** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

♨西日本縦走旅3日目:さんふらわあこばると号で大阪へ→本町スタバ→『紀泉温泉修験道』第41代名人認定式@花山温泉薬師の湯

 
2日目からのつづき)
 
さんふらわあこばると号の朝。
…は暗かった(笑)
イメージ 2
 
一泊、ホテルのようなシングルルームで寝ていたら、
大阪ついちゃった(笑)
イメージ 3
大阪港へは朝6:30、予定どおりの到着、
あいにくのうす曇りの空。
 
いただいていた指令は、「8時に本町あたりで。」
 
スタバか星乃珈琲で、と選択肢をいただき、
気分でこの日はスタバへ~
イメージ 4
 
スターバックス御堂筋本町東芝ビル店。
イメージ 5
この日は平日の月曜日。
少し時間は早いけど、明らかに通勤途中の方々が目の前を行き交う。
 
このなかに入っているのは、ほうじ茶ラテ
ひさーしぶりにいただきました◎
 
8時。
ほどなく、ナニワのナイトが現れました*^^*
 
本日、ご同行をお願いしちゃったのが、
関西と言えばこの御方、温泉ソムリエぐっちさん♪
 
私の長期旅の荷物を収めている重いスーツケースも、
いとも簡単に持ち上げて車に収めてくださいましたm(__)m
 
「自分で持てない荷物は持ちません!」(※人生的にもw)と日ごろ豪語してますが、
やはりさりげなくエスコートしていただくと、ぐっと来ちゃいますね~(笑)
 
ぐっちさん、
こんなアジェンダをご用意してくださってました!
イメージ 1
実は今回の関西入りのメインは、
『紀泉温泉修験道』へのチャレンジと、Akikoさんにお会いすること^^♪
 
あとで思えば…
「紀泉温泉修験道を一日で回ろうと(フツーは)思わない」ものらしい…。
8湯だから、一日あれば回れるだろ、とこれも安易な考え(笑)
 
ほんと、ほとんどなにもリサーチなしで訪れた私に、
ぐっちさん、ひとこと。
 
「masumiさん、消毒してる温泉ってどう思います?」
 
masumi 「えっ。大浴場のドア開けて、そのままぴしゃっと閉めて帰ってくること、ありますよ(笑)」
 
ぐっち 「えっ。今回回るところは、そんなとこばっかですよ!? 知ってて来たんじゃないんですか~!?」
 
masumi 「…えっ。(絶句!!)」
 
聞けばほとんどがそれ系らしい。
 
消毒せざるを得ない環境だから、という理由なんでしょうが、
よねさんも8回もめぐって『先達(せんだつ)』になったし、
温泉ソムリエお友達のみなさんもこぞって!?紀泉温泉修験道巡りをしてらしたし、
当然、いいお湯ばかりと疑いもなく思っていたわけです。
 
まさか、和歌山界隈がそんな事情のある温泉ばかりだったとは…!!!
 
…めぐる前から、一気にブルーになるワタシ。。
 
最初の目的地、やどり温泉いやしの湯は、
結構交通不便な山奥にあるため、最初から結構距離を走ります。。
 
走っている間、ブルー(笑)
 
そして、山間の紅葉が綺麗でちょっとテンション持ち直し。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 
結局開店前11時前に到着してしまい、
なぜか館内に侵入できて(笑)、
そのまま待たせていただき、11時5分前に、一番湯に突撃☆
 
紀泉温泉修験道1湯名:やどり温泉いやしの湯
イメージ 8  イメージ 9  
内湯のヒノキぶろ、淵から温泉が流れてない=循環でございます。
 
露天風呂は、源泉かけ流し!
露天の湯口は、ほのかに芳香♨ 
炭酸水素が含まれている証拠に、湯面を泳ぐ水滴。
 
ここで、『紀泉温泉修験道』のスタンプ帳をゲット。(1冊200円)
イメージ 10
イメージ 11
紀泉温泉修験道2湯目:かつらぎ温泉八風の湯
おっきな施設系ですが…4源泉を3箇所で使用♨
イメージ 12
 
第二源泉~第五源泉。
泉質名を見ると、例えば第四源泉なんて、含二酸化炭素泉だし、第五源泉は含鉄だし。
イメージ 14
結構特徴的ないい泉質がそろってるんですよ。。
 
