** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

つたや季の宿風里(かざり)*長野県木曽御嶽温泉

日本秘湯を守る会11泊目のご招待:長野・岐阜編でのみっつめの宿です。
 (一泊目:小梨の湯笹屋*長野県白骨温泉
 (三泊目:湯元長座*岐阜県福地温泉

 

つたやグランドホテルの姉妹店で、確か・・・10年ほど前に出来たばかりの
まだ新しい御宿です。

 

     『つたや季(とき)の宿 風里(かざり)』
     イメージ 1

 

日本秘湯を守る会に加入しているとはいえ、
他の名だたる秘湯名湯のような、湯量の豊富さ・成分の濃さはありませんが、
この御宿の佇まいと木曽御嶽山(おんたけさん)周辺の景色、
それから自家製野菜をふんだんに使った美味しい新菜野(しなの)料理が、
私を魅了させる温泉宿です。

 

     イメージ 2

 

イメージ 3 イメージ 7 イメージ 6

 

かれこれ・・・訪問は4度目。
風の気持ちのいい新緑の時期に行くと、お宿すぐ近くの「木曽馬の里」で、
馬たちと戯れられます。

 

     イメージ 4

 

     イメージ 5

 

お部屋は、部屋風呂の付いているタイプ(特別室含む)から、スタンダードなお部屋まであります。

 

でも大浴場であまりひとさまと会うことも少なく、
部屋風呂はないタイプでも・・・ゆっくり楽しめます。

 

大浴場はこちらから。

 

     イメージ 12
     少し長い廊下。大浴場へのアプローチです。

 

途中・・・野うさぎさんに遭遇!!
     イメージ 13
     画像右下に茶色いものが・・・

 

           イメージ 10
           拡大してみました◎

 

最近(09年7月当時)は、よくこの野うさぎさんが遊びに来るのだそうです^^

 

大浴場へ更に足を進め・・・
     イメージ 11

 

     イメージ 9

 

          イメージ 8
          「メタけい酸の含有量が温泉法の規定異常で温泉に該当する」鉱泉です。

 

          イメージ 14
          お湯はさらさらと・・・温泉にしては珍しく、このほかにジャグジーもあります。

 

そして、
何よりも楽しみにしているお料理はこちら。

 

          イメージ 15
          ◇前菜◇虹の橋

 

     イメージ 16
     机向こうの、ガラスの器の中にはなんと、ホンモノの金魚が泳いでました! 涼、ですね~。。

 

     イメージ 17
     ◇煮物椀◇雲海 鮎に見立てた冬瓜が見事です。

 

  イメージ 18 イメージ 19 イメージ 20

 

     イメージ 21

 

そしてちょっとびっくりしたお料理はこちら。
     イメージ 22
     ◇焼き物◇雪渓 木曽牛を、雪をいただいた木曽御岳に見立てた氷と共に火を入れます。。

 


つたや季の宿風里、お夕飯のひとコマ。
木曽牛、大変美味でした。。

 

そのほか、写真は忘れてしまいましたが、料理長がテーブルまでワゴンで来て、
そこで熱々の天麩羅を揚げて供してくださいます。

 

       イメージ 23  イメージ 24

 

イメージ 27

 

デザートは、場所を変えて食事どころからラウンジへ。
     イメージ 25

 

          イメージ 26
          ゆっくり、デザートと珈琲をいただくことが出来ます。

 

静かな、何も騒々しいものがない開田の地で、夜は更けていきます。。

 

朝食はこちら。
           イメージ 28

 

     イメージ 29
     蕎麦粥。。起きたばかりのお腹には染み渡ります。。

 

   イメージ 30      イメージ 31
   料理長が目の前で焼いてくれる卵焼き  手作りバター。でも以前より味が落ちたような・・・

 

自家製野菜をふんだんに使ったお料理です。
広いガラス張りの食事どころの前には、一面野菜畑が。

 

     イメージ 32

 

  イメージ 34  イメージ 33  イメージ 35
  久々に見たジャガイモの花。       蕎麦の芽。       やまぼうしの花。

 

気兼ねなく湯浴みを愉しみ、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込む。。

 

     イメージ 36

 

          イメージ 37

 

お天気がもう少しよければ、日がな一日、
こんなところで本を読んで過ごすのも楽しそうですね。。

 

          イメージ 38

 

お宿だけではないゆったりさ、リフレッシュを味わえる、
つたや季(とき)の宿 風里(かざり)、お薦めです◎

 

          イメージ 40

 

【木曽御嶽温泉 開田高原 つたや季の宿 風里 KazariHP】→http://www.kiso-kazari.com/

 

(2009.7.2訪問です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★  源泉温度11.1度 泉質:メタけい酸の含有量が温泉法の規定異常で温泉に該当する
        pH:6.97 溶存物質99mg/kg  
お食事★★★★
お値段★★★  ひとりあたり21,000円(一泊二食付き)勿忘草宿泊 ※今回は一人分ご招待
総 合★★★★

 

 

↓分析表はこちら(クリックすると拡大表示されます)
イメージ 39