** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

鶴鳴館 松坂屋本店*神奈川県箱根町芦之湯温泉


箱根のなかでも、歴史ある芦之湯温泉
ここにも、名宿名泉がひとつ。
イメージ 2

『鶴鳴館(かくめいかん)松坂屋本店』
イメージ 1

鹿の鳴く、鹿鳴館(ろくめいかん)、なら耳馴染みかもしれませんが、
鶴が鳴く、鶴鳴館(かくめいかん)。

実はこちらは二度目の宿泊。

イメージ 13

今日は、松坂屋本店さんの中でも、
一番小さなお部屋? 「千種(ちぐさ)」と言う名前が付いています。

イメージ 20
鍵はふたつ、嬉しいですね♪

この小さめのお部屋、なのに…部屋風呂が付いてます◎
イメージ 14
それもこんなこじんまりした浴槽♨

ホントの温泉好きは…
広い露天風呂より、こういうのを好んだりします(笑)

いつでも、自分専用のフレッシュな源泉が掛け流し状態で楽しめる…
なんて贅沢なんでしょう。。

ふと、外の庭のほうを見やると、広めの離れ、でしょうか。
足湯スペースが見えますね。。
イメージ 15

さすがにこれだけ見下ろせられちゃうと、
あそこに肩まで浸かろうと思う人もいないでしょう(笑)

さて。
お風呂バックを持って、館内お散歩してみましょうか~
イメージ 16

若旦那の庵。
イメージ 17
朝はこちらで珈琲がいただけます。

あら? 昔、露天風呂だったところが、凍ってる…
イメージ 18
松坂屋本店さんは、露天風呂は今はありません。

素晴らしい、内湯のみ。
イメージ 19

美肌四重奏の素晴らしきお湯!
含硫黄‐カルシウム・ ナトリウム・マグネシウム‐硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)
イメージ 4

松坂屋さんHPには、石井宏子先生のコメントが載っているので、
それを引用して参りましょう。

*****

温泉ビューティー研究家・温泉ソムリエ石井宏子さんからは、
『美しい健康の3大要素、落とす(炭酸水素塩泉)、めぐる(硫黄泉)、潤う(硫酸塩泉)が
三位一体となって働くマルチビューティー温泉は、
まさに神様がくれたゴールデンバランスの美容液のようなお湯。

そしてもうひとつの感動は、温泉の色が変化するということ。
刻々と変わる温泉の色はまさに地球の神秘、300年以上繰り返されているドラマです。』
と評価をいただいております。

イメージ 3

確かに、「今日は何色?」
そう言ってお宿にc/iなさるお客様も多いのだとか。

イメージ 5
(初回訪問時に、貴重なこの源泉に案内していただきました)

浴槽から、100メートルほどしか離れていない、この源泉から、
薄めず、時間を置かず、この湯舟まで。

イメージ 6

このマルチビューティな源泉が…お部屋にもある、それも独り占め◎
イメージ 7
小さく温まりやすく、そして源泉掛け流しだから、
かなり熱めの湯でございます♨

熱湯大好きなR氏は、そりゃもうご満悦。。
(でもこの湯舟にはちょっと大きすぎる体格ですけどね…^^;)

ルームサービスで、湯あがりに、エビスビール。
イメージ 9

外は冬。
お湯はあたたか。
喉はビールで潤い。

嗚呼、なんて贅沢なひとときなんでしょう。。

私が必ず湯宿に来たらやること…
温泉で髪の毛を洗うことと、
お夕飯の前にお風呂に入って温まって、
お夕飯までの30分、お昼寝をすること。

今回も、例に漏れず…

zzz…


そしてお待ちかねのお夕飯。
食事処でいただきます。

イメージ 10

実は今(2013年12月)は既に料理長さんは変わられてしまっているのですが、
このときは、最初訪問した際からお付き合いいただいていた、
高野料理長。
イメージ 21
イメージ 22
今もまた、どちらかの素晴らしいステージで腕を振るわれていることと思います^^

その、高野料理長ご披露のお料理の数々…。

イメージ 11

イメージ 8  イメージ 12

悲しいかな、今は食品偽造等々言われている世の中、
高野料理長の供してくださった寒鰤は、正真正銘富山氷見の寒ぶり!
ホンモノはやはり裏切らない。美味しい。
「記念に」、と、出荷の際に付けられているこの札?をくださいました。。

初春のこの日のお品書き。
イメージ 23

美味しい鰤は、いろいろな姿で登場します^^

◆寒鰤照り焼き 大根卸し 安納芋◆ 
イメージ 24

この綺麗な器の中には、百合根饅頭が。
イメージ 25

お口直しの、塩シャーベット
イメージ 26

◆鴨つみれ鍋◆
イメージ 27

◆ずわい蟹の揚げもの◆
イメージ 28

◆鯛釜飯◆
イメージ 29

デザートは、◆ル・レクチェのムース◆
イメージ 30

もちろん、ほかにもいろいろ食卓を飾る品々が出てきたのですが、
うっかり箸を付けてしまい、画像がないものも(笑)

おいしゅうございました。。

朝ごはんも~
並んでいる好きなお魚をひとつ選び、それを料理してくださいます。

サラダはバイキングスタイル
イメージ 31

まだお正月ですから~♪ こんなかまぼこも。
イメージ 32

イメージ 33

私が選んだのは鯖。美味しそうに焼かれて出て参りました◎
イメージ 34

朝食後はそしてまた、極上の湯に浸かり、ひとやすみし…
イメージ 36

c/oは11:00
イメージ 35
ロビーにある鏡餅も、たいそう立派な大きさです!

今回もゆっくりさせていただきました。。
箱根はぶらりと来るにはちょうどいい近さなので、
また、お邪魔するかもしれません。

その際はまた、「温泉ソムリエ手形」の今年度版を用意して、
箱根を巡ることにいたしましょう~♨


【鶴鳴館 松坂屋本店HP】→http://www.matsuzakaya1662.com/

(2013.1.6-7訪問です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★★★★  源泉温度59.1度 泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型) pH8.1 成分総計 1,003mg/kg (芦刈の湯)
お食事★★★★
お値段★★★★   23,100円(一泊二食付き) 千種のお部屋利用(部屋風呂付き)
総 合★★★★

(分析書) ※同じ芦刈の湯で平成17年と平成5年のものが掲示してありましたので参考掲載します
イメージ 37

イメージ 38