** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

洋風旅館ぴのん*群馬県渋川市伊香保温泉


伊香保には、もう何度も来ているけれど。

イメージ 1

実はずっと泊まってみたかったカワイイお宿があり。
イメージ 2

松本楼別館『洋風旅館ぴのん』
イメージ 11

エントランスロビー。
イメージ 26

ロビーにあるバーカウンター。
イメージ 10

お部屋に続く階段や廊下には、あちこちにアートが施され。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 15

イメージ 9

お部屋はツインタイプ。
イメージ 3

この日は女史4名で女史旅。
湯めぐりセットも女史仕様。
イメージ 4

お茶うけはお宿特製のクッキー。
イメージ 5

訪問したのは2月の下旬。
なので、館内あちこちに、お雛様のお飾りが。
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

浴室へ続く階段も、アートの世界。
イメージ 8

比較的小さめの浴槽。
浴槽は小さいのがイイ◎
イメージ 16
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(こがねの湯)

このほか、貸切風呂(有料)が2つあり、
そこが所謂メタ珪酸で認定された温泉(しろがねの湯)

しろがねの湯は、『松本楼本館』でも浸かれるので、
そちらでまかなうことにして~


お夕食はダイニングで、フレンチ×シノワーズのフュージョンスタイル。
イメージ 17

コースに合わせるは、
スペインのスパークリングCAVAフレシネ
イメージ 19

◆有頭海老スパイス焼き 生ハムのサラダ添え◆
イメージ 18

◆地野菜のバブール 蟹のソース◆
イメージ 20

◆鯛のソテー 雲丹の香り◆
イメージ 21

◆おくちなおしのグラニーテ◆
イメージ 22

◆上州牛のステーキと 上州もち豚の取り合わせ◆
イメージ 23

フォンダンショコラ バニラアイス フランボワーズのソース◆
イメージ 24

ゆったりと会話を楽しみながら、女史4名でいただく温泉地のコース。
女史旅ならでは、の優雅なひととき、ですね^^

翌朝。
徒歩数分の松本楼本館』へ。
『ぴのん』お泊りの方は、松本楼本館のお風呂にも入れます◎
イメージ 25

イメージ 27

撮影禁止なので、女史好みのパウダールームの画像のみで。
イメージ 38

参考までに分析書を3枚、ページ下に付けてますが、
源泉は2本分。
しろがねの湯(メタ珪酸で温泉認定)、こがねの湯(ぴのんと同じ)。

こがねの湯の、小さな浴槽があったのですが、
そこばかり独泉♨

戻ってきて朝食タイム。
昨日のディナーテーブルはこちら。
イメージ 30

この席とはまた違う、
ホール奥のテーブル席へ。
イメージ 28

イメージ 29

このダイニングは、『夢味亭』として一般にも開放しており、
ディナータイムにも朝食タイムにも、宿泊客でないと思われるお客様もちらほら。

松本楼本館からのお客様もいらっしゃるみたい。

ランチもやっているようです◎
イメージ 33

館内、モダンアートばかり…と思っていたら、
レトロな細工ガラスを発見。
イメージ 31
昔よく、おばあちゃんちにあったような窓ガラス。
だけども今、こんな素敵な模様のガラスはなかなか見ないですよね…。

イメージ 32

旅館と言うよりは、ペンションチックな雰囲気もあり、
気軽に使える、そんなお宿。

女史旅、満喫させていただきました◎

【洋風旅館ぴのんHP】→http://www.pinon.co.jp/

(2017.2訪問です)
雰囲気★★★★    館内どこも女子好み☆
お風呂★★★      源泉温度:41.6度 泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉
               pH6.3 成分総計1,390mg/kg  ※松本楼本館の「こがねの湯」と同じ
               2つある貸切風呂は「しろがね湯」(メタ珪酸にて温泉認定)
お食事★★★      フュージョン料理のコース
お値段★★★      1泊2日15,500円
総 合★★★

(ぴのんの分析書)
イメージ 34

松本楼本館の分析書)
イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37