** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

■夏九州3日目■妙見温泉~人吉~白木川内~湯川内~紫尾~ 吹上温泉

おりはし旅館で幸せな朝湯をしたあとは…

イメージ 1

一気に熊本県の人吉(ひとよし)まで。

華まき温泉(清涼泉)
※写真は大浴場ですが、家族風呂を5人2チーム交替で利用。(料金は2000円)
イメージ 2

人吉旅館
ここもある意味ミラクルが…。
イメージ 3
韓国人の美人女将さんから、
球磨焼酎を頂くときの盃をひとりずつ頂戴いたしました

それにしても、3年前に泊まったお宿の部屋番号を覚えている郡司さんはすごい!
見事言い当て、女将もびっくりしてらっしゃいました。

すぐ隣にある、国宝青井神社に皆でお参り。
イメージ 4

さすが本業一級建築士でいらっしゃいます。
いろいろなポイントで説明を付け加えてくださいました。

そして人吉餃子を求め…
『ま心(ごころ)』へ。
イメージ 5
 
イメージ 11

ご主人が丁寧に焼いた餃子と、
ちゃんぽんをいただく私たち。

さて、これから鹿児島の左上側から攻め行きます(笑)

白木川内温泉山荘
イメージ 6

川内温泉かじか荘
イメージ 7

紫尾温泉しび荘
イメージ 8

そして今晩のお宿、吹上温泉『みどり荘』へ。

広い敷地のなかに湯舟が点在…
そして二種類の源泉。
そのうちのひとつが黒い
 のですが、暗いとわかりにくいので、
翌朝画像に収めることに。


そしてお夕飯。
お値段一万円代前半にも関わらず、結構豪華です◎

今宵のお酒は地元薩摩焼酎『西海の薫』。
イメージ 9
焼酎グラスに焼酎と氷、そして今夜は、
「華まき清涼泉割り」と「かじか割り」にトライ!

(実は前日にも、「湯之元割」にトライしておりましたw)
イメージ 10

「華まき割り」はあの清々しい清涼泉のとおり、癖もなくさらっと。

「かじか割り」は…癖になります。
一口飲んだあとに広がる微硫黄臭(笑)


こういう楽しみ方もあるのですね!

翌朝8:30出発を誓い、二次会なくご就寝のみなさま(笑)

外は台風余波の雨降り。
そんなわけで夜も更けていきます。。

( ■夏九州4日目■につづく)