** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

恋人からの手紙。

     イメージ 1

今日で付き合って1年。あっという間だったね。
ということで、今日ぐらいは真面目に手紙でも書こうかと思った次第です。
おれにしては珍しい試みだけど。

とはいえ、何から書いたらいいだろう。
そうそう、masumiっていっつもデート中に万引き防止のセンサーに引っかかるよなぁ…(笑)。
わざわざ記念日に書くようなことじゃないか(笑)。この話はやめよう。

この前、結構激しい喧嘩になったよね…。
会話の流れで、masumiが「好きな人できたら別れていいからね」って言ったんだよな、おれに。
それでおれが怒った。

masumiは、別れても自由が手に入るし、おれの代わりもたくさんいるって思ってるよね。
masumiは何気にモテるし。

その余裕というか突き放したところが、おれからするとイラっとするんだと思う。
おれのことはどうでもよさそうというか…。

masumiってさ、単に自由人で何も考えていないのか、おれから逃げようとしてるのか、
いまいち掴めないよね。

楽しそうに生きてるけど、おれがいるかいないかはあまり関係がない気がする。
…とかうじうじ言ってるから面倒くさいのか。

冷たい感じはしないし、masumiって男からすると人気があるのは分かるんだよね。
でもいざ付き合ってみると、雲みたいにフワフワとしていて、
いつ消えてしまってもおかしくないとも思う。
今は、付き合っている感じがしなくて、遠い。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれはmasumiには感謝してるんだ。
おれにとってmasumiのイメージは、洗いたてで乾燥機から出したばかりのタオルみたいなんだよね(笑)。ふわっふわっとしているところとか、いいニオイがするところとか。
あらためて振り返ってみれば、この一年間はタオルに包まれているみたいに居心地がよかったと思う。

masumiが言ってくれた
「いつか二人で一緒にいる意味が、生きる意味にもなればいいね」っていうセリフを
おれは今でも大切にしているから、これからも手探りながらにうちらなりに進んでいけたらと思う。
masumiは自分が放ったその言葉、覚えているんだろうか。
この手紙で思い出してくれたら嬉しいよ。

これからもたくさんの壁に当たると思うけど、一つ一つ乗り越えていこう。
あ、あと、友達に「彼氏はものまねレパートリーが数百種類ある」とか吹くのはやめてくれ(苦笑)。
おれ、カイヤの真似しかできないだろ。

では、これからも末永くよろしく。
masumiがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.おれの部屋に来るたびに「痩せた子供の霊が隅っこで見てる」とか言うなよ…。

これもかなり笑えました・・・。

万引きセンサー、引っかかったことないし~(笑)
わたし、恋人と喧嘩しないし~(笑)

あ、これを読んでひとつ気になったコトが。

男の人って、「俺」「僕」「自分」
どのタイミングで言い分けてるんだろう!? ただのフィーリング? 音(おん)かな??

恋人からの手紙、もらってみたい方はこちらへ
 【一年目の手紙】→http://tegami.hanihoh.com

初恋の人からの手紙を貰ってみたい方はこちらへ
 【初恋の人から手紙が届きました♥】→http://blogs.yahoo.co.jp/masumi_january7/58931995.html

カメさん、楽しいサイトをご紹介くださってありがとうございました♪