** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

湯宿だいいち*北海道養老牛温泉

羽田空港を離陸し、今度は北へ・・・
九州へ向かうより、北に向かうほうが大地が眺められて面白いですね!!

福島の猪苗代湖上空を抜け、乳頭温泉の近く田沢湖の上を通り・・・
     イメージ 1

          イメージ 2
          うーん、このあたりは玉川温泉とかあるところかな!?

十和田湖(特徴あるカタチ、くっきりわかりますね!)の上を通り・・・
     イメージ 3
     ここらへんも、温泉天国だ・・・。

下北半島を眺めると、「ん? 恐山に湖があるんだ・・・」
     イメージ 4
     恐山に小さいですが、湖発見!

そして津軽海峡(大間のマグロ・・・(涎))を渡り、北海道の大地へ~

「でっかいどー北海道メモリアルツアー10日間」の最後のお宿として選んだこちら、
養老牛(ようろううし)温泉『湯宿だいいち』

     イメージ 7

近年、日本秘湯を守る会の会員になられたお宿でもあります。

ここはいい評判しか聞いたことがありません。
あの、ひとりで秘湯を守る会会員宿を100軒近く渡り歩いたまさえもんも絶賛。

なにが、そんなに・・・?

          イメージ 8

中標津(なかしべつ)空港(※ANAしか就航していません)にてレンタカーを返却、
お迎えにきていただいて、一路、養老牛温泉へ。

          イメージ 6

養老牛って面白い名前・・・と思っていたら、アイヌ語で「ヨロウシ」の当て字らしいです。

     イメージ 5
     エントランス。広々していて、気持ちがいいです。

夜はこのロビーの窓の外にシマフクロウがやって来て鳴くとか!
さすが北海道、スケールが違いますね。。

さて、お宿についてまずはチェックイン。

     イメージ 10
     鍵をふたつ、渡されます。なるほど、早速これで来たか!と(笑)

鍵がふたつのお宿・・・記憶にある限りでは、
長野県の仙仁温泉岩の湯さん、あともう一箇所、どこか・・・失念^^;

お部屋はタイプがよりどりみどりで、今回はこちらのお部屋。

          イメージ 9
          和モダンな感じで、お布団ではなくベッド、そして一面川沿いの緑がとても綺麗!
          ↑相方がデカいですが、真ん中にアヒル隊長ゆるり~が居るの、わかります??

     イメージ 11
     お部屋の床の間?にはこんな綺麗にお花も飾られ・・・

そうそう、浴衣の柄もお宿らしくて良かったです♪
     イメージ 12

でも、この汎用柄のほかに・・・女性には彩り浴衣が選べるサービスも☆
     イメージ 13
     浴衣・・・を撮ったつもりが、これ、パジャマですね!? パジャマサービスもあるなんて・・・!

     イメージ 14
     私の選んだ浴衣。二日目は、これで館内うろうろしてました♪

寛いで過ごせそうなお宿です。
さて、そうなると・・・次はお風呂。

          イメージ 15
          無色透明の、渓流沿いのお風呂!

          イメージ 16
          大胆な混浴風呂!

          イメージ 17
          岩盤浴が出来る小部屋(お部屋にサウナ着も付いてました)

          イメージ 18
          内湯も広くていい感じ♪

広いです・・・。
画像はありませんが、そのほか、樽風呂とか、混浴露天風呂の前に岩露天風呂とか・・・

お風呂も広いですが、館内も広い!
カタチにこだわることなく、年々進化しているお宿だ、とも、旅行雑誌に書いてありました。

そんなハード面も納得・・・
でもそれよりも何よりも、
ご主人と女将さんが、気取らずてきぱきと、周辺を見回し細やかに心配りをなさる・・・

たとえば。

お夕飯前のひととき、あの広いエントランスの椅子に腰掛け、
生ビールをふたつ、注文しました。

     イメージ 19

湯上りビール飲み飲み二人でまったりしておりましたら、
通りかかったご主人(とても動きやすそうなラフな格好をなさっているのですが、間違いなくご主人)、
暖簾の向こうに消えていったと思ったらすぐ戻ってこられて、
手には、ちっちゃなおつまみテトラパックが!

それをさりげなく、私たちに供して行ってくださいました。
そしてまた本来の用事を足しにいずこへ・・・

見ていて本当に気持ちの良い動きなのです、若いスタッフのみなさんも。。

そして、極めつけはお料理♪
二日分のお夕飯を一挙掲載いたします<(__)>

【一日目お夕飯】

     イメージ 20
     花咲ガニカニと名前は付いていますが、ヤドカリの仲間だそうです。。既に北海道でも希少価値!

