** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

松坂屋本店*神奈川県箱根町芦之湯温泉


大好きだった『鶴鳴館 松坂屋本店』が残念ながらクローズしてしまい、
その後、どうなるのだろう…!?と見守ってましたが、
無事に、2017年3月に、経営者が変わってリニュアルオープンされました。

新しいオーナーさんは、
ここを買い取ると決めたときに、こう言われたそうです。
「ここは、この温泉と美味しいお料理があればいい。他には何も要らないね。」

あの名湯が、あの雰囲気のまま、残ってたらいいな…。

そう思いながら、予約を入れた昨年冬。

*****

松坂屋本店がある芦之湯までは、箱根湯本駅からバスにて。

イメージ 1
既に車窓には新緑まぶしい4月末。

イメージ 2

少し山間にあるので、桜もまだこれから…?
イメージ 3

いつものように芦之湯のバス停で降りて、
いつものように『きのくにや』さんの前を通り、
その先を、右折。
イメージ 4
…ありました!

外観、少しだけ変わりました、
入口に大きな暖簾が。
イメージ 5

そして動線も少し変わり、
大きな暖簾をくぐると、右側の方へ。
イメージ 36
…ここが、建物の入り口に。

中は広くスペースが取られ、
イメージ 6

ゆったり椅子にて、c/iを。
イメージ 7
桜茶と和菓子。
イメージ 8

今日のお部屋は、「千種(ちぐさ)」
小さめだけど、部屋風呂がついているこのお部屋が実はお気に入りで、
2回目の宿泊。
イメージ 15

既にお布団も敷いてあり。
イメージ 9

季節柄、まだおこたもあり。
イメージ 10

家紋… 前と少し変えましたね。
イメージ 11

部屋風呂はこちら。
イメージ 13
小さめだけど、良泉を堪能するなら、小さな湯船に限る!

お部屋にはネスプレッソもあり、
ゆったり紅茶や珈琲を淹れ、楽しむことも。
イメージ 12

イメージ 14

もちろん、鍵はふたつ。
箱根の寄せ木細工が綺麗。
イメージ 16

大浴場へ探索しがてら、館内を少し散策。
イメージ 17
「若旦那の庵」! そのままの雰囲気で残ってました◎

大浴場の雰囲気も、暖簾が少し変わっただけ…?
イメージ 18

ああ、この湯船もそのまま残っている!
イメージ 20

この日は、薄いエメラルドグリーン。
イメージ 21
泉質は、
含硫黄-カルシウム・ ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)

美肌四重奏の素晴らしき名湯!
源泉はこの浴槽から歩いてすぐのところに。

改めて、この名湯にこの雰囲気変わらぬまま浸かれることに感謝…
(『金の竹』(新オーナー)さん、ありがとうございます。。)

自然派化粧品もたくさん並んでました、
よく見ればボディミルクもあったんだ~
全部シャンプーかと勘違いしちゃってました💦
イメージ 19

そういえば、小さな家族風呂もあったっけ…
思い出して、そちらの方へ。

イメージ 22

ちゃんとふたつ、残ってました!

滔々と掛け流される名湯。
イメージ 23

ザーザーかけ流されている証拠に、流れる湯の華。
イメージ 24

小さなお庭には椿、でしょうか、
イメージ 25
この時期、紅葉ではないことは確か。
よぅく確認したら、やはり椿でした。

イメージ 26

ビーフロアには、ドリンクバーが。
イメージ 27
生ビール、焼酎、日本酒、紅茶、珈琲…
イメージ 31

イメージ 28
お酒は二種、確かどちらも純米だったかと。

一口に紅茶と言っても、4種類!も。
イメージ 29

イメージ 30

このお庭を眺める椅子席で、
イメージ 33

まずは湯上りの一杯、いただきます◎
イメージ 32

イメージ 37

湯上りの火照ったカラダを冷やしに、少し外も散策。
こちら側が以前、入り口だったな…。
イメージ 34

以前もステキだったけど、
なかなか風情ある感じになりましたね^^
イメージ 35

そうそう、以前の家紋はこちら。
シンプルな松。
イメージ 38
松坂屋』のと、新しいオーナーとなった『金の竹』のを、
デザインに取り込んだのがこの新しい家紋なのでしょう。
イメージ 63

お食事はどんなになっただろう…?

お夕飯は、食事処えんにて。
イメージ 39

イメージ 40

この日のお品書き。
イメージ 64


イメージ 41  イメージ 42


イメージ 43  イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46  イメージ 47

イメージ 48  イメージ 49

イメージ 50

このレトロな鏡も、前とおんなじ場所に。
イメージ 51

あっ! 以前入口に鎮座していた鶴さん、
ここにいらした!
イメージ 52
宿名にもなるくらいの鶴さんですもんね、
どこかに居ると思ってましたが、再会できてよかった~。。

お部屋に戻り、ふかふかお布団へ滑り込む。
イメージ 53

あとは、また明日。
おやすみなさい~。。

*****

朝。
名湯で寝汗を流し、髪の毛も洗い、整えてから食事処へ。

イメージ 55
食卓が賑やか!

山芋と、ちょっと変わった納豆。
イメージ 54

朝食には干物。
イメージ 56


そして、c/oまで、もうひと湯浴み♨
イメージ 57

松坂屋さん、こんなのも作ったのですね(笑)
今、温泉地のお宿のはやりなのかしら~
イメージ 58

清々しい青い空。
イメージ 59

お帰りは、芦之湯バス停ひとつ手前の、
芦之湯温泉入口バス停へ。
イメージ 60

来た時と同じように、またバスで箱根湯本駅まで。
イメージ 62

4月末、新緑眩しいわぁ。。
イメージ 61

松坂屋本店』さん、
昔のままのたたずまいと昔のままの温泉、
ほっとしました…。

以前と比べると、すごくあか抜けた感じもするし、
スタッフも外国の方も居て、
これから海外のお客様も積極的に受け入れていくんだろうな、という雰囲気もあり。

それにしても、この名湯はここ、松坂屋さんならではのもの。

今度お邪魔するときは…通算4回目?
今度は、また違う季節に来てみたいな。

箱根芦之湯の名湯、
ここにずっと、永遠に、浸かれることを心から願います◎


(2018.4訪問です)
雰囲気★★★★
お風呂★★★★★  源泉温度59.1度 pH:8.1 溶存物質1,003mg/kg 
              泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素沿線(硫化水素型)  
お食事★★★     
お値段★★★     一泊二食付き 千種のお部屋2名利用@24,000円
総 合★★★★

(分析書) ※新しいものが見当たらなかった?ようなので、2013年訪問した当時のものを掲載
イメージ 66

イメージ 65