** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

岩の湯*長野仙仁(せに)温泉【お食事編】

予約の取れないお宿、長野県仙仁温泉にある岩の湯さんです。
日本秘湯を守る会の会員宿でもあり、その会員宿の中でもハイクラスなお宿です。
(お値段、対応、いずれにしても・・・)

 

2008年1月に訪問し、岩の湯さんに関する記事は既にふたつ、ご紹介してきました。

 

     イメージ 1

 

【前編】では、岩の湯さんの素晴らしき企業理念や、概容を、
【後編】では、いつもどおりに、お風呂やお料理の紹介をしたのですが、
実はお料理編が載せきれていないままでした^^;

 

ここで一挙にご紹介。。

 

     イメージ 2
     実はお誕生月に行ったので、お祝いの小さなドライフラワーの花束と地酒をいただきました♪

 

     イメージ 3

 

     イメージ 4

 

     イメージ 5

 

     イメージ 6

 

     イメージ 7

 

     イメージ 8

 

     イメージ 9

 

夕食はどこかの料亭でいただいているかのよう。
個室でゆっくりと、美味しいお酒とともにいただくことが出来ました。

 

お夕飯もさることながら、感動したのはこちらの朝食!

 

     イメージ 10

 

     イメージ 11

 

     イメージ 12

 

     イメージ 13
     いずれの品も、彩りがとても美しい♥ そして、美味しい。

 

デザートと珈琲はテーブルを替えて、こちらのテラス席でいただきました。

 

          イメージ 14

 

     イメージ 15

 

c/oは12時! そのおかげもあり、ほんとにゆったり。。

 

朝食なのに、いいのかしら、こんなにのんびりゆっくりいただいて・・・
そんな感じを抱かせてくれる『素敵な朝食』でした◎

 

外は凍てつく信濃の雪景色・・・

 

     イメージ 16

 

でもそんな寒さとは無縁の、居心地のよい温泉宿「岩の湯」さんでした。

 

湯元長座さんに行ったときに、秘湯を守る会の秘湯本・第一冊目を見つけました。
1981年に発行されたその本には、確かに「仙仁温泉 岩の湯」のページが・・・
そしてお値段は一泊二食付き8千円・・・

 

     イメージ 17

 

     イメージ 18
     なんと、当時扉温泉明神館も秘湯の会の会員宿でした!

 

そのほか、白骨の泡の湯さん、横向の滝川屋さん、群馬宝川の汪泉閣さんも会員でした(@_@)

 

おそらくこの頃に、湯守さんは行かれたのですね~
ある意味、見てみたいです、昔の岩の湯さん。。

 

以上で岩の湯さんシリーズ、完です☆

 

**********

 

11ヶ月前から予約開始なので、結構直前でキャンセルなどが出ることもあるそうです。
土日にこだわらなければ平日なら、今時点で電話して、
直近のあいている日にちに予約をお願いするのも手ですネ。

 

今の野望は・・・「11泊目のご招待で岩の湯さんに泊まること!」(爆)
でもこれ、実際にご招待受けたことある方もいるようなのです。
日にちを指定せず、空いている日ならいつでも~と言う感じで
朝日旅行会通してお願いしたのでしょうかねぇ!?

 

【岩の湯紹介サイト(日本秘湯を守る会公式HP】→http://www.hitou.or.jp/reserve/hy_bacstse.php?dir=ni129

 

(2008.1.20訪問です)
雰囲気★★★★
お風呂★★★   源泉温度34.2度 泉質:単純温泉 源泉掛け流し pH:8.1 溶存物質610mg/kg 
お食事★★★★★
お値段★★★   PRICE:35,000円(一泊二食付き) 松(302)のお部屋宿泊 c/i14時 c/o12時
         ※クレジットカードは使えません
総 合★★★★