** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

奥山旅館*秋田泥湯温泉

つい2年ほど前の冬に、残念ながら火山性ガスでお亡くなりになった方がいらした温泉地です。
(積雪で2km離れた源泉のガス噴出口が覆われ、
 高濃度の硫化水素ガスが川沿いに旅館まで達し充満したことが理由)
『秘湯』とは、本来はそういう危険と隣あわせでもおかしくないところなんだよな、と
改めて思ってしまいます。ご冥福をお祈りいたします。


実は泥湯温泉は、私の祈念すべき「日本秘湯を守る会」1スタンプ目のお宿です。
お宿スタンプの日は、平成14年5月4日、
今やスタンプ帳も5冊目、あとスタンプ1つで5冊目も終了です。

それより以前も秘湯の提灯が灯るお宿に泊まったことはありましたが、
「スタンプ貯めてみませんか」の案内が帳場に出ていたのは、
この奥山旅館さんが初めてでした。


旅館までのあちこちには、灰色の温泉がぼこぼこ湧き上がっていたり、
煙がゆらめていたり・・・。

     イメージ 1

     イメージ 2


お宿自慢の大露天風呂はこちらです。

     イメージ 3
     ※2010年7月現在、この露天風呂は撮影禁止となっています。2002年に撮影したものを掲載しています。

以前出来た当初はこの露天風呂、中央の仕切りはなく、
男女混浴でしたが、残念なことに、いつの間にかこんな仕切りが・・・。


内湯はこのような感じで、とてもしっとり、趣があります。
「泥湯」と名前を冠しておりますが、どろどろの泥パック状のお湯ではございません
あっさり、さらさらの濁り湯です。

     イメージ 5


お宿全景はこちらです。
中央に見えるのが、大露天風呂です。

     イメージ 7


近くには川原毛大滝があり、夏場はそこに温泉が流れ込んでいるので、
野湯として使えたそうですが、さすがに当時はそこまで考えは及ばず・・・。
荒地を見学するのみで、引き返してきました。
(今考えると、モッタイナイ・・・)

     イメージ 4


泥湯温泉行きの地元のバスは、どうやら一日に4往復しかないようです・・・。
近くの子安峡稲庭うどんの『七代目佐藤養助』などをめぐりながら、
車で行くのがベターですね・・・。

     イメージ 6


【奥山旅館HP】→http://www5.ocn.ne.jp/~doroyu-o/

雰囲気★★★
お風呂★★★   白濁 硫黄臭 源泉掛け流し
お料理★★★   旅館外で焼いていた鮎の塩焼きが美味! 今でも忘れられません。
お値段★★★
   
総 合★★★
※★5つ星評価です

#2008.8.4追記
パサ先生情報で、新しく足湯が出来たようです^^(TB先をご覧ください)