** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

湯乃上(ゆのうえ)館*島根奥出雲湯村温泉

秘湯山陰シリーズ第二弾です。

島根県出雲大社のある県で有名ですが、

     イメージ 1
 ※ちょうど神在月」真っ只中で、いろいろ祭礼をされていらっしゃいました。
  後ほどご紹介したいです。
     
その「出雲」に「奥」が付いている温泉・・・すっごい秘境なのかしら!?と思いきや、
意外にアクセス良く辿り付けました(^_^;A

お宿の前の町並みはこんな感じです。

     イメージ 2

・・・と言っても、この界隈はお宿とその外湯しかない、
と言っても過言ではないでしょう。

外湯はこんな感じです。

     イメージ 3

     イメージ 4

     イメージ 5


こちらの外湯は、湯乃上館宿泊者は無料で、
夜も21時に外来クローズになったあと22時まで、
朝も外来は10時からのところ7時から9時まで、利用可能です。

純粋に透明で新鮮な温泉です。
すぐそこの河原からも、ぽこぽこと湧出しています。

     イメージ 6
  ↑ぷくぷくっとなっているの、わかりますでしょうか?

ここは本当に、脱衣場も囲いもないので、(おまけに寒かったし)
流石に私は入れなかったのですが、そこはゆるり~隊長にお任せ!!

     イメージ 7

ねっ!? 結構ぷくぷく沸いているの、分かりますよね^^
(いゃ~、隊長は気軽にどこでも入れていいなぁ・・・)

詳細はまた改めて、『アヒルの「ゆるり~」温泉紀行』でご紹介するとして・・・。


こちらのお部屋なんですが、
確か一日二組しか泊めないとお聞きしました。

私たちが止まったのは、自遊人にも掲載されていた二階のこちらのお部屋
(たしか、いろはの「い」のお部屋でした)

     イメージ 8

もちろん、おこたがもう用意してありましたよ。
3部屋あって、一部屋は使わず、一部屋がこたつ部屋、もう一部屋が朝食部屋でした。

お夕食は、眼下左に見える茅葺の屋根の囲炉裏小屋で。
(囲炉裏は予約先着順に仕様可。暖房代などでひとり500円追加されますが、お薦めです)

     イメージ 9

     イメージ 10
 
     イメージ 11
もちろん、出雲蕎麦も出ましたよ☆
「しし鍋」も出してくださいました(@_@) ※初めて食べたかな・・・。

割りとお料理が控えめなので、
旅の連泊の最後の方などにセッティングされると良いかもしれません。

お宿の女将さんが言ってました。
自遊人の編集長さん、若い方でね~、とっても良い方でしたよ」

そうなんですか~
機会あれば、ぜひお会いしてみたい方のおひとりです^^


【湯乃上(ゆのうえ)館HP】→http://www.yunouekan.net/

雰囲気★★★★
お風呂★★★  泉質:無色透明 無臭 アルカリ単純泉、43℃
お料理★★★
お値段★★★  PRICE:10,000円(一泊二食付)

総 合★★★


#この温泉の名を教えてくださった温泉博士I部長に感謝申し上げます^^q☆