  イメージ 21 イメージ 22 イメージ 23

     イメージ 24

  イメージ 25 イメージ 26 イメージ 27

【二日目お夕飯】

     イメージ 28

  イメージ 29 イメージ 30 イメージ 31

  イメージ 32 イメージ 33 イメージ 34
  初物、根室の秋刀魚♪

ちなみに朝食。
つきたてのお餅(お客さんも希望者は餅つきに参加できます♪記念写真付き)を出してくれたのも、
美味しかった~♥

基本は、お好きなものをいただけるバイキング方式。

     イメージ 35

     イメージ 36

「昨晩、食べ過ぎたな~」と思ったら、朝食でセーブ出切る。

お食事、◎◎◎です!!(^_^)v

私たちは2泊3日ですが、
実は仲居さんに寄ると、最高連泊者は6泊7日だとか・・・(*_*)

そうなるとお料理はどうなるんでしょう?

お客さまの好みや苦手なものをお聞きして、一日一日料理長さんが工夫して出してくださるようです。


そうそう、お風呂はご紹介しましたが、温泉ソムリエのみなさま用に、
分析表は最下段に掲載しておりますm(__)m

 自然湧出  ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 泉温66.7 pH7.4 毎分126㍑。

湯口の温度は熱すぎず、温すぎず適温、塩化物泉ですから温まりもよく、
おまけに硫酸塩泉でもあるので、美容に嬉しいアンチエイジングです♥

お風呂のバラエティーも富んでおり、いつ、どこにお風呂に入っても退屈しない湯宿です。

     イメージ 39
     のんびり~貸切風呂もあります^^


また、近くに野湯「からまつの湯」があるということはわかったのですが、
ちょっと歩かなきゃいけないのと(といっても多分数キロ・・・)、お部屋でまったりづいてしまったので、
今回は見送り~ 野湯と会えずじまいだったシマフクロウは、次回の楽しみに取っておきます*^^*



養老牛温泉からは、マリモの阿寒湖屈斜路湖(この湖畔は温泉たくさん!)もドライブ圏内ですし、
立地的もなかなかお気に入りです。

          イメージ 40
          屈斜路湖半のこのお風呂・・・また行ってみたい。。

この当時(2008年9月)だと、ANA便が羽田⇔中標津で日に一往復するのみ^^;

秘湯を守る会の11泊目のご招待で行くのもいいなぁ~♥
ただし、初夏から9月頃までは繁忙期なので、この時期の11泊目はお断りとのこと~
今度はゆっくり、冬の北海道もいいかな・・・(あ、でも寒そうだな・・・^^;)


さて、ここにつくまでに、宿泊先一覧。。
小樽2泊(小樽朝里クラッセホテル・蔵群)→支笏湖丸駒温泉旅館
 →旭川芽登温泉→阿寒ビューホテル→知床花ホテル→養老牛温泉2泊(湯宿だいいち)

最近はこんな日数で国内旅行する人もいないって言われたよ、と相方が申しておりました^^;
確かにそうかも・・・

でも往復飛行機タダ(ANAカードでショッピングポイントをマイルに交換♪)だし、
あとはレンタカー代とお宿代ですね。。

あ、ANAカード、この10月分から、
1ポイント=10マイルが、1ポイント=3マイルに変更になるそうです!
(JALカードも同じです)

むむ・・・。これはよろしくないですね。。(笑)

お手元にマイル交換ポイントがある方は、9月末に一度交換されることをお薦め致します!

・・・と最後はマイルの話になっちゃいましたが、
北海道、ぐるり巡ってみて、ほんと奥が深い! そして温泉たくさん!!
ただし、移動距離長い(笑)

今度行くときも、長めのお休みをいただいてからじゃないと・・・モッタイナイですね^^

【湯宿だいいちHP】→http://www.yoroushi.jp/SB/

(2008.9.21-9.22宿泊です)
雰囲気★★★  
お風呂★★★  源泉温度66.7度 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 pH:7.4
        溶存物質1,637mg/kg 
お食事★★★★★
お値段★★★★ 一泊二食付き19,950円 211号・261号 カード利用OK
総 合★★★★
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
*** お宿分析表です ***
     イメージ 37
     イメージ 38