** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

令和参年睦月、雑感。

f:id:seasonsgreetings:20210122232834j:plain

 

2020年(令和弐年)12月27日、新潟の祖母が102歳で永眠いたしまして。

実父曰く、「眠っているようないい顔だった、102歳なら大往生だ」と。

 

この御時勢なので、最後のお別れにも伺えず、

今となっては、本当にあの元気なヨミばあちゃんが亡くなったのか、

「まだ生きてるよ」と言われれば、本当に信じてしまいそうな、そんな状況。

 

そんななか、年が明け令和参年、1月15日に、義父が73歳で永眠。

おんなじ1月が誕生日で、先日私が大分に行ったときも、

「お誕生日おめでとう!」と、ちゃんと覚えてくれて祝ってくれて嬉しかったのだけど。

(でも義父はそういうところが、ちょっと私と似ていたような親近感=私も人様の誕生日は割と覚えているほうなので)

 

その時は、「お義父さんも、もうじきですね!」なんて言っていたのに、

ご自身の誕生日(1/30)を待たずに、一足先に天国へ。

 

久方ぶりに、焼き場まで立ち会う葬儀に参列し、

ご遺体、そしてご遺骨と目の当たりにし、

「亡くなってしまったら、本当にもうおしまいなんだな、

こうなってからやりたいことなんて、出来っこないんだな」と改めて実感。

 

やりたいこと、出来てる?

今、死んだとしても後悔しない生き方できてる?

 

しばし、自問自答。

 

多分、人生折り返し地点は過ぎている。

あと残された人生、何が大事か、何がしたいか、ちゃんと考えてもいい頃かと。

 

そして、同じように、

「親孝行は生きてるうちに」

=親も子供も、どちらが死んでも親孝行は出来ない、と解釈しましたが、

今、わたしに出来ることー。

 

長女として、姉として、嫁として、妻として、

先輩として、同僚として、友として、同じ志を持つものとして、

何よりも一個人として、出来ること、今のうちからやっておこうよ、

そう思った平成参年睦月。

 

オトナになるって、考えさせられること多いね…

今更、アタリマエかもしれないけど。

 

でも、人生って、

自分が楽しくないと人様を楽しくなんて出来っこないし、

自分が幸せでないと人様を幸せになんて出来っこないし。

 

まずは身近な周りの人たちと楽しく幸せに生きていけること、

そこから考えてみようかな…。

 

そうなると、まずはこの足枷(アシカセ)の、コロナ&緊急事態宣言、

はぁ、それを思うとまた溜息から始まるのよね…"(-""-)"