でもネ、つぼ湯の2つだけを除いて、塩素臭、しちゃいましたね。。
つぼ湯は含鉄だったから、鉄の匂いに塩素が負けただけかもしれませんね^^;
 
この足湯はイイ感じだった♥
イメージ 13
色合いからして、第二源泉でしょうかね~♨
 
紀泉温泉修験道3湯目:み奈美亭(みなみてい)
玄関にわんちゃん。
イメージ 15
 
大浴場は、脱衣所が一番ニオイがきつかったです(笑)
イメージ 16
 
ここは、近くにある『山の湯』さんからの運び湯だとか。
先達よねさんからも、山の湯の硫黄臭する温泉は、関西でも貴重!とお聞きしたのですが、
今度来た時の課題に取っておきましたm(__)m
 
イメージ 17
唯一ここだけ大阪府。
(あとは和歌山県)
さあ、ここから一気に和歌山市内を目指します!
 
紀泉温泉修験道6湯目:紀三井寺ガーデンホテル花の湯
 
 
イメージ 18
含鉄なのに…
気配まったく消されちゃってます、モッタイナイ…^^;
 
紀泉温泉修験道5湯目:紀州黒潮温泉
昔来たことのある、和歌山マリーナシティの一角に。
源泉浴槽(壺型)は27度、ここだけは消毒無し?と思ったけど、
残念ながら…orz
イメージ 22
 
 
紀泉温泉修験道4湯目:加太淡嶋温泉 大阪屋ひいなの湯
イメージ 19
 
イメージ 20
 
眺めのいい屋上の露天風呂からは、海が見え。
韓国人の観光客の方がおふたり入浴なさってて、
地元の方?と仲良くお話しされてました。
 
紀泉温泉修験道7湯目:ふくろうの湯
スーパーの下にあるという温泉施設。
イメージ 21
 
タイムトライアルよろしくスーパーに駆け込み、
入り口わからず、いきなり酒コーナーに出てしまい(笑)、
駆け足で生鮮食料品売り場を越え、地階へ…
 
源泉浴槽が良かった!! 炭酸多く、個性あるお湯♨
 
そして、オーラス!
紀泉温泉修験道8湯目:花山温泉薬師の湯
花山(はなやま)温泉薬師の湯
イメージ 26
 
少し暗くなってからc/iさせていただきましたが…
イメージ 24  イメージ 25
その間に、第41代の紀泉温泉修験道名人の認定式やら、
記念撮影やらをやってくださり…
(西口マネージャー、遅くまでありがとうございましたm(__)m)
 
ここでakikoさんにもお会いでき…♥
 
でもみなさま、立ち寄ってくださっただけですので、
この日、花山温泉に泊まるのはわたしひとり。
 
のんびり気ままな一人旅の夕飯。
 
和歌山の黒潮の海の幸、
美味しいものをちょっとずつ。
イメージ 27  イメージ 28
確か、源泉で蒸しあげたお野菜。
イメージ 29
 
もちろん、和歌山の地酒は、欠かしませんよ(笑)
イメージ 30
羅生門、黒牛、紀州。
地元銘柄ばっかりです◎
イメージ 23
 
ひとりの気ままな夕飯タイムでしたが、
中居さんが気を使ってくださり、
随分とゆったりお食事とお酒を楽しませていただきました◎
 
花山温泉さん。
イメージ 32
この和歌山にあって、いーお湯です。。
 
しゅわっ!っと駆け巡る炭酸泉の源泉を、
ここでは楽しめます◎
ちょっと個性的な、かなりガツンとくる鉱泉ですけどね(笑)
(でも私は平気!)
 
良薬、口に苦し、というでしょう(笑)
多分、それ(笑)
 
飲泉所と、しゅわ!っと行き来している源泉ポンプ。
イメージ 33  イメージ 34
 
花山温泉さん、
事情ある和歌山において、これでだけの施設整備&おもてなし。。
イメージ 35
これは~特筆すべきいいお湯です◎
 
湯めぐりするみたいな、このかごバック&浴衣もイイ◎
イメージ 31
 
日中、バタバタしてましたから~(笑)
お泊りくらいは、どうぞのんびり。
 
本日日中ほぼ一日、快くお付き合いくださったぐっちさん
どうもありがとうございましたm(__)m
 
花山温泉で待っててくださった、
akikoさん、西口マネージャー、先達よねさん、
どうもありがとうございましたm(__)m
 
温泉は楽しく♪
 
西日本縦断旅4日目につづく)