** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

鳴子弔い旅2016♨1日目:東京駅→古川駅→『和屋』『西屋』→駒の湯温泉→八兆で弔い焼肉→(泊)東鳴子『いさぜん旅館』

 
毎年この時期は、鳴子へ向かう。
 
今回は、届けるべきお土産もひとつ、持参して。
 
イメージ 2  イメージ 1
 
古川駅で、Nさんにピックアップしていただき、
Azさんと合流し、
まず向かっていただいたのは、古川でも有名な酒販店さん。
『和屋(かずや)』
イメージ 4
 
ここの品ぞろえ、いいですね
流石宮城! 伯楽星の大きな暖簾も。
イメージ 3
ここで夜の、弔い酒を調達し。
 
お昼はボロマニアが喜びそうな、『西屋(にしや)』というラーメン屋さんへ。
イメージ 8
ほんっとに、暖簾ボロボロ…。。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
ワンタンメンに目がない私。
トッピングにこれまた大好きなシナチク。
イメージ 9
 
表面に透き通った油が膜を張ってて、
いつまでもあちあちのまま覚めない感じ。東北の工夫かな?
イメージ 7
 
おなかを満たしたあとは、ここへ。
ぬる湯の硫黄泉、栗駒駒の湯温泉
イメージ 18
 
”2008年の「岩手・宮城内陸地震」で被災し、
長らく休業のやむなきに至っていましたが、
2015年秋より日帰り入浴を再開しております(4月下旬-11月上旬)。
なお現在のところ宿泊事業は行っておりません。”
 
イメージ 12
霧も立ち込め、辺りはまだ震災後に流されたまんまの土地…?
まだまだ復興途中。。
 
イメージ 17
まずは日帰り用の湯小屋のみ。
 
イメージ 13
 
ぽちさんの愛した湯、
極上の…硫黄ぬる湯♨
イメージ 10
 
どばどばな上に、
イメージ 15
 
湯の花もふわり、ふわり。
イメージ 14
ぽちさん、湯の花フェチだったもんなぁ…。
 
38度。
肌に染み入るぬるさと、硫黄臭さと。
イメージ 16
 
 
 
そうそう、手前に足湯が。
イメージ 11
ここができてすぐ、彼女はここに浸かったそうな(笑)
 
駒の湯の女将さんが、懐かしげに話してくださいました。
東京から持ってきたひよこのお土産は、この女将さんへ。
 
イメージ 19
 
ご主人の許可をいただいて、
ちょっと探索を…♨
イメージ 21
 
イメージ 20  イメージ 24
 
イメージ 22
 
イメージ 23
 
ぎんさんがおっしゃってたような、
素晴らしい仕掛けもありました(笑)
それは、またのお楽しみに♨
 
イメージ 25
 
くりこま高原から東鳴子へ。
 
今晩の宴会会場の『八兆』さんに、
持ってきた弔い酒を預け、
イメージ 35
 
まだ、だれもいない開店前の八兆さん座敷。
イメージ 34
 
今宵の献杯用。
イメージ 33
 
 
今日のお泊りは、東鳴子でも泊まったことのない、『いさぜん旅館』さん。
イメージ 26
 
へぇー、いさぜんってこう書くんだ… 砂善。
イメージ 29  イメージ 30
 
タイガースファンのお宿、と聞いていたから、
ちょっと足を向けづらかったのだけど、
(別に野球ファンではない(;^ω^))
 
タイガースならでは!?の猫が居る宿と聞き…
イメージ 28
 
がおー!
イメージ 31
 
べろっ!
イメージ 32
…早速玄関にいらっしゃいました。。
 
湯治チックなお部屋、シンプルです◎
イメージ 27
 
18時からの宴会で、時間どおりに到着。
イメージ 37
 
今日のおすすめは、イベリコ豚。
うーん…普通のお品書きしかありませんね(笑)
イメージ 49
そして、みちりきさんが送ってくださった、『空(くう)』と、
たつみ荘のご主人が、ぽちさんと仲間たちへとくださった『九十九里
イメージ 36
 
みちりきさん、ありがとうございます*^^*
ぽちさんもきっと喜んでます。
イメージ 38
 
『綿屋』は確か、ここで初めてぽちさんからいただいた気がするので、
『和屋』で買ってみました◎
イメージ 39
お酒は揃った、肉を焼きましょう!
 
ぽちさん、今年もみんなで来たよー!
弔い焼肉のはじまり、はじまり~!
イメージ 50
 
イメージ 40  イメージ 41
 
出てくるのは、肉だけじゃないけど^^;
イメージ 42
 
黒にんにく! マスターが作ったのだと…
イメージ 44  イメージ 43
 
イメージ 45  イメージ 46
 
この〆のチーズラーメンがまた、たまらない旨さなんですね…
イメージ 47
 
あら? いつの間に郡司さんのサインが(笑)
イメージ 48
 
ぽちさんがなくなってちょうど三周忌。
またこの日も、鳴子は雨でした。
 
2日目につづく)
 
【和屋(かずや)酒店HP】→http://www.meisyu-kazuya.com/
【いさぜん旅館HP】→http://www.isazen.biz/