** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

癒し温泉の宿 遠間旅館*新潟県妙高市赤倉温泉

 
新潟県内と言えども、
結構縦に長くて広いのです。
長距離トラックの運転手さんが、一番キライな県だとか…
 
なので、妙高高原に入るには、
長野新幹線→長野駅乗り換え直江津行きローカル線から入るのがお薦め。
 
イメージ 1
黒姫駅までが長野県。この次の駅が、妙高高原駅(新潟県)です。
 
 
豪雪地帯ですから、道幅も広く取ってあります、
そう、ここが赤倉温泉。
イメージ 2
 
赤倉温泉も含まれる、
妙高高原温泉郷は、「七五三の温泉地」
イメージ 8
七つの温泉、五つの泉質、三つの湯色。
 
♨七つの温泉=赤倉、新赤倉、池の平、妙高、杉野沢、関、燕
♨五つの泉質=5種類
♨三つの湯色=無色透明のほかに、白、赤、黒
 
実はこのキャッチコピー、
遠間家元が編み出したものなんだとか!
 
湯色はすぐわかりますね、
透明も一色として数えるのかな?と思いきや、
透明は置いておいて、燕の硫黄の白・関の赤、池の平の黒。
イメージ 35  イメージ 41
黒い池の平はその昔、「温泉心」がなかったときに、
よく行ってました~。。
(よって、写真も無し(笑))
 
この日は、透明の赤倉温泉にお世話になることに~
イメージ 3
 
イメージ 4
 
温泉ソムリエの総本山、『癒し温泉の宿 遠間旅館』
イメージ 5
 
イメージ 6
 
こちらに、温泉ソムリエ家元がいらっしゃいます。
イメージ 9
いつもハイパフォーマーな遠間家元!
 
この日は、温泉ソムリエ里帰りツアー復刻版で、
20名弱の温泉ソムリエ有志のメンバーが。
イメージ 7
なぜか拍手でお出迎えされた、京都のよねさん(笑)
 
明るく陽のさすお部屋でまったりも良し、
イメージ 38
源泉掛け流しの内湯でゆったりも良し◎
イメージ 10
 
こちらは、男湯のほうですね~
イメージ 11
 
イメージ 12
 
遠間旅館には露天風呂はありません。
もしも開放的なお風呂に浸かりたかったら、
以下をお薦めします◎
 

◆赤倉温泉足湯公園◆

イメージ 13
 
イメージ 14
まぁ、足湯には浸かれませんから(笑)、
少し歩いてこちら↓↓へ、いかが。
 

◆赤倉温泉野天風呂 滝の湯◆

イメージ 39
結構広い、露天風呂がありますよ♨
 
または、燕温泉まで足を延ばして…

◆河原の湯(混浴)◆

折しもこのころは見事な紅葉(2011年10月8日訪問)、
イメージ 15
 
以前、河原の湯があったところ。
岩と土砂に埋もれてしまいましたが…
イメージ 16
その上流に、河原の湯、復活!
イメージ 17
 
イメージ 42
(ARUGAさん撮影お写真をお借りしましたm(__)m)
 

◆黄金の湯(男女別あり)◆

イメージ 44
イメージ 40
あ、あとは山中にも超秘湯(野湯)がありますが、
イメージ 43
なんと足元自噴泉!
 
まぁ、こちらはマニア向けと言うことで~(笑)
 
 
赤倉温泉街の夕景。
イメージ 18
 
温泉ソムリエが3人集まれば、酒宴が始まります(笑)
イメージ 19
この日の晩も、各地から持ち寄った酒瓶がずらり!
イメージ 21
そう! 温泉ソムリエは温泉のテイスティングもしますが、
お酒ももちろん利き酒するんですよ!(笑)
 
宴会、はじまり、はじまり~♪
イメージ 20
 
「新潟だなぁ♥」と思わせてくれる、色鮮やかな枝豆。
イメージ 22
 
日本海からの海の幸。
イメージ 23
 
イメージ 24
 
お夜食用のおにぎりも、これまた嬉しい♪
イメージ 25
 
そして、夜のお散歩(笑)
イメージ 26
 
(中略)
 
朝ごはんは、みなさん眠い目をこすりながら~(笑)
イメージ 27
 
そして、よく晴れた秋の日に、妙高山登山!
イメージ 28  イメージ 37
 
イメージ 29
 
イメージ 34  イメージ 45
 
イメージ 47  イメージ 30
 
すこーん!と抜けたような青空の、秋の空。
イメージ 31
 
イメージ 32  イメージ 33
「たのしかった、あかくらおんせん~♪」(卒業式風に(笑))
 
赤倉温泉、一度は行くべし!
あ、山形県の赤倉温泉ではないですよ(笑)
 
温泉ソムリエなのに、遠間旅館に詣でてない方は、
モグリって言われちゃいますよ(笑)
(…と脅してみたりして(笑))
 
あ、そうそう。
赤倉温泉に来たら、レッド焼きそばもお忘れなく!
イメージ 36
見た目辛そうに見えますが、全然!
ハマりそうな美味しさです◎
 
***
 
思い出したように、ちょっと綴ってみたくなった赤倉温泉遠間旅館、
今頃はきっと、白い雪のなか…
また温かくなったら、行ってみたいな、ふと、そんな気持ちと共に~
 
温泉は楽しく♪♪
 
【癒し温泉の宿遠間旅館HP】→http://www.myoko-akakura.com/
【温泉ソムリエ協会公式サイト】→http://onsen-s.com/
 
(分析書)
イメージ 46