m)