** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

名泉鍵湯 奥津荘*岡山県鏡野町奥津温泉(おくつおんせん)

毎年蟹🦀に会いに北陸へ足を延ばしているのですが、

2020年は蟹は香住蟹@兵庫美作の佐津温泉『かどや』さんで、

後泊で岡山の奥津温泉『名泉鍵湯 奥津荘』さんへ。

f:id:seasonsgreetings:20210328233735j:plain

お殿様がカギをかけた『鍵湯』と聞いて、

同じく岡山・真賀温泉の『幕湯』と一瞬勘違い。

でもどうやら、

当時のこの辺りのお殿様は温泉がお好きだったことは間違いないようで♨

 

到着が夕暮れ前。ほんのりと灯りがともり、イイ感じの雰囲気。

f:id:seasonsgreetings:20210328232542j:plain

登録有形文化財のお宿。

f:id:seasonsgreetings:20210328232555j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232549j:plain

 

入口を開け、館内。

f:id:seasonsgreetings:20210328232531j:plain

右手に棟方志功の絵。

f:id:seasonsgreetings:20210328232807j:plain

 

右手のこちらのロビーでc/iを。

f:id:seasonsgreetings:20210328232537j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232810j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232539j:plain

 

お部屋は『梅』

f:id:seasonsgreetings:20210328232558j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232601j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232604j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232607j:plain

 

気になるは、まずは温泉♨ 

 

日帰り温泉も受け付けているんですね、

ただし、全浴室ではない模様。

f:id:seasonsgreetings:20210328232552j:plain

そう、全浴室、これがすべてまた善きお湯で…♨

鍵湯、立ち湯、泉の湯

f:id:seasonsgreetings:20210328232612j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232617j:plain

 

このレトロなタイル階段! たまりませんね…✨

まさに、「名湯は、下にくだれ。」

f:id:seasonsgreetings:20210328232615j:plain

階段真横には、このタイル絵も。

f:id:seasonsgreetings:20210328232620j:plain

 

ここが、貸切湯『川の湯』

f:id:seasonsgreetings:20210328232609j:plain

 

貸切風呂『泉の湯』 

f:id:seasonsgreetings:20210328232529j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232625j:plain

左側のステンドグラスから射す光が眩しいほど。

f:id:seasonsgreetings:20210328232623j:plain

この湯舟が、いちばん源泉投入量が多いんですって。

 

殿様も愛した『鍵湯』

f:id:seasonsgreetings:20210328232631j:plain

もともと吉井川の川底だったところ。

川底を活かした造りになっていて、足元湧出。

f:id:seasonsgreetings:20210328232628j:plain

 

こちらが『立湯』

f:id:seasonsgreetings:20210328232640j:plain

岩底がパッチワークみたいで美しい…。

f:id:seasonsgreetings:20210328232643j:plain

透明だからそんなに感じないかもだけど、

深いところで120㎝はあるのだそう。

 

f:id:seasonsgreetings:20210328232634j:plain

浴室以外も、

どこもかしこも、素敵なタイルでしつらえてあって、美しすぎます…✨

f:id:seasonsgreetings:20210328232637j:plain

飲泉場。

 

さ、お夕飯タイムはもうじき。

この階段をあがって、お部屋まで戻りましょう…。

f:id:seasonsgreetings:20210328232651j:plain

 

お食事は、食事処の個室『山ぼうし』にて。

f:id:seasonsgreetings:20210328232655j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232658j:plain

この黒文字入れ、日本橋若旦那会のイベントのときに、

書いていただいたあの字体とおんなじ!

f:id:seasonsgreetings:20210328232701j:plain

 

今宵のお品書き。

f:id:seasonsgreetings:20210403002742j:plain

 

この夜は、女史3名で乾杯。

まずは奥津荘源泉を、鏡野町特産ウランガラスで。

f:id:seasonsgreetings:20210403003950j:plain

 

ま、すぐに日本酒になるんですけど(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210328232708j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210403003934j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232711j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232717j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232723j:plain

 

源泉蒸し料理

f:id:seasonsgreetings:20210328232725j:plain

 

鴨鍋用の鴨肉と鴨つくね

f:id:seasonsgreetings:20210328232729j:plain

 

地のお野菜

f:id:seasonsgreetings:20210328232732j:plain

 

ぐつぐつ…

f:id:seasonsgreetings:20210328232735j:plain

惜しげもなく、鴨肉をどんどん投入。

f:id:seasonsgreetings:20210328232738j:plain

 

〆は蕎麦。

f:id:seasonsgreetings:20210328232741j:plain

先ほどお鴨鍋のスープで、鴨南蛮蕎麦も出来ちゃう◎

f:id:seasonsgreetings:20210328232744j:plain

 

いただいた日本酒たち。

f:id:seasonsgreetings:20210328232720j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232750j:plain

奥津荘の名前が書かれているボトルは、地元の難波酒造さん『武蔵』というもの。

岡山は、日本酒的に言ったら雄町のふるさとですから、

否が応でも期待しちゃう…🍶

f:id:seasonsgreetings:20210403003937j:plain f:id:seasonsgreetings:20210403003942j:plain

ほか、赤白ワイン、泡もラインナップあり。

お好きな酒類でお食事を楽しめますね。

 

 

朝食も、同じ食事処にて。

f:id:seasonsgreetings:20210328232758j:plain

c/oまでの時間で、またあの美しき浴室へ。

f:id:seasonsgreetings:20210328232753j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232801j:plain

いちばん源泉投入量が多い『泉の湯』、もちろん、ザーザーかけ流し。

youtu.be

 

あちこちに、棟方志功の絵がモチーフに。

f:id:seasonsgreetings:20210403005920j:plain

棟方志功と柳井道弘

f:id:seasonsgreetings:20210328232804j:plain

柳井道弘氏は、この地出身の詩人。
棟方志功氏は、板画家。

岡山県津山市「志功と、わたし」柳井道弘..棟方志功を語る..映像

 

c/oのあと、少し時間があったので、

お宿からも見えていた川原の足湯へ。

f:id:seasonsgreetings:20210328232819j:plain

大きな湯舟がふたつあったけど、この時はひとつしか湯が張ってなかった模様。

f:id:seasonsgreetings:20210328232834j:plain

これが足湯とは…

おっきすぎますね…(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210328232822j:plain

アヒル隊長ゆるり~も、放牧したら手が届かなくなりそうですが、

そんなときのためにコレ! 柄の部分が延びる小さな網を持ってきましたよ♬

f:id:seasonsgreetings:20210328232825j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232828j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232831j:plain

 

奥津温泉は、温泉場で洗濯するのが有名。

こんな銅像も。 

f:id:seasonsgreetings:20210328232755j:plain f:id:seasonsgreetings:20210328232817j:plain

実際に、川べりに洗濯場が。

f:id:seasonsgreetings:20210328232838j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210328232526j:plain

鍵が掛かっていたのですが、窓から見えた中の様子がこちら。

f:id:seasonsgreetings:20210405000101j:plain

小さな湯舟がいくつもあるような感じ。

でもこれは、あくまでも洗濯場(笑)

 

奥津荘鍵湯源泉は、アルカリ性単純温泉、源泉温度42度。

ちょうどよい温度の温泉が足元自噴で湧いているって訳ですね…

まさに奇跡の足元湧出。

 

岡山に殿様の愛した名湯多し。

次、岡山に来られるのはいつのことでしょう♨

 

(今回は深雪さんに予約していただきました、ありがとうございます^^)

 

 (2020年2月訪問)

okutsuso.com

 

 

<温泉分析書>

f:id:seasonsgreetings:20210405000421j:plain

 

#鍵湯 #奥津荘 #棟方志功 #奥津温泉 #岡山県の温泉 #名湯鍵湯