** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

沼尻元湯*福島県猪苗代町

     イメージ 1

この自遊人の表紙を見て、
「・・・ここ、すごいなぁ、枡形屋さんみたい・・・」と感動したのが最初。

そして、
ゆーゆー。さんはるかさんがサンダルを駄目にしても歩いて行った(歩いて行けた!)と聞き、
ずーっとずっと憧れの、文字通り「秘湯」だった温泉、沼尻元湯。

この源泉地から、数十キロ離れた中ノ沢温泉沼尻温泉に引湯をしているとのこと・・・

今回連れて行っていただいた口なので、右も左もわからず、
(・・・てゆーか、たぶんこれが正真正銘の野湯(やとう、じゃないですよ、のゆ(笑))
初体験!?)
達人のhiro-koさんに持ち物から何からご丁寧に教えていただき、
初トライして参りました!

備忘録がわりに以下、グッズを列記します。

【持ち物】
*リュック(無ければビニール袋紐付き、背負えるもの)
*水着or湯あみ着
*着替え用のタオル地ワンピース
*飲料水
*風呂敷 ・・・脱いだものや荷物をひとまとめにしておく(風で飛ばされる可能性もあるので)
*サンダル ・・・100円ショップのもので充分♪
*虫除けスプレー
ウナコーワクール
*ビニール袋余計目に数枚

そのほか、

*軍手 ・・・寒い風避けや、岩や木をつかむのに役立ちました
*空のペットボトル(500ml)1本 →何に使ったかはこちら♪
*携帯を首から下げる紐 ・・・携帯とデジカメを落とさないように、首から一緒に下げました


こんな風に準備万端にしていったおかげで、不自由せずにすみました^^

歩きなれない山道を行くなか、今回は元気なわんちゃんも一緒でした♪

     イメージ 8
     (ここはまだ足場がいい最初のほう・・・^^;)

道中、3組ほどすれ違いましたが、やはりみなさん温泉狙いの方々だったようです^^;

     イメージ 4
     さすがに降りては行けませんが、あちこちの湯だまり=温泉です!
   
大事なことを書き忘れていました、
昔、秋田の泥湯温泉で、温泉の硫化水素が雪の中に溜まっていて
そのせいでお亡くなりになってしまった方がいたのは、ご存知のことと思います。。

     イメージ 2

この沼尻元湯も、あちこち「立入禁止」と書かれた札が立っています。
まさに、天国と地獄の境界線・・・!?
風の無い日などは本当に危険だそうですので、くれぐれもご注意を・・・。

     イメージ 3

それにしても・・・いい色ですね~♨

安全なところでまず・・・特攻隊長ゆるり~に入浴してもらいます(笑)

          イメージ 5
          実は恐る恐る浮かべてます、流れに乗って「あ~れ~!」なんてなったら大変ですから(^^ゞ

そして沼尻記念に、お気に入りの温泉タオルなんかも広げてみます!

     イメージ 6
     えっ!?ゆるり~別府組!?!

実は昨年、ひろきんさんにお会いしたときに、記念にいただきました♥ 
この色、いいですよね、大事に使わせてもらっています*^^* ありがとうございます☆

・・・で、最後にわたくしも”足の舞” 今度は両足バージョン(控えめ)で(^^ゞ

     イメージ 7

野湯ってすごいですね!
ほんとに加工なし、混じりけなしの温泉の醍醐味満喫ですね!

ちなさんが、「野湯が好きです♥」とおっしゃっていたのが、
ちょっとわかる気がしました。

今回の貴重な機会をくださった、みなみなさまに感謝☆です!

#記事、大丈夫かしら。。。^^;