** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

水月ホテル鴎外荘(すいげつほてる おうがいそう)*東京都台東区上野鴎外温泉 ※2020年5月末閉館

東京都認定第一号温泉が、その幕を閉じました。

水月(すいげつ)ホテル 鴎外荘(おうがいそう)』

その名の通り、森鴎外ゆかりの地でした。f:id:seasonsgreetings:20200605001452j:plain

 

上野公園のお隣にあって、外観はもはやビジネスホテル。

f:id:seasonsgreetings:20200605001449j:plain

 

 だけれども、この鴎外温泉は、東京都認定第一号温泉♨

歴史ある名湯なのです。

f:id:seasonsgreetings:20200605001222j:plain

 

入口はこちらから(うーん、ビジネスホテル…)

f:id:seasonsgreetings:20200605001224j:plain

目の前にこのアーチが広がりますが、

右手に折れて、フロントで受付を。

f:id:seasonsgreetings:20200605001347j:plain

 

フロント前のロビー。

f:id:seasonsgreetings:20200605001227j:plain

 

以前一度、立ち寄り湯で寄ったことはあれど、宿泊は今回が初めて。

フロントでキーを預かり、エレベーターで上へ。

f:id:seasonsgreetings:20200605001251j:plain

 

お部屋はツイン、

f:id:seasonsgreetings:20200605001237j:plain

 

 窓の外は上野公園エリア。

さすがに動物は見えませんが、

象さんが「パオ~~ン」と鳴いているのが聞こえましたよ。 

f:id:seasonsgreetings:20200605001242j:plain

 きっと今は、世界一しあわせな動物園なんだろうなぁ…

(動物さん的にはストレスゼロ、きっと…)

 

浴衣はレトロな感じ。

f:id:seasonsgreetings:20200605001248j:plain

 着替えて、さっそく湯処へ。

(湯処に行くには、フロントを通ってエントランス前を通っていくことに)

f:id:seasonsgreetings:20200605001316j:plain

この右手に、鴎外荘があるのですが、

夕方どきはお食事で使われているお客様も多く、

翌朝、c/o後に見学することに。

f:id:seasonsgreetings:20200605001254j:plain

 

なびく旗の間を抜け、別棟のドアをくぐり、レストランの脇を抜け2階へ。

はじめてだと、ちょっと迷うかも。

f:id:seasonsgreetings:20200605001213j:plain

入浴時間は、朝6時~10時、11時~23時。

朝晩で男女入替制。

f:id:seasonsgreetings:20200605001303j:plain

 

「福の湯」=大理石風呂。

もう片方「檜の湯」の湯舟よりおっきめ、倍くらいの大きさはあるのかな。

おっきいだけあって、ちょっとお湯がぬるめだったのは残念…。

f:id:seasonsgreetings:20200605001306j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001257j:plain

大理石が、いい色に色づいてます…♨

f:id:seasonsgreetings:20200605001208j:plain f:id:seasonsgreetings:20200608201004j:plain

 

もうひとつは、「檜の湯」=その名の通り、檜風呂。

古代檜の漆塗の浴槽なのだそう。

f:id:seasonsgreetings:20200605001308j:plain

 

壁の模様からすると、

なんだかこっちが大理石風呂?と思ってしまいそうな感じですが…

f:id:seasonsgreetings:20200605001216j:plain

以前、こちらに入ったときも、湯温熱めでちょうどよかった!

鴎外温泉、鉱泉なので、沸かしながらかけ流し…

この努力に敬意を表します…。

結局この滞在中、温泉に3回浸かったかな…

3回浸かってようやく、

「嗚呼、やっと温泉に浸かれた…」という実感が沸きましたよ…。

なんて言ったって、3月以来、2か月ぶりの温泉ですもの!!

 

日中に象さんの「パオ~~ン」と言う鳴き声が聞こえたほかは、

至って静か…。

夜もぐっすり、眠れました◎

 

翌朝。

本当は朝食も無しのプランだったのですが、

お宿からのサービスということで、「朝食に牛丼が食べられます」と。

 

牛丼?朝から?? ちょっとヘビーじゃない?(^^;と思ったのは本音、

でも夕食どきのレストランも予約でいっぱいでしたし、

このお宿でお食事をいただくのも最初で最後かな、と言うことで

有難く頂戴することに。

 

お宿のレストラン、『京料理 沙羅の木』 

f:id:seasonsgreetings:20200605001311j:plain

朝食の牛丼はこちら。

f:id:seasonsgreetings:20200605001318j:plain

まぁ~♪ お上品な牛丼!

f:id:seasonsgreetings:20200605001322j:plain

 「当館が用意しておりますご朝食は、
黄綬褒章受章~現代の名工~大河原実総料理長監修のもと、
チームが心を一つに調理した、国産牛を用いた『牛丼』です」

f:id:seasonsgreetings:20200608200944j:plain

初夏の眩しい日差しを感じながら、

ゆったりと朝食をいただき~。。

f:id:seasonsgreetings:20200605001324j:plain

 

さて、c/oしたあとに、森鴎外旧邸を見学。

宿泊客は入館料は不要。

f:id:seasonsgreetings:20200605001350j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001327j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001330j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001334j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001339j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001336j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001341j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001344j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001357j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001400j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001403j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001407j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001416j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001420j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001413j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001422j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001425j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001429j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001704j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001438j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001441j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001444j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001446j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200605001706j:plain

 

そしてお土産は、「水月ホテル鴎外荘の湯」

f:id:seasonsgreetings:20200605001313j:plainf:id:seasonsgreetings:20200605001354j:plain

 

HPには、「鴎外荘を残すために、体力あるうちに閉じる決断をした」と。

f:id:seasonsgreetings:20200605001347j:plain

 

いつかそのうちまた、この名湯に浸かれることを願って。


(分析書)

f:id:seasonsgreetings:20200605001158j:plain

 

ohgai.co.jp

 

#鴎外荘 #東京都第一号温泉 #鴎外温泉 #廃業 #東京都の温泉 #森鴎外 #温泉