** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

GAHAMA terrace(ガハマテラス)*大分県別府市上人ヶ浜温泉


それは6年前、2013年のこと。
「masumiさん、国武別荘に行きませんか?」

既に九州電力保養所としては存続しないことが決まっており、
手放されようとしていた頃に
もぐささんからお誘いをいただき。

イメージ 49
温泉好きなら、「ほぅ…」とため息漏らしそうな、
文化財級の逸品。
もちろん、自家源泉。

日程的に平日それも年末だったため、
行けなかったことが唯一の心のこり。

それが。

この歴史ある国武別荘が閉鎖・取り壊しの危機に瀕したとき、
同じ上人が浜に宿を構える潮騒の宿 晴海』がここを買い取り、
イクラス温泉宿としてオープンした、と聞いて、
気になってしょうがなく。

1月、平日宿泊利用でお邪魔して参りました。
『ガハマテラス』エントランス。
イメージ 1

日中はフレンチレストラン『ビストロ ヴァンヌーヴォ』
このロビーにてチェックインの手続きを。
イメージ 3 イメージ 4

プールを横目に見ながら、細い廊下を進み、フロントを抜け、
イメージ 50

各部屋へ続くこの廊下の左手に、
イメージ 5

国武別荘時代のお茶室が残されています。
イメージ 6
古きものを、こうやって遺してくださっている心意気は、
本当に嬉しく有難い。

本日の私のお部屋。
イメージ 2

広々2ベッド、
イメージ 8

ゆったりソファ
イメージ 9

ベランダにも椅子が。
イメージ 10

そしてお風呂。
イメージ 7

あの素敵な円形大浴場は無くなってしまいましたが、
こうやって各お部屋に源泉が引かれ。
(大浴場は、あの丸い形を活かしてセレクトショップになっています…)
イメージ 11
塩化物泉、源泉温度58.9度。
お隣、『晴海』とは明らかに違う自家源泉。

広いウォークインクローゼットの中の引き出しには、
浴衣と、パジャマをご用意。
イメージ 12

イメージ 13
うーん、LLは使わないなぁ(笑)

冷蔵庫に入っていた、プレモルで風呂上りの一杯を。
イメージ 14

明日の朝まで何しようかな…

別府に来てから美味しいもの食べてばかりいるから、
おなかは減ってないしな…

ビールをゆっくりいただきながら、
メールチェックして、日報替わりのFacebookを更新して、
少しばかり、お部屋でまったりと。

気づくと、19時。
ふと、また温泉ココロが疼きだし、
フロントに「出かけて参ります」と声を掛け、
少しお出かけ。

イメージ 16

ここは上人ヶ浜(しょうにんがはま)
地元の方々が、愛着込めて「ガハマ」と呼ぶのを引用して、
「ガハマテラス」と名付けたのだそう。

お隣は、系列の潮騒の宿 晴海(せいかい)』
その昔、まだ部屋風呂が全室についてなかった頃に泊まりましたが、
今は全室温泉付き、少しばかりお値段設定もお高くなった模様。

イメージ 17

『ガハマテラス』宿泊者は、
『晴海』のお風呂にも入れます◎
別府八湯温泉道スタンプもいただけます)

上人ヶ浜から、実は亀川あたりは徒歩圏内。
夜中のお散歩で19時~22時半くらいまで、
前田温泉→四の湯温泉→亀陽泉→競輪温泉→晴海と
徒歩で巡ってきました(笑)
イメージ 51

『ガハマテラス』に戻ってくると、
イメージ 18

フロントの方に呼び止められ、
「お届け物がございます」と。
イメージ 52
「…!」
驚きました、
わざわざお誕生日のお花と贈り物を届けてくださったよう。
Mさん、ありがとうございます♡

夜の茶室も綺麗ですね。。
イメージ 15

お部屋に戻ったらもうひとつびっくり!
なんと、お風呂の戸を開け放していったら、
室内結露が(^^;
イメージ 23
お風呂の戸を閉めて、換気に気を付けたら
朝までには消えてたのでほっとしましたが、
気を付けよう…。

さてまだ23時。
このお宿で、もうひとつの楽しみが。

黒のロングドレスに着替え、
髪の毛を下ろしてネックレスをし、
ひとり、バー『タピスカロイ』へ🍸
イメージ 19

イメージ 22

イメージ 21

イメージ 20

女性のバーテンダーさんが、
シェーカーを振ってくださいました。

大分の国東半島のほうがご出身とのこと、
やはり温泉がお好きなようで、あれこれお話させていただきました。
イメージ 53
「タピスカロイ」
一杯とチョコレートと、フルーツをサービスで出していただき。

0時前に退席。
バーのお隣は、「サロンガハマ」
こちらも国武別荘テイストが残るエリア。イメージ 27

イメージ 24

大昔の竹瓦温泉
イメージ 25

竹瓦温泉のはなれ、との記載あり。
昔は、道後温泉みたいに建物がもっと立派だったのかな。。
イメージ 26

美しきステンドグラスの数々。
イメージ 28

お部屋に戻り、ふかふかベッドでしあわせな就寝…。
先ほどの結露騒ぎのせいで、
乾燥とは無縁の世界(笑)
しっとりと、夢の中へ~

翌朝。
朝食付きのプランだったので、
『割烹松秀』にて。
イメージ 29

イメージ 30
朝食は和か洋か選べたのだけど、
洋にして正解◎

イメージ 31

イメージ 36
こうなったら、もちろん朝シャン付きで…
イメージ 33

バジル/トマトのドレッシングは、サンヨーコーヒー製。
イメージ 32
紫野菜のサラダ

イメージ 34

イメージ 35
牛蒡ポタージュの向こうは、
左からカズノコ・サザエオイル漬け・グレープフルーツと鯛のマリネ…

鰯と塩熟トマトのロースト/パン(9種くらいのなかからチョイス)
イメージ 37イメージ 38
イメージ 39イメージ 40
卵料理はスクランブルエッグ/フルーツのシロップ漬けと紅茶

c/oは11時。
まだ時間があるのでもう一浴。
イメージ 41

それにしても…
イメージ 42
湯量調節不可、ずっとかけ流しておいてください、とあったので、
浴室の窓も2面開けていたにも関わらず、朝でもこの湯温…♨
47度。

お花は明るいところでみるとまた綺麗。
ベランダに置いた花に癒され。
イメージ 43

11時、c/o。
イメージ 44
荷物は預かっていただき、
身軽になって、裏手の上人ヶ浜へ。
イメージ 54

イメージ 45

イメージ 46

左手、遠くは国東半島かな?
イメージ 48

イメージ 47
右手には高崎山も遠くに見えます。

お散歩してて気づきましたが、
『ガハマテラス』、敷地内、
何だかタワー?みたいなものを作ってましたよ…。

オリンピック需要、その前のラグビー需要に向けての
増築の一環でしょうか。


【GAHAMA terrace(ガハマテラス)】→https://gahamaterrace.com/

(2019.1訪問です)
雰囲気★★★★
お風呂★★★   源泉温度58.9度 泉質:塩化物泉 pH:不明 溶存物質 不明
お食事★★★★★
お値段★★★★
総 合★★★★

(分析書)※フロントに掛け合いましたが、残念ながらこれしか用意できず。。
イメージ 55イメージ 56

(参考:『潮騒の宿 晴海』の分析書)
イメージ 57

#ガハマテラス #国武別荘 #GAHAMAterrace #別府ハイクラス湯宿 #別府自家源泉 #別府のみ